生命保険業界ニュース

1~10件(全52件)
← Previous 1 3 4 5 6


2018年02月

かんぽ生命、4月1日以降に適用する前納払込保険料を改定 【2018/02/28】

NO.007414

かんぽ生命は、2007年10月1日以降に加入の同社の保険契約について、2018年4月1日以降に適用する前納払込保険料を改定する。
また、同社が管理業務を受託している簡易生命保険契約についても、改定する。
なお、前納払込保険料は、金利水準、金融情勢の変化及びその他の事情により決定する。金利水準等が変動した場合は、変更することがある。
(1) 前納払込保険料の例
基本契約の月払保険料(口座払込み)を10,000円とした場合の前納払込保険料の例は次のとおり。
■前納払込年月数、改定前→改定後(増減率)
・3月分:29,800 円→29,800 円(0.00%)
・6月分:59,500 円→59,500 円(0.00%)
・1年分:118,900 円→118,900 円(0.00%)
・2年分:237,700 円→237,700 円(0.00%)
・5年分:594,100 円→594,100 円(0.00%)
・10 年分:1,188,100 円→1,187,902 円(▲0.02%)
・15 年分:1,778,140 円→1,772,794 円(▲0.30%)
・20 年分:2,352,538 円→2,334,520 円(▲0.77%)
(2) 改定日
2018年4月1日以降に保険料の前納払込みをする場合の前納払込保険料について改定する。ただし、2018年3月31日までに新規契約を申し込みし、申込時に指定した払込年月数どおりに、第1回保険料を含む保険料の前納払込みをする場合は、払込時期が4月以降であっても改定前の前納払込保険料を適用する。

SBI生命、ねんどで作った作品を撮影した写真コンテスト実施 【2018/02/28】

NO.007415

SBI生命は、2月28日(水)から “「ねんどでつくろう」コンテスト”キャンペーンを実施し、ねんどで作った作品を撮影した写真を募集する。
自分や周りの皆が「楽しくなる」「元気になる」「見て癒される」「ハッピーになる」可愛いモノや顔やペット・動物などをねんどで作り、写真に撮ったものを募集。子供の作品の写真でも構わない。
審査員に造形作家の森井ユカさんを迎えて、思わず見て楽しくなる写真を応募してもらった人に、オリジナル時計などをプレゼントする。
【企画の背景: なぜ、ねんど? 現代人における手作りの重要性に注目】
人間は大昔から身の回りの物を自らの手で作り上げてきたが、世の中が便利になるにつれ、自分たちの手を使って何かを作る機会はどんどん減ってきている。ところが昨今、手や指を動かしてものを作ることが、脳に良い刺激を与えて活性化させると、その良さがあらためて見直されている。同社では、なかでもねんどに注目し、今回のコンテストを企画した。
子供のねんど遊びは創造力や科学性を育むなどの効果があると言われているが、最近は大人にも、ねんどを使った物づくりが癒しやストレス発散につながると人気が高まっており、指先を使った刺激が認知症予防にもなると関心を集めている。
同社は、気軽に触って作って楽しみながら、心と身体が健康になるねんど遊びの良さを広め、皆さまの健康増進を支援していきたいと考えている。
■応募受付期間
2月28日(水)0 時0 分 ~ 4月1日(日)23時59分

マスミューチュアル生命、お客さま本位の業務運営の定着を測る指標を設定 【2018/02/28】

NO.007416

マスミューチュアル生命は、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく取り組みの定着を測る指標(KPI)を定めた。
同社では、「お客さま本位の業務運営に関する方針」を定めるとともに、当方針に対応する同社の「取り組み状況」を2017年7月6日に公表している。
今般、当方針の定着を測る指標(KPI)として、「お客さまからのお電話のつながりやすさ」、「お客さまの疑問や問題の速やかな解消」、「代理店向けeラーニング金融教育プログラム累計受講講座数」を設定する。
同社の取り組み状況および成果指標(KPI)については、2017年度における取り組み状況を総括のうえ、2018年5月を目途に公表する予定。
同社は実施状況について定期的に検証を行い、取り組み状況の定期的な公表や当方針の定期的な見直しを図り、今後もお客さま目線での商品開発・サービスの提供、また、お客さまの声を経営やサービスの改善に活かす取り組み等、お客さま本位の業務運営を追求していく。

T&Dフィナンシャル生命、武蔵野銀行で無配当外国為替連動型個人年金保険(通貨選択・Ⅰ型)『ファイブテン・ワールド』の販売を開始 【2018/02/28】

NO.007417

T&Dフィナンシャル生命は、3月1日から、武蔵野銀行にて、『無配当外国為替連動型個人年金保険(通貨選択・Ⅰ型)~販売名称~「ファイブテン・ワールド」』の販売を開始する。
「ファイブテン・ワールド」は、海外の金利と為替を活用して、お客さまの大切な資産をまもりながらふやすことが期待でき、“わたす”“そなえる”ことができることを特徴とした、一時払の定額個人年金保険。
○主な特徴
・Point1「ふやす」契約日から3か月以後、目標値の到達判定をスタート
・Point2「わたす」「うけとる」大切な人へわたす「生前贈与」・自身で受け取る「自分年金」
・Point3「のこす」「そなえる」死亡・介護へのあんしんの機能も追加可能

T&Dフィナンシャル生命、4月1日付で組織改編 【2018/02/28】

NO.007418

T&Dフィナンシャル生命は、4月1日付で次のとおり組織改編を実施する。
・「人事総務部」の新設
人事戦略企画機能の向上を目的として、人事総務部を新設する 。

日本生命、新日石ビルヂングの区分所有持分に投資 【2018/02/28】

NO.007419

日本生命は、JXTGホールディングス株式会社が千代田区丸の内で所有する新日石ビルヂング(以下「当物件」)の区分所有持分70%について、ファンドを通じ、投資した。
丸の内エリアは、国内最大のターミナルである東京駅、歴史と風格のある皇居外苑に囲まれ、アクセスの利便性を誇りながら、緑の恩恵を受けられる場所として、国内企業の本社機能、外資系企業の日本拠点が集積する世界有数のビジネスエリア。また、エリアで進展する再開発を通じ、更なる成長・発展が見込まれる。
当物件は、築年数が36年と経過しているものの、貸床面積は1フロア500坪を超えるとともに、JR有楽町駅徒歩2分である等の利便性から、高い競争力を有している。
今般の投資案件は、日本生命丸の内ビル、日本生命丸の内ガーデンタワーに続く、希少な丸の内エリアでの同社3件目の大規模投資となる。
同社では、今後も、優良不動産等への積極的な投資を通じて、契約者利益の観点から長期・安定的な運用収益を確保するとともに、日本経済・産業の発展に貢献していくとしている。

メディケア生命が広島銀行でテレマーケティング方式による医療保険の販売を開始 【2018/02/27】

NO.007420

メディケア生命は、2月27日から株式会社広島銀行が新たに開設する「〈ひろぎん〉保険コールセンター」を通じた医療保険の販売を開始する。
この取組みにより、広島銀行では、窓口に来店する機会の少ないお客さまの利便性向上を図り、来店することなく医療保険を申し込みできるようになる。
〈「〈ひろぎん〉保険コールセンター」で取り扱う商品〉
・医療終身保険(無解約返戻金型)「メディフィットA(エース)」
・限定告知型医療終身保険(無解約返戻金型)「メディフィットRe(リリーフ)」
・特定疾病一時給付保険(無解約返戻金型)「メディフィットPlus」

マスミューチュアル生命が三菱UFJ信託銀行で『ながいき年金』を販売 【2018/02/27】

NO.007421

マスミューチュアル生命は、三菱UFJ信託銀行を通じ、2月26日から『ながいき年金』の販売を開始した。
この商品は、「人生100年時代」に備える保険として、決まった額を一生涯にわたって受け取ることができる終身年金保険であり、ライフスタイルやニーズに合わせて長生きの準備に活用できる。
『ながいき年金』の正式名称は、積立利率金利連動型年金(AII型)/積立利率金利連動型年金(米ドル建)年金額確定特約付/積立利率金利連動型年金(豪ドル建)。

富国生命が機構改正と役員人事 【2018/02/27】

NO.007422

富国生命は、4月1日付で機構の改正および役員人事を行う。
◎機構改正
・本社
株式部と資金債券部を統合し、有価証券部に名称変更。
融資部を財務投資部に名称変更し、従来業務に加え、有価証券形態を含むクレジット投資関連業務を所管。
審査グループをリスク管理統括部から分離し、財務審査室を新設。
・支社
中国ブロックと四国ブロックを統合し、中四国ブロックとする。
広島支社をブロック長支社とする。
ブロック長支社広島:鳥取・松江・岡山・山口・徳島・高松・松山・高知
◎役員人事(カッコ内は担当事項)
新:執行役員 保険計理人兼リスク管理統括部長(保険計理人・リスク管理統括部)
砂本直樹
現:保険計理人兼リスク管理統括部長

日本生命のニッセイ・ライフプラザ池田が店舗移転・名称変更 【2018/02/27】

NO.007423

日本生命のお客様窓口「ニッセイ・ライフプラザ池田」の店舗が3月26日から移転・名称変更する。
・名称
ニッセイ・ライフプラザ川西
・住所
兵庫県川西市中央町7-18ラ・ラ・グランデ2F
・電話番号
072-759-5590
・営業時間(変更なし)
9:00~18:00(月~金曜日)
※祝日・12/31~1/3は除く。
資料請求をする
← Previous 1 3 4 5 6


提供元:新日本保険新聞社