個人年金保険のコラム

個人年金保険は50代からでもまだ間に合う?

投稿日:

50代ともなると自身の老後資金についてかなり身近な話題となってきます。公的年金への不安や子供の独立などで資金に余裕ができることからこれまで貯められていなかった人も個人年金保険などの老後資金を貯める手段に興味が出てきたという人もいるでしょう。しかし、50代ともなると老後資金が必要となるまでに残された時間が少なくなっていることも事実です。50代からでも個人年金保険に加入するメリットはあるのでしょうか。

50代でも加入できるが選択肢は減る

50代でも個人年金保険に加入することはできるので加入するのには遅すぎるということはありません。ただし、特に55歳以降では契約可能な商品の選択肢が減ってしまいます。また、年金の受け取り開始時期として選べる年齢の選択肢も減ってしまいます。50代前半で迷っているという人は、選択肢が狭くならないうちに検討を進めるとよいでしょう。

50代で加入するメリット・デメリット

50代で個人年金保険に加入するメリットやデメリットにはどのようなものがあるのか、紹介します。

メリット

貯金が苦手でも貯めていきやすい

50代特有のメリットというわけではありませんが、個人年金保険は保険料という形である種の強制力が働くので、貯金が苦手でこれまで貯めることができなかったという人でも貯めていきやすいです。50代で貯金が少ないという場合、老後に困窮してしまわないように少しでも多くお金を貯めていきたいところだと思います。個人年金保険は途中で解約しなければ貯金よりも良い利率で貯めることも可能なのでそこもうれしいところです。

途中解約してしまうリスクが低い

個人年金保険は途中で解約すると多くの場合、払い込んだ保険料よりも返ってくる解約返戻金の方が少なくなってしまいます。しかし、50代の場合では子供の独立などで資金的な余裕が増していることも多く、また、保険料を払い込む期間も30代などで加入するよりも短いので途中で解約してしまうリスクが低いといえます。個人年金保険に入って損をしてしまう可能性が減るということは一つのメリットといえるでしょう。

インフレリスクが(相対的に)低い

多くの個人年金保険では契約時に利率が固定されて将来受け取れる金額が決まってしまうので、年金を受け取り始めるまでにインフレが起きると受け取れる金額が実質的に目減りしてしまうという弱点があります。例えば、個人年金保険から月10万円受けるとして、多少極端な例ですが物価が2倍になったとしたら、個人年金保険から受け取れる10万円では現在5万円のものしか買えないことになります。

50代で個人年金保険に加入する場合、年金を受け取り始めるまでの期間がそこまで長くないので、物価が上昇するとしてもその影響は比較的小さくなると考えられます。もちろん、まったくインフレリスクがないというわけではないのでその点はご注意ください。

デメリット

あまり大きくは増えない

個人年金保険ではあまり大きく増やすということは難しいです。解約しない前提であれば銀行の預金に預けるよりは増える商品を探すのは難しくありませんが、それ以上に大きく増やすとなるとかなり難しくなります。個人年金保険は「一発逆転」のためのものではないことは覚えておきましょう。

また、50代での加入の事情として若いころに加入するよりも保険料が高くなり、返戻率が低くなってしまうということがあります。そのため、ますます「大きく増やす」ということが難しくなってしまっています。

受け取れる時期が遅くなる

50代で個人年金保険に加入するとなると、保険料を払い終えて年金を受け取り始める年齢が高くなってしまうことが考えられます。例えば、65歳から受け取りを始めたくても商品によっては選択できないこともあります。保険料をいつまで支払って、年金をいつから受け取り始められるのかは検討段階でしっかりと確認しておくようにしましょう。

個人年金保険料控除の効果が薄い

一定の条件を満たす個人年金保険の保険料は生命保険料控除の中の個人年金保険料控除の対象となります。個人年金保険料控除は保険料を支払っている間、継続的に受けることができますが、50代で加入した場合では保険料を支払う期間も短いことが多いため、あまり多くの控除を受けることができません。

なお、個人年金保険料控除の対象となる条件の中には、保険料払込期間が10年以上であることという内容が含まれています。そのため、資金に余裕があるから一時払いの商品に加入するという場合では個人年金保険料控除の対象とはなりません。仮に対象となるにしても1年だけなので効果は大きくありませんが覚えておきましょう。

節税
個人年金保険料控除の仕組み
個人年金保険料控除は生命保険料控除の1つで、年間の保険料に応じて所得税と住民税の負担が軽減される制度です。年末調整か確定申告時に記載をする形になります。他の生命 ...

続きを見る

iDeCoとどっちがいい?

老後資金を貯めるための手段としてはiDeCo(個人型確定拠出年金)も有名です。個人年金保険とiDeCo、加入するのならどちらがよいのでしょうか。iDeCoのメリット・デメリットを基に考えてみます。

iDeCoのメリット

節税効果が大きい

iDeCoは個人年金保険と比べて節税効果が大きいです。個人年金保険料控除では所得税が年間4万円、住民税が年間2万8000円が所得控除の上限なのに対して、iDeCoでは掛け金の全額が所得控除の対象となります。iDeCoの掛け金には上限が決められているので、所得控除の上限も決められていることとなりますが、上限額が最も小さい公務員などでも月1万2000円(年間14万4000円)なので個人年金保険よりも大きな所得控除を受けられます。

大きく増やせる可能性がある

iDeCoで運用する商品によっては拠出した掛け金よりも大きく増やすことができる可能性があります。運用期間を長くとれないので運用成績のブレが大きくなりますが、最終的に減ってしまっても問題ないお金なのであればリスクを取って運用するのも検討してみるのもありでしょう。

iDeCoのデメリット

途中で引き出せない

iDeCoは原則として途中の引き出しはできません。通常は60歳から受け取り可能ですが、60歳時点で加入から10年を経過していない場合は通算加入期間に応じて受け取り可能な年齢が後ろにずれていきます。

通算加入者等期間受取可能年齢
10年以上60歳~
8年以上10年未満61歳~
6年以上8年未満62歳~
4年以上6年未満63歳~
2年以上4年未満64歳~
1か月以上2年未満65歳~

50代でiDeCoに加入するという場合は、加入した年齢に応じて受け取れる年齢が61歳以降となること、そしてその年齢になるまでは原則、途中で引き出すことができないことは覚えておきましょう。

マイナスとなる可能性もある

リスクを取って運用した結果として、拠出した掛け金よりもマイナスとなってしまうこともあります。50代で加入するとなると運用期間が短くなってしまうので、運用成績がマイナスとなる可能性も高くなります。ただし、iDeCoは元本確保型の商品で運用することもできるので、手数料の分が多少もったいないですが、リスクを嫌うのであれば元本確保型の商品での運用を検討してみてもよいでしょう。

個人年金保険とiDeCo、どっちがいい?

iDeCoのメリット・デメリットを紹介しましたが、結局のところ個人年金保険とどちらがよいのでしょうか。

個人年金保険が向いている人

個人年金保険が向いているのは老後資金の準備を気軽に始めたい人や資金拘束が気になる人です。個人年金保険はiDeCoと比べて制約が少ないので、iDeCoよりも簡単に開始でき、元本割れする場合もありますが途中解約することもできます。iDeCoは原則として60歳まで(50代で加入することを考えると最大で65歳まで)引き出すことができないので初心者が気軽に始めるのには少しハードルが高いかもしれません。

iDeCoが向いている人

iDeCoが向いているのは所得が高い人や自分で資産運用について調べられるという人です。iDeCoは掛け金が全額所得控除になります。所得が高い人ほど所得税率も高くなるのでメリットも大きくなります。また、このメリットを受け続けるには掛け金を支払い続ける必要があります。所得が高い人の方が掛け金を60歳まで支払い続けやすいでしょう。掛け金の支払いを停止してしまうと、その分の所得控除を受けられず、また手数料分の元本が減り続けることとなります。また、自分で投資のリスクについて調べて理解できる人も大きく増やせる可能性を考えると向いているといえるでしょう。

比較する女性
個人年金保険とiDeCo、加入するならどっちがいい?
老後資金をどのように貯めるのかは昔から重要なテーマでしたが、「老後資金2000万円問題」を契機としてより注目を集めるようになりました。個人で老後資金を貯めるのに ...

続きを見る

まとめ

50代であっても個人年金保険に加入することはできます。しかし、商品の選択肢は狭くなってしまうのでできるだけ早めに検討を進めることをおすすめします。個人年金保険はあまり大きく増えるということはありませんが、貯金が苦手な方でもコツコツと老後に向けてお金を貯めていくことができます。老後の生活をできるだけ豊かにするためにも個人年金保険を検討してみてはいかがでしょうか。

老後資金に不安がある方はこちらもチェック!!
この保険もよく一緒に資料請求されています。
積立保険資料請求
学資保険資料請求
積立保険資料請求
  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険のみならず生命保険に関する様々なお役立ち情報も提供しています。

-個人年金保険のコラム

老後の生活資金は大丈夫?/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.