生命保険業界ニュース

1~10件(全58件)
← Previous 1 3 4 5 6


2018年01月

プルデンシャル生命、「全国骨髄バンク推進連絡協議会」に321万円を寄付 【2018/01/31】

NO.007374

プルデンシャル生命はこのほど、「全国骨髄バンク推進連絡協議会」に321万円を寄付した。同協議会への寄付は今回で13回目となり、今回を含めた寄付の合計金額は3,767万円となった。
同社は、骨髄バンクの知名度向上と白血病患者の支援を目的に、毎年1月に開催される箱根駅伝の沿道に骨髄バンクののぼりを立てるボランティアに取り組んでいる。参加した社員やその家族の人数に対し1万円をマッチングして、白血病患者と家族を支援するために寄付している。
寄付金は、佐藤きち子記念「造血細胞移植患者支援基金」を通じて、患者や家族が骨髄移植を受ける際の諸費用(旅費、滞在費など)に充てられる。

明治安田生命、宮城県と地方創生に関する「包括連携協定」を締結 【2018/01/31】

NO.007377

明治安田生命は、1月31日、宮城県と地方創生に関する「包括連携協定」を締結した。宮城県の進める諸施策に、同社の保険事業や社会貢献活動等を通じて培った知見やノウハウを提供する。加えて、同社の県内における営業網(1支社・16営業所等の拠点網、従業員約630人)や全国規模のネットワーク(1,000を超える拠点網、4万人を超える従業員)を活用し、関係各方面とも広範にわたる連携を強化して、宮城県とともに地域社会の発展に取り組んでいく。
■宮城県との「包括連携協定」について
○名称 「宮城県と明治安田生命保険相互会社との包括連携協定」
○連携事項
(1)健康づくりに関すること
・「スマートみやぎ健民会議」への参画
・Jリーグクラブ「ベガルタ仙台」の試合会場における健康情報ブースの設置
・健康づくりに関するセミナーの開催 など
(2)高齢者支援に関すること
・同社の営業職員による日々のお客さま訪問のなかで、子どもや高齢者等の様子に変わったことや気付いたことがあれば、警察署等に連絡し、不測の事態を未然に防ぐ、「地域を見守る活動」の推進
・「介護、終活」等のライフプランに関するセミナーの開催 など
(3)子供の健全育成に関すること
・宮城県が推進する「ルルブル(しっかり寝ル・きちんと食べル・よく遊ブで健やかに伸びル)」関連イベントとの連携
・「みやぎっ子ルルブル推進会議」との連携
・「ベガルタ仙台」協力のもと、小学生向けサッカー教室等の開催 など
(4)女性の活躍推進に関すること
・宮城県が推進する「女性のチカラを活かす企業」の認証取得
・女性活躍やワーク・ライフ・バランス推進に関する連携 など
(5)産業・観光振興に関すること
・同社の従業員向けイントラを活用した宮城県産品や観光などの旬の宮城を発信する「宮城県通信(仮称)」の発行や、都内の本社ビル等での物産展の開催
・農業を含む成長分野への投融資 など
(6)その他地域社会の活性化及び県民サービスの向上に関すること
・同社の営業職員による各種啓発チラシや広報物配布等、県政情報の発信 など

住友生命、企業主導型保育所「ポピンズナーサリースクール すみせいキッズ」を全国6か所に開園 【2018/01/31】

NO.007376

住友生命と株式会社ポピンズは協働で、企業主導型保育所(注)「ポピンズナーサリースクール すみせいキッズ」を全国6か所に4月から開園する。住友生命の従業員だけでなく、広く利用者を募っていく。
○本取組みの意義
住友生命は、これまでも保有不動産に認可保育所を誘致してきたが、今般開園する「ポピンズナーサリースクール すみせいキッズ」も、すべて住友生命の保有ビル内に設置する。待機児童が多い都市部において特に保育所用地が不足している中、自社使用スペースの効率化等を通じて保育所スペースを創出することにより、都市部で利便性の高いエリアへの保育所設置を可能とした。
施設の設置・運営は、保育業界のリーディングカンパニーであるポピンズが行い、全国6 箇所の施設において、ポピンズのきめ細やかなサービスが展開される。
「ポピンズナーサリースクール すみせいキッズ」は、住友生命の従業員だけでなく、地域の方や近隣企業にも広く利用してもらえる保育所としている。住友生命およびポピンズは、先進的な保育サービスを提供することにより、日本の将来を担う子どもの成長を支援し、子育てしながら働き続けられる社会環境の整備、ならびに待機児童問題の解消に貢献していく。
○設置場所
・[宮城県仙台市] ポピンズナーサリースクール仙台 すみせいキッズ
・[東京都足立区] ポピンズナーサリースクール北千住 すみせいキッズ
・[東京都武蔵野市] ポピンズナーサリースクール武蔵野中町 すみせいキッズ
・[神奈川県横浜市] ポピンズナーサリースクール鶴見西 すみせいキッズ
・[愛知県名古屋市] ポピンズナーサリースクール栄 すみせいキッズ
・[大阪府大阪市] ポピンズナーサリースクールなんば すみせいキッズ
○保育所運営
保育定員は18名、うち半数の9名は住友生命従業員利用枠、半数は地域住民の方等の利用となる。保育対象年齢は原則0歳~2歳児、開園は月曜日から金曜日(土日・祝日、年末年始は休園)、8:00~19:00 の月極保育となる。
(注)企業主導型保育所とは、内閣府が2016年より開始した「企業主導型保育事業」の助成制度を活用し、企業が主体となって設置する保育所。一定基準を満たした上で認可施設並みの助成を受けられるほか、複数企業での利用や地域の子どもの受入れも可能であるため、施設運営の安定や地域貢献を図ることも可能となった。

アクサ生命、割安な保険料で中小企業経営者のニーズに応える長期保障の定期保険を販売 【2018/01/31】

NO.007375

アクサ生命は、2月19日から『アクサの「長期保障」の定期保険 フォローアップライフ』(正式名称:災害保障重点期間設定型定期保険)の販売を開始する。
『フォローアップライフ』は、契約当初の一定期間、災害以外を原因とする死亡保険金を抑制することで割安な保険料を実現し、さらに告知扱で保険金額5億円までの高額な保障に加入できる、中小企業経営者のニーズに応えた定期保険。
法人のお客さまは「経営リスク」への備えとして「事業継続資金」や「運転資金」、「役員退職慰労金」の準備に、個人のお客さまは「長期保障」として、遺族の生活費の準備や相続対策などに活用できる。
また、法人契約の場合は「アクサメディカルアシスタンスサービス」の『メンタルサポートサービス』※2も無料で利用できる。経営者と従業員が安心で健やかな生活を過ごしてもらえるよう、47都道府県、230ヶ所の国内最大級のカウンセリングネットワークを通じて、臨床心理士を中心とした心理カウンセラーが、経営者や従業員に面談や電話によるカウンセリングを提供し、こころの問題解決をサポートする。
■『フォローアップライフ』の特長
・98歳までの長期の死亡保障を割安※1な保険料で準備できる。
・まとまった資金が必要になったときには、契約者貸付や払いもどし金を活用できる。
・3つの告知項目で申込みが可能で、医師の診査は不要。
・「払済終身保険」に変更し、保険料を負担することなく一生涯の保障として契約を継続することもできる。
※1 契約から一定期間は災害以外を原因とする死亡保険金を抑えるため、その分保険料が割安になっている。
※2 本サービスは、ティーペック株式会社が提供する。アクサ生命が提供する保険商品の一部を構成するものではない。

アフラックの「よくわかる!ほけん案内」が新たに1店舗オープン 【2018/01/30】

NO.007327

アフラックの「よくわかる!ほけん案内」高円寺店が2月15日にオープンする。
高円寺店の所在地は、東京都杉並区高円寺北3-23-11。営業時間は10時から19時で、定休日はなし。

T&Dフィナンシャル生命が常陽銀行で『生涯プレミアムワールド4』の販売を開始 【2018/01/30】

NO.007332

T&Dフィナンシャル生命は、2月1日から常陽銀行(本店:茨城県水戸市)で、『生涯プレミアムワールド4』(無配当外国為替連動型終身保険(積立利率更改・通貨選択IV型))の販売を開始する。
この商品は、「ご自身でつかうお金」と「ご家族にのこすお金」を、海外の金利と為替を活用して準備できる一時払終身保険。

T&Dフィナンシャル生命が荘内銀行で『働くあなたにやさしい保険』の販売を開始 【2018/01/30】

NO.007331

T&Dフィナンシャル生命は、2月1日から荘内銀行(本店:山形県鶴岡市)で『働くあなたにやさしい保険』(無配当特定疾病収入保障保険(無解約払戻金・II型))の販売を開始する。
「働くあなたにやさしい保険」は、近年、単独世帯や核家族世帯が増加するなど社会構造が変化する中、“働く世代”の人々が重篤な疾病に罹患した場合の就業制限・就業不能による収入減少や治療費負担等にそなえることのできる第三分野の保険。
特定疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に特化した生前給付保障のため、生活費だけでなく、治療費・住宅ローン・教育費など、さまざまなリスクにそなえることができる。また、上皮内がんにかかわる充実した保障やシンプルな“給付要件”等により、“働く世代”の人々を“やさしく”サポートする。

フコクしんらい生命が役員の委嘱事項を変更 【2018/01/30】

NO.007330

フコクしんらい生命は、2月1日付で役員の委嘱事項の変更を行う。
・取締役執行役員 お客さまサービス本部長兼保険金部長
萩 康之(取締役執行役員 お客さまサービス本部長)

楽天生命が「スーパー定期保険」(1年定期保険)を発売 【2018/01/30】

NO.007329

楽天生命は、1月29日から「楽天生命スーパー定期保険(正式名称:1年定期保険)」を発売した。
この商品では、昨今の平均寿命の延伸による死亡率の低下を保険料に反映しており、従来の同社の死亡保険に比べて手頃な保険料で万が一の場合の保障を用意できる。
1年更新型の保険であるが、保険料は最大5年間(*)変わらず、安心して契約を継続できる。
1.商品の特徴
・昨今の平均寿命の延伸による死亡率の低下を保険料に反映することで、手頃な保険料を実現した死亡保険。
・保険金額は最大5,000万円までで、充実した死亡保障を用意できる。
・最大80歳まで、保障が継続(保険期間・保険料払込期間:1年、80歳まで自動更新)。
・1年更新の定期保険であるが、最大5年間(*)、保険料は変わらない。
*契約・更新年齢により異なる。契約・更新年齢が70歳以上の場合は、契約更新ごとに保険料が変更される。
2.保険料例(月払保険料)
・保険金額:1,000万円の場合
契約・更新年齢:40歳~44歳…男性1,770円、女性1,300円
契約・更新年齢:50歳~54歳…男性3,960円、女性2,710円
・保険金額:1,500万円の場合
契約・更新年齢:30歳~34歳…男性1,470円、女性1,065円

三井生命の新社長に吉村氏 【2018/01/30】

NO.007328

三井生命は、4月1日付で新社長に吉村俊哉氏が就任することを発表した。有末社長は取締役会長となる。
・取締役会長
有末真哉(代表取締役社長 社長執行役員)
・代表取締役社長 社長執行役員
吉村俊哉(取締役 常務執行役員)
資料請求をする
← Previous 1 3 4 5 6


提供元:新日本保険新聞社