生命保険業界ニュース

1~10件(全70件)
← Previous 1 3 4 5 6 7


2018年03月

楽天生命、「楽天生命スーパー医療保険」「楽天生命スーパーたよれる医療保険」を発売 【2018/03/30】

NO.007553

楽天生命は、4月1日より、「楽天生命スーパー医療保険(正式名称:終身医療保険 2018)」「楽天生命
スーパーたよれる医療保険(正式名称:限定告知型医療保険 2018)」を発売する。
これらの商品は、楽天生命の募集代理店や郵送による通信販売を通じて、またはウェブサイトより申込みできる。また、発売にあわせてこれら商品の TV コマーシャルも新たに展開していくことにより、お客さまにおける商品認知を高めていく。
【 「シンプルでわかりやすい」に「充実」と「選べる」をプラス 】
楽天生命では、これまで「シンプルでわかりやすい保険」をコンセプトに様々な商品を開発してきた。今回発売する2つの商品は上記コンセプトに加え、充実した保障をお客さまのニーズに合わせて選択できる点が特徴。
がん(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患による入院の支払限度日数無制限での保障や退院後の通院保障、3 大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)の一時金など、充実した保障を確保することができる。
【商品の特徴】
○保障は一生涯で、保険料は変わらない(*1)。
○入院は日帰り入院(*2)から保障する。
○8 疾病での入院は支払限度日数を延長して、さらに手厚い保障を確保できる。
・がん(悪性新生物)・心疾患・脳血管疾患: 1 回の入院、通算ともに日数無制限で保障
・糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患・すい疾患: 1 回の入院につき 120 日、通算 1,095 日まで保障
・上記以外の病気、ケガ: 1 回の入院につき 60 日、通算 1,095 日まで保障
○手術は入院の有無に関わらず、全ての公的医療保険制度対象手術を保障する。
(手術給付金:支払回数無制限)
手術給付金の型・・・ Ⅰ型:入院給付金日額の 20 倍または 5 倍を支払い
Ⅱ型:入院給付金日額の 10 倍または 5 倍を支払い
○放射線治療を受けたときや骨髄ドナーとなった場合も給付金を支払う。
(放射線治療給付金:60 日に 1 回まで保障、骨髄ドナー給付金(*3):支払回数無制限)
○病気・ケガで入院した後の通院も保障する。
(通院給付金:1 回の入院の退院後通院につき 30 日まで、通算 1,095 日まで保障)
○先進医療による療養も通算 2,000 万円まで保障する(*4)。(先進医療給付金)
○がんの一時金保障、急性心筋梗塞・脳卒中の一時金保障を確保できる。
(がん診断給付金(*5):1 年に 1 回、通算 6 回まで保障、上皮内新生物診断給付金(*4):1 回限り、
急性心筋梗塞治療給付金 および 脳卒中治療給付金:1 年に 1 回、通算 6 回まで保障)
○ 所定の身体障害状態になったら以後の保険料の払込みは不要で、保障は一生涯継続する。(*6)
*1 先進医療特約 2018、限定告知型先進医療特約 2018 の保険期間は 10 年で、更新時に保険料が変更されることがある。
*2 日帰り入院とは、入院日と退院日が同一の入院で、入院基本料などの支払いの有無で判断する。
*3 責任開始日から 1 年を経過した日以後に受けた採取手術が支払いの対象となる。
*4 療養を受けた日現在において、先進医療ごとに決められた適応症に対し、厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限る。また、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
による療養を責任開始日から 2 年以内に受けた場合は、先進医療給付金は支払わない。
*5 責任開始日から 90 日以内にがん(悪性新生物)または上皮内新生物と診断確定された場合には、がん診断給付金または上皮内新生物診断給付金を支払わない。
*6 先進医療特約 2018、限定告知型先進医療特約 2018 の保険期間は10年。(10 年ごとに最長 95 歳まで自動更新)

オリックス生命、米沢牛プレゼントキャンペーンを実施 【2018/03/30】

NO.007562

オリックス生命は、4月1日より「オリックス生命 米沢牛プレゼントキャンペーン」を実施する。
本キャンペーン期間中に、オリックス生命が通信販売で取り扱っている全10商品のうち、いずれかの資料を請求された人の中から抽選で100名に「米沢牛すきやき用もも肉 200g」をプレゼントする。
同内容のキャンペーンは、2月1日~3月31日にかけて実施しているが、好評につき4月1日~5月31日についても実施する。
○キャンペーン期間:4月1日(日)~5月31日(木)
○資料請求方法:電話・ハガキ・FAX・ウェブサイトによる資料請求
○応募方法:資料請求時に自動的にエントリーされるため応募手続きは不要

ソニー生命、47都道府県別生活意識調査2018を実施 【2018/03/30】

NO.007561

ソニー生命は、2017年11月7日~11月15日の9日間、全国の20歳~59歳の男女に対し、今年で3回目となる「47都道府県別 生活意識調査」をインターネットリサーチで実施した。4,700名(各都道府県100名)の有効サンプルの集計結果のうち、「マネー・旅行」に関する集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
※「生活・家族編」については、2018年2月1日に公開している。詳しくは同社ホームページを参照のこと。

第一生命、「Run with You」プロジェクト2018年度協賛大会決定 【2018/03/30】

NO.007560

第一生命は、全国の市民マラソン大会への協賛等を柱とした「Run with You」プロジェクトの 2018 年度協賛大会を決定した。東京マラソンをはじめとする全国24の市民マラソン大会に協賛し、全国のランナーを応援するとともに、地域の活性化に貢献する。
今年度、同社が協賛する24大会のうち18大会は、全国のマラソン大会参加人数ランキングでベスト 50に入る全国有数の規模となる。24大会の合計参加ランナー数は約 39 万人で、民間企業によるランナー支援としては国内最大規模となる。「Run with You」プロジェクトを開始した2015年度からの累計では、協賛大会数は73大会、参加ランナー数合計は約121万人に上る。
同社は今後も、お客さま一人ひとりの「健康寿命の延伸」といった日本が抱える課題解決へ果敢に挑戦し、お客さまに健康などの新たな付加価値を提供する取組みをより一層推進する。

太陽生命、大和証券株式会社でマイねんきん(米ドル・豪ドル)の販売を開始 【2018/03/30】

NO.007559

太陽生命は 4月2日より、大和証券株式会社において、「マイねんきん(米ドル・豪ドル)」(正式名称:無配当通貨指定型一時払個人年金保険)の販売を開始する。
この商品は、同社が過去 取扱いした際、大変好評であった年金保険「My年金Best」の仕組みを生かしたまま、取扱い通貨に外貨を採用したシンプルな定額年金保険であり、証券会社では初めての取扱いとなる。
国内の超低金利環境において、より資産運用の選択肢を増やしたいとの声に応えるとともに、契約時に将来の年金受取額や解約払戻金額などが外貨建で確定するシンプルな設計となっている。
「マイねんきん(米ドル・豪ドル) 」の主な特徴は以下のとおり。
○特徴1 契約時に指定通貨建で年金額が確定する
・指定通貨は米ドル・豪ドルから選択できる。
・円支払特約により、円貨での受け取りも可能である。
・据置期間は6年または10年から選択できる。 ※契約年齢が 81 歳~84 歳の場合、6 年となる。
○特徴2 受け取り方法は年金受取または一括受取から選択できる
・年金保障期間は、5年または10年の確定年金から選択できる。
・年金保障期間中に残り期間分を一括で受け取ることも可能である。
○特徴3 据置期間中に解約した場合、経過に応じた解約払戻金がある
・市場価格調整は行わない。(注)
・契約時に経過月数ごとの解約払戻金額が指定通貨建で確定する。
(注)市場価格調整とは、解約払戻金額が、対象となる市場金利の変動に応じて増減するしくみである。

太陽生命、中国ろうきんで「たんぽぽ認知症治療保険」の販売を開始 【2018/03/30】

NO.007558

T&D保険グループの太陽生命は、4 月 2 日より、 「中国ろうきん」において、「たんぽぽ認知症治療保険」(正式名称:無配当逓増認知症治療終身保険〔Ⅰ型〕(無解約払戻金型)(001))の販売を開始する。
同社は、創業以来、時代の変化を先取りして、家庭のお客様のニーズに合った最先端の保険商品を提供してきた。そして、平成 28 年 3 月より生命保険業界で初めて、健康に不安のある方でも加入できる、認知症による所定の状態を保障する保険「ひまわり認知症治療保険」を発売した (*) 。 「ひまわり認知症治療保険」は、認知症に関する保障のほか、シニアの方に多い白内障・熱中症などを原因とする入院・手術や、「骨折」の治療の保障も備えている。
この度、よりお客様の多様なニーズに応えられるよう、認知症への備えに保障を特化した保険「たんぽぽ認知症治療保険」を「中国ろうきん」にて販売することになった。
「たんぽぽ認知症治療保険」の主な特長は以下のとおりである。
特長1 器質性の認知症(※)を保障する。
・器質性の認知症により、「時間」「場所」「人物」のいずれかの認識ができなくなり、その状態が 180 日継続したときに一時金を支払う。 ※器質性の認知症とは、脳の組織の変化による病気である。
・例 アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症 など
特長2 手頃な保険料で加入できる。
・毎月の保険料が 500 円台から加入できる。(年齢や性別によっては取扱いできない場合がある。)
(*) 簡単な告知により加入できる選択緩和型の商品で、認知症について保障する保険は生命保険業界初となる。
(一般社団法人生命保険協会加盟 41 社について、同社で調べたものである(平成 27 年 12 月末時点)) 。

メットライフ生命がアメリカ広告調査財団の「デイヴィット・オグルヴィ・アワード」を受賞 【2018/03/30】

NO.007557

メットライフ生命は、昨年から進めている「#老後を変える」の取り組みが、このたびアメリカ広告調査財団(ARF)が実施する「デイヴィット・オグルヴィ・アワード」の「ブランド・トランスフォーメーション・カテゴリー」において、銅賞を受賞した。
同社は昨年 9 月に「#老後を変える」というメッセージのもと、後ろ向きに捉えがちな「老後」に関する
考え方を、明るく豊かなものに変えるべく、新たな取り組みを進めてきた。この「#老後を変える」取り組みは、日本の消費者が老後についてどのように考えているのか、また老後に関する考え方が、どう日々の生活に影響を及ぼしているのかについて理解を深めるために、定性的・定量的調査を実施することから始めた。今回の受賞は、この調査の結果から、「#老後を変える」というアイデアを導きだすに至った、プロセスが評価されたもの。
この調査からは、「老後」という言葉そのものにも含意されているように、多くの日本の人々が歳を重ねること、そしてその際のクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)について、不安な気持ちを抱いていることがわかった。また特筆すべき点としては、年齢層の高い消費者に限らず、若年層においても、老後の健康、さらには十分な金融資産をどう形成するかについて、懸念を抱いていることが明らかになった。
「老後」というテーマに対する消費者の多くの反響は、メットライフ生命の「#老後を変える」の重要な基
盤となった。この「#老後を変える」は、日本における老後に対する否定的な見方を変え、そのためにメットライフ生命が取り組んでいこうとする、強い決意表明としている。同社がこれまでに行ったさまざまな取り組みは以下のとおり。
・全国的に展開された統合マーケティングキャンペーンの一環として、メットライフ生命の保険募集人や従業員などによる、老後に関する後ろ向きな見方をより明るく豊かなものに変えるための決意表明を行った。
・また健康的に歳を重ねるための専門家のアドバイスやお役立ち情報を提供する「#老後を変える」特設サイトを立ち上げた。
・メットライフ生命の全面協力の下、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)報告書を公表した。同報告書においても、老後に関して深刻な知識不足があることが明らかになっている。例えば、退職後の平均余命については、日本の調査対象者の 48%が実際より少なく見積もっていた。結果として、このような知識不足により退職後の準備が十分にできていない現状が、人生の黄金期であるはずの老後への不安につながっていると考えられる。
・お客さまが商品付帯サービスや健康情報をもっと身近に使えるようになる、健康情報ポータルサイトを公開した。

明治安田生命など今年も全国107万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈 【2018/03/30】

NO.007556

明治安田生命、みずほフィナンシャルグループ、損害保険ジャパン日本興亜、第一生命の4社は、3月29日(木)、みずほ銀行内幸町本部ビル内の講堂で、第54回「黄色いワッペン」贈呈式と交通安全教室を開催した。
贈呈式には、この春小学校へ入学する児童の代表16名と全日本交通安全協会、東京都交通安全協会をはじめ内閣府、警察庁、東京都、警視庁、全国連合小学校長会および主催4社の関係者が出席し、主催者から全日本交通安全協会へ97万枚、東京都交通安全協会へ10万枚の黄色いワッペン贈呈の目録が手渡された。
関係者から、交通事故の怖さや交通ルールを守ることの意味などを聞いた、4月から新小学一年生になる小島侑馬( こじま・ゆうま)さんは、「黄色いワッペンをどうもありがとうございました。学校へ行く時は必ず黄色いワッペンをつけて交通ルールを守ります。大人の人も、車や自転車の運転には気をつけてください。4月から小学校に行くのが楽しみです」とお礼の言葉を述べた。
式の後には、警視庁の協力で、マスコットの“ピーポくん”、警察官、騎馬隊の指導による交通安全教室を開催した。

SBI生命、保険料率を改定 【2018/03/30】

NO.007555

SBI生命は、「標準生命表」が4月に改定されること等を踏まえて、一部商品において、契約日が4月2日以降の契約より保険料率の改定を実施する。
■保険料率の改定を行う主な保険商品(新契約・更新契約に適用)
○インターネット申込専用定期保険(無解約返戻金型)「クリック定期!」
○定期保険(無解約返戻金型)(2015)「今いる保険」
○団体保険(総合福祉団体定期保険・団体信用生命保険)
■改定する商品の保険料例
○インターネット申込専用定期保険(無解約返戻金型)「クリック定期!」
・主な年齢の月払保険料(全期払/口座振替扱)
・保険金額:1,000万円、保険期間・保険料払込期間:10年
・契約年齢・性別・現行→改定後(増減率)
30歳・男性1,240円→990円(▲20%)
女性910円→790円(▲13%)
40歳・男性2,350円→1,860円(▲20.9%)
女性1,550円→1,390円(▲10.3%)
50歳男性5,270円→3,990円(▲24.3%)
女性2,860円→2,580円(▲9.8%)
60歳男性11,830円→8,940円(▲24.4%)
女性5,300円→4,460円(▲15.8%)
○定期保険(無解約返戻金型)(2015)「今いる保険」
・主な年齢の月払保険料(全期払/口座振替扱)
・保険金額:500万円、保険期間・保険料払込期間:90歳満了
・契約年齢・性別・現行・改定後・増減率
30歳男性2,615円→2,550円(▲2.5%)
女性1,745円→1,780円(+2.0%)
40歳男性4,210円→3,945円(▲6.3%)
女性2,645円→2,610円(▲1.3%)
50歳男性7,060円→6,350円(▲10.1%)
女性4,180円→3,960円(▲5.3%)
60歳男性12,225円→10,635円(▲13%)
女性6,900円→6,235円(▲9.6%)

楽天生命、契約者向けに電話などによる各種医療相談サービスをスタート 【2018/03/30】

NO.007554

楽天生命は、4月1日より、楽天生命の契約者向けて「楽天生命メディカルサポートサービス(サービス提供:ティーペック株式会社)」の提供を開始する。
(*)楽天ミニ保険ガンプランおよび共済契約は本サービスの対象外。
【楽天生命メディカルサポートサービス】 通話料/相談料無料 サービス提供:ティーペック株式会社
(1)24 時間健康サポートデスク
経験豊かな医師、保健師、看護師などを擁した相談スタッフが、健康・医療・介護・育児・メンタルヘルスなどに関するご相談に、お電話にて24時間・年中無休体制できめ細かくアドバイスする。
また、「医療機関情報」「専門医療情報」「健診・ドック施設」などの情報も提供する。
(2)セカンドオピニオンデスク
医学界の各専門分野を代表する専門医や医療機関があなたの健康ライフをサポートする。
このサービスでは、医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり、現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについてセカンドオピニオンを電話や面談にて提供する。
(3)こころのサポートデスク
精神的な悩みやこころの問題について、臨床心理士、精神保健福祉士等の心理カウンセラーから電話や面談によるカウンセリングを受けられるサービス。
(4)糖尿病サポートデスク
糖尿病の早期治療・重症化予防をサポートする。糖尿病やその予防、治療に関するご相談に、 経験豊かな保健師・看護師等の相談スタッフが電話で答え、必要に応じて医療機関の案内や専門医を紹介する。
※上記1~4は、利用の際の諸条件や地域・内容によりご要望に添えない場合がある。
なお4月1日からは、上記のサービスに加えて「メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック」が提供する最新 MRI を用いた脳ドックを楽天生命契約者に優待価格で提供するサービスも開始する。
資料請求をする
← Previous 1 3 4 5 6 7


提供元:新日本保険新聞社