生命保険業界ニュース

81~90件(全85件)
1 2 3 4 5 6 7 9 Next →


2018年05月

フコクしんらい生命、KUMONと認知症啓発セミナーの開催等で提携 【2018/05/02】

NO.007688

フコクしんらい生命は、株式会社公文教育研究会(以下「KUMON」)と認知症を正しく理解するための啓発セミナーの開催等に関して業務提携契約を締結した。
認知症は、早期に発見されて適切な対応を受けることで、認知症になってもその人らしく生きることができると言われている。一方で、誤解や偏見により、当事者や家族が苦しんでいることも少なくない。
認知症を正しく理解し、すべての高齢者およびその家族が安心して暮らせる地域社会作りに貢献するため、フコクしんらい生命は、高齢者の脳機能の活性化と認知症の進行抑止・改善および予防の取組みに関するKUMONの経験・知見を活用し、主にフコクしんらい生命の主要な販売チャネルである信用金庫と共に、セミナーを開催していく。
さらに、脳機能の維持・改善に効果があることが実証されているKUMONが展開する「学習療法(R)」と「脳の健康教室(R)」のフコクしんらい生命のお客さまなどへの推奨や、新たな保険商品・サービスの開発への活用などについても、本業務提携の中で検討を進めていく。

富国生命が「すまいる・ぎゃらりー」を開催 【2018/05/02】

NO.007689

富国生命では、障がいのある子どもたちのアート制作を応援する活動として、全国の特別支援学校生徒の美術作品を展示する企画「すまいる・ぎゃらりー」を、平成24年度より同社内幸町本社ビル地下2階で継続して開催している。
今回、下記の日程で展示会を開催する。
1.開催期間 5月14日(月)~6月8日(金)
開場時間 7:30~23:00(日曜・祝日休館)
2.出展校 千葉県立矢切特別支援学校
3.会場 富国生命内幸町本社ビル 地下2階商店街(東京都千代田区内幸町2-2-2)

ソニー生命、医療保険新商品『メディカル・ベネフィット』『メディカル・ベネフィット リターン』を発売 【2018/05/02】

NO.007690

ソニー生命は、7月2日より、保障の明瞭化および三疾病の保障充実を図った新商品『メディカル・ベネフィット(総合医療保険(無解約返戻金型)18無配当)』および、入院や手術等について同様の保障を備えつつ、所定の年齢まで入院や手術等がなかった場合、既払込保険料相当額を受け取れる新商品『メディカル・ベネフィット リターン(健康還付給付金特則付総合医療保険(無解約返戻金型)18無配当)』を発売する。
さらに、本商品に付加できる特約として、『入院一時給付金特約 無配当』『三疾病入院給付特約 無配当』『女性特定手術給付特約 無配当』を新たに発売する。
<発売の背景>
同社では「入院」や「手術」等の医療保障に対するお客さまのニードに対して、1992年より総合医療保険を発売しているが、昨今は入院日数が短期化している傾向がある一方で、脳血管疾患等の重大疾患は長期の入院を余儀なくされている。このような、医療現場を取り巻く環境の変化などをふまえ、従来商品よりもお客さまの医療保障ニードに則した『メディカル・ベネフィット』を開発した。
『メディカル・ベネフィット』では、日帰り入院を含め1日目からの入院保障や公的医療保険制度に連動した手術給付など、「入院」や「手術」等の基本保障の拡充および支払事由の明瞭化に加え、三疾病※1による入院は支払日数を無制限とするなど保障内容を充実化している。
さらに、当面の健康に自信があるなどの理由により、医療保障に対するニードが相対的に低い若年層や、貯蓄志向のあるお客さまの声に応えるため、健康還付給付金支払日(契約時に定めた所定の年齢に到達する年単位の契約応当日)を生存してむかえられた場合、既払込保険料相当額※2から入院給付金等の合計額を差し引いた健康還付給付金を支払う『メディカル・ベネフィット リターン』を開発した。
※1 三疾病とは、「がん(上皮内がん等を含む)・心疾患・脳血管疾患」を指す。同社の既存商品における三大疾病「がん(上皮内がん等を除く)・急性心筋梗塞・脳卒中」よりも対象疾患範囲が拡大されている。
※2 既払込保険料相当額とは、月払保険料相当額×12×健康還付給付金支払日の前日までの年数のことである。

ジブラルタ生命、新作動画「心をつなぐ母のぬくもり~Story01~」を公開 【2018/05/02】

NO.007691

ジブラルタ生命は、5月2日(水)に、「家族への想い」スペシャルウェブサイト(以下、スペシャルサイト)で、新作動画「心をつなぐ母のぬくもり~Story01~」を公開した。
■新作動画「心をつなぐ母のぬくもり~Story01~」について
同社は2月2日に公開したスペシャルサイトを通じて、お客さまに「家族への想い」を感じていただくきっかけとなるような、さまざまなコンテンツを発信している。第3弾となる新作動画「心をつなぐ母のぬくもり~Story01~」は、“母”と“母になった娘”が、家族の思い出の写真を見ながら、それぞれの視点で想いを語り合うリアルストーリーであり。同社公式YouTubeチャンネルでも公開している。【動画視聴時間:135秒】

アフラック生命がセブン-イレブン・セブン銀行で利用できる口座不要の「現金受取サービス」を生保で初めて導入 【2018/05/02】

NO.007692

アフラック生命は、保険料の返金などを目的とした同社からお客様への送金について、全国2万4,000台を超えるセブン銀行ATM及び2万店を超えるセブン-イレブンのレジにおいて、銀行口座等を介さずにいつでも(24時間365日)受け取ることができる「現金受取サービス」を導入*1する。本サービスの導入は、生命保険業界では初めて*2となる。
本サービスは、セブン銀行、セブン-イレブン、セブン・ペイメントサービスが5月に提供を開始する日本初の仕組みで、企業がお客様のスマートフォンなどに受取情報通知を送付し、その際に知らせる確認番号等をセブン銀行ATMに入力することで、現金(10万円以下)を受け取ることができるものである。
同社ではこれまで、お客様への送金時に銀行口座等を指定する場合があったが、本サービスの利用によって、お客様は口座情報の同社への通知が不要となるだけでなく、現金の受け取り時にキャッシュカード等も不要となる。また、お客様には着金後(受取可能な状態になった時点)すぐに同社から受取情報通知を送るため、よりスピーディーな受け取りが可能になる。さらに、一定期間後にも受け取りのないお客様にリマインド通知を送ることで、これまで以上に確実な受け取りが可能になる。
<新サービス導入の特長>
●24時間365日いつでも、全国のセブン-イレブン・セブン銀行での受け取りが可能(ATM手数料は無料)
●お客様による口座情報の同社への通知及び受け取り時にキャッシュカードや身分証明書が不要
●スマートフォンなどへの着金直後の通知により、これまで以上にスピーディーな受け取りが可能
●送金を受け取っていないお客様へのリマインド通知により、さらに確実な受け取りが可能
※1本サービスは2018年11月から開始の予定である。また、保険金・給付金の支払いなどへ対象を拡大することも検討していく。
※2本サービスは、セブン銀行、セブン-イレブン・ジャパン、セブン・ペイメントサービスが提供する日本初の仕組みであり、当該サービスを利用する契約企業(2018年5月2日現在)のうち、同社は唯一の生命保険会社である。
資料請求をする
1 2 3 4 5 6 7 9 Next →


提供元:新日本保険新聞社