緩和型医療保険のコラム

椎間板ヘルニアでも入れる医療保険はある?

投稿日:

椎間板ヘルニアとは背骨の骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板の中身である髄核が飛び出すことをいいます。飛び出した髄核が神経を圧迫して腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状が起こります。症状が重かったり長引いたりする場合は入院・手術をすることになりますが、そうなると医療費が心配です。ヘルニア持ちでも入れる医療保険はあるのでしょうか?

椎間板ヘルニアでも保険に入れる?

椎間板ヘルニアであってもがん保険や死亡保険については問題なく加入できることも多いです。椎間板ヘルニアになったからといってがんになるリスクが高くなったり死亡するリスクが高くなったりするわけではないからです。

しかし、ヘルニアの人は健康な人よりも入院・手術をする可能性が高いので医療保険には入りづらくなります。加入できたとしても一定の期間は特定部位不担保の条件が付くことが多いでしょう。特定部位不担保とは、指定された部位について保障の対象外となることをいいます。椎間板ヘルニアの場合は一定期間(5年間など)は腰部について保障の対象外とするというような条件となります。

椎間板ヘルニアでも症状や経過年数などによって全く医療保険に入れないというわけではないので、加入できないのか問い合わせてみるのがよいでしょう。そこで加入を断られたり、特定部位不担保の条件が付いてその内容が自分のニーズに沿っていなかったりした場合は次に紹介する引受基準緩和型医療保険を検討してみましょう。

引受基準緩和型医療保険とは

引受基準緩和型医療保険とは、漢字の通り保険会社が契約を引き受ける基準を緩和している医療保険です。具体的には、健康状態に関する告知が緩くなっていて、3~5個の健康状態に関する質問に「いいえ」と答えることができれば申し込むことができます。告知項目が限定されていることから限定告知型として売り出されている場合もあります。

告知項目は保険会社によって異なりますが、イメージとしては以下のような形です。

  • 現在入院中ですか?
  • 過去3か月以内に入院や手術、検査をすすめられたことはありますか?
  • 過去2年以内に病気やケガで入院したことや手術をしたことはありますか?
  • 過去5年以内にがん(悪性新生物)で入院または手術をしたことはありますか?

※あくまでもイメージです。告知項目は保険会社によって異なります。

通常の医療保険でもいえることですが、契約を引き受ける基準は保険会社によって異なります。A社では入れなかったけどB社では加入できたということも起こり得ます。医療保険に入りたいという場合は保障内容を比べるという意味でも複数の会社を比較してみることが大切です。

引受基準緩和型医療保険にデメリットはある?

引受基準緩和型医療保険は持病があっても入りやすい、持病の悪化・再発も保障される(責任開始時前にすでに医師にすすめられていた入院・手術などの場合は対象外)といったメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか紹介します。

保険料が割高

引受基準緩和型医療保険は通常の医療保険と比べて保険料が高く設定されています。健康な人よりも入院・手術をする可能性が高い人が加入する保険なので、保険金請求の可能性も高く、通常の医療保険の保険料と同じでは保険として続けていくことができません。そのため、保険料が高く設定されているのです。

一定期間内は保障が半減される商品が多い

加入後1年間など一定期間内は入院給付金や手術給付金などの給付額が50%に削減される商品も多いです。椎間板ヘルニア以外の病気・ケガでも給付額が削減されてしまいます。ただし、最近は保障1年目から給付金が全額受け取れるような商品も出てきています。

特約のバリエーションが少ない

引受基準緩和型医療保険では選択できる特約の種類が同じ保険会社の通常の医療保険と比べて少なくなっていることがあります。また、特約が用意されていても通常の医療保険のものよりも保険料が高く設定されていることもあります。

メリット・デメリット
引受基準緩和型医療保険のメリット・デメリット
「持病があっても入りやすい」などの宣伝がされている医療保険を見たことはありませんか?持病・既往症がある方でも入りやすい医療保険が引受基準緩和型医療保険です。この ...

続きを見る

ヘルニアを隠すのはNG

通常の医療保険に入りたいからといって椎間板ヘルニアであることを隠して医療保険に申し込んではいけません。仮にそれで加入できたとしても、入院や手術をして給付金の請求を行ったときに改めて診断した医療機関や医師への問い合わせ、健康保険の利用履歴の照合などの調査が入ります。

調査で椎間板ヘルニアであることを隠していることが分かった場合、給付金が支払われなかったり契約が解除されたりします。給付金請求の事由と告知義務違反(この場合では椎間板ヘルニアを隠していたこと)との間に因果関係がなければ給付金は支払われることになっていますが、椎間板ヘルニアの悪化で入院・手術をしたというような場合は給付金は受け取れません。契約の解除は保険会社の判断によりますが、意図的に隠すのは悪質と判断されて契約解除される可能性が高いでしょう。契約を解除されても保険料は返還されません。

NG
持病を隠して保険に加入するのはNG!隠すとどうなる?
持病や既往症がある場合、生命保険や医療保険には入りづらくなります。通常の保険を断られても引受基準緩和型の保険なら加入できる可能性はあるのですが、保険料が高いなど ...

続きを見る

通院保障は基本的に入院が必要

通常の医療保険も含めて、医療保険は基本的に入院・手術に対しての保障なので通院治療は保障の対象外です。特約で通院保障を付けられる医療保険も多くありますが、基本的に保障対象は退院後の通院となっています。さらに手厚く入院前の通院も保障対象とする保険商品もありますが、これも入院がキーとなっていて、入院せずに通院だけしていた場合は保障対象外です。入院を伴わない通院が保障対象となる医療保険はほぼありません。椎間板ヘルニアは手術をせずに保存療法のみで良くなることも期待できるので、通院保障は基本的に入院がキーとなっていることは覚えておく必要があります。

まとめ

椎間板ヘルニアの場合、通常の医療保険には入りづらくなります。加入できる場合でも一定期間の特定部位不担保が条件となることも多いです。通常の医療保険に加入できない場合や特定部位不担保がつくのを嫌う場合は引受基準緩和型医療保険を検討しましょう。健康状態に関する告知項目が限定されているので持病があっても入りやすくなっています。引受基準は保険会社によって異なるので、医療保険に入りたいという場合は複数の会社を比較してみるのがよいでしょう。

健康状態に不安があっても医療保険に入れるかも?
この保険もよく一緒に資料請求されています。
日本人の2人に1人はかかる『がん』
「がん保険」で多額の出費に備えませんか?
老後の生活資金準備を始めるなら個人年金保険!
日本人の2人に1人はかかる『がん』
「がん保険」で多額の出費に備えませんか?
  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で生命保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

-緩和型医療保険のコラム

持病があってもあきらめない!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.