積立保険はこんな保険です

積立保険のメリットは、生命保険のような“もしも”の時の保障をつけながら貯蓄ができることです。
商品によってはいつ解約しても払込保険料と同額以上が戻ってくるため、確実にお金を貯めながら保険に入ることが可能です。
更に受取率が100%以上の積立保険に加入しておけば、満期日を迎えた時に払込みした保険料よりも多くのお金が戻ってきます。

積立保険の4つのメリット

1税金が戻ってくる

積立保険で支払った保険料は「生命保険料控除」の対象になるため、毎年の所得税・住民税からお金が還ってきます。
生命保険に全く加入していない人は、積立保険で支払った年間払込保険料により所得税・住民税の還付を受けられます。

― 年収により毎年これだけのお金が還ってきます ―
課税所得金額所得税の
年間軽減額
住民税の
年間軽減額
年間軽減額
合計
税率
195万円以下2,000円2,800円4,800円5%
196~330万円4,000円2,800円6,800円10%
331~695万円8,000円2,800円10,800円20%
696~900万円9,200円2,800円12,000円23%
901~1800万円13,200円2,800円16,000円33%

あなたの収入が多いほど生命保険料控除額が大きくなります。
また、これは年間の軽減額ですから、累計の控除額を考えると大きなメリットになります。
※シミュレーションは年間8万円以上の保険料の場合となります

2貯金が苦手な人でもお金を貯められる

貯金が苦手な人は、ついつい貯金を後回しにしてしまいがちです。
積立保険なら毎月保険料を支払うため、銀行に毎月お金を預けるのと同じ感覚で貯蓄できます。
しかも銀行の定期預金と違い保険契約を解約をするか、満期を迎えるまで積立金を引き出すことができません。
さらに金利も銀行よりも高くなっているため、なかなかお金を貯められない貯金が苦手な人にもおすすめです。

3銀行よりもお得にお金を貯められる

銀行に預けた場合、定期預金でも金利は1%未満。さらに利息からも税金が引かれるため、多くの人は利息目当てで預金はしないでしょう。
積立保険は銀行預金と同じように毎月保険料を支払い、満期時にそれまで払い込んだ保険料に応じた満期返戻金を受け取ることができます。
銀行の金利より受取率が高い積立保険なら銀行に預けるよりもお得です。

銀行の金利より受取率の高い積立保険なら銀行に預けるよりお得!

4払い込んだ保険料よりも多くのお金を受け取れる

積立保険とは、払い込んだ保険料を満期時や解約時に受け取ることができる保険です。 お金を受け取る時の「受取率」が100%以上だと、保険料の払込金額の合計よりも高い金額を受け取ることができます。

例:毎月20,000円積み立て 満期時の受取率が103%、払込期間5年の商品

払込保険料累計額1,200,000円
満期保険金1,236,000円

満期時に払込保険料よりも多くのお金が戻ってくる!!

\ 資料請求は1分で簡単無料! /

詳しくはこちら

投稿日:2019年2月19日 更新日:

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.