収入保障保険のコラム

収入保障保険のメリット・デメリット

投稿日:2019年8月9日 更新日:

自分に万が一のことがあったときに家族に生活費を遺したいという場合に候補の一つとなるのが収入保障保険です。収入保障保険とはどのような保険なのか、他の死亡保険とどう違うのか、どういったメリット・デメリットがあるのか紹介します。

収入保障保険とは

収入保障保険とは、決められた保険期間中に死亡したとき、あるいは高度障害を負ったときにそこから満期まで年金形式で家族が保険金を受け取ることができる死亡保険です。基本は年金形式ですが、一時金としてまとめて受け取ることを選択できる保険商品もあります。

収入保障保険の大きな特徴は、時間の経過とともに受け取れる保険金の総額が減少していくということです。この特徴から、保険料が終身保険よりも割安な定期保険よりさらに安くなっています。通常、子供が成長するにつれて必要な保障額は減少していくものなので、それに合わせた合理的な保障の形になっています。

他の死亡保険との違い

終身保険との違い

終身保険は死亡保障が解約しない限り一生涯続くのに対し、収入保障保険は60歳までなどの保険期間の定めがあります。また、終身保険は解約時に多くの解約返戻金が戻ってくる貯蓄性のある保険であるのに対し、収入保障保険は掛け捨ての保険です。これだけ書くと終身保険の方がよいように思えるかもしれませんが、終身保険の保険料は収入保険と比べて高くなっています。現役の間、安い保険料で死亡保障を手厚くしたいという場合は収入保障保険の方が優れています。

他の定期死亡保険との違い

収入保障保険と他の定期死亡保険との違いは、受け取れる保険金の総額と保険金の受け取り方にあります。収入保障保険は時間の経過とともに受け取れる保険金の総額が減少していきますが、他の定期死亡保険は保険期間中いつ死亡しても受け取れる保険金は変わりません。また、収入保障保険は毎月10万円などのように年金形式で保険金を受け取るのが基本であるのに対し、他の定期死亡保険は一括で保険金を受け取るのが基本です。収入保障保険は受け取れる総額が減少していくので他の定期死亡保険よりも保険料が安くなっています。

収入保障保険と定期保険

収入保障保険のメリット・デメリット

続いて、収入保障保険にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、どのような人に向いているのかを紹介します。

収入保障保険のメリット

保険料が割安

収入保障保険は割安な保険料で大きな保障を受けられるのがメリットとして挙げられます。また、定期保険のように更新がないので安い保険料が変わることなく60歳や65歳などの契約時に決めた年齢まで保障を受けることができます。

合理的な死亡保障

一般に、子供が生まれたばかりや小さいうちは将来的にかかる教育費やその他費用が多く必要になります。しかし、子供が大きくなるにつれて必要な費用は減少していきます。また、住宅ローンの残高も減少していき、繰り上げ返済などで返し終えていれば住居費の負担も大きく減ります。このように、家族の生活費を目的とした死亡保障で必要な金額は次第に減少していくものです。収入保障保険ではその必要な金額の減少に合わせて保障を減らしていく、合理的な死亡保障といえるでしょう。

収入保障保険のデメリット

貯蓄はできない

収入保障保険は掛け捨ての保険なので貯蓄目的には使えません。保険期間終了まで何もなければ支払った保険料は戻ってきません。保険料が割安となっているので、その差額分を貯蓄するなど自分で対策をする必要があります。

葬式代、相続税対策には向かない

収入保障保険は、終身保険のように葬式代目的や相続税対策に使うことは難しいです。保険期間が60歳までのように決められているので、それまでに死亡しなければ死亡保障はなくなります。また、仮にそれまでに死亡したとしても保険期間の早期に死亡した場合は相続財産の圧縮が十分にできておらず、保険期間の後半に死亡した場合は受け取れる保険金が少なくなっています。収入保障保険はあくまでも遺された家族の生活費を目的として活用するようにしましょう。

収入保障保険が向いている人

以上のメリット・デメリットから、収入保障保険は子供が生まれたばかり、まだ小さいご家庭の方、遺された家族の生活費に不安がある方、保険は必要なだけ契約してできる限り無駄は省きたいという方に向いています。

一方で、独身で生活費を遺す必要がない方、他の保険や持っている資産で自分に万が一のことがあったときも家族が十分に生活をすることができる方、掛け捨ての保険は何となく損をしている気分なので貯蓄性が欲しいという方は収入保障保険は向いていません。

まとめ

収入保障保険は被保険者が死亡したときあるいは高度障害を負ったときに保険金が支払われる死亡保険の一種で、年数の経過によって受け取れる保険金の総額が減少していく代わりに保険料が割安という特徴があります。必要な保障の減少に合わせて受け取れる保険金の総額も減るという合理的な補償内容となっています。ただし、掛け捨てなので貯蓄目的には使えず、葬式代や相続税対策に死亡保障を利用しようとしている方にも向きません。

家族に生活費を遺すという目的に対しては割安な保険料で合理的に備えることができるので、子供が生まれたばかりの方やまだ小さい方など自分に万が一のことがあったときに不安がある方はぜひ収入保障保険の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

家族の生活費に不安がある方はこちらもチェック!!
この保険もよく一緒に資料請求されています。
終身保険は死亡保障が一生涯続きます
積立保険資料請求
終身保険は死亡保障が一生涯続きます

-収入保障保険のコラム

\遺された家族の生活費を保障/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.