特別勘定

とくべつかんじょう
「特別勘定」は、その運用結果を直接的に契約者に還元することを目的にしており、「一般勘定」とは分離して運用する勘定です。
個々の運用方針に基づいて管理・運用される資産であり、投資信託が組み込まれています。「特別勘定」は、商品によっては単一の場合もあれば複数用意されている場合もあります。複数ある場合にはどの特別勘定でどれだけ運用するのかは、契約者が選ぶことになります。