生命保険業界ニュース

701~710件(全3804件)
1 2 67 68 69 71 73 74 75 380 381


ニュース一覧

アフラック、日立とがんの早期発見・早期治療社会をめざした協創を開始 【2017/07/26】

NO.006729

アフラックでは、日立製作所(以下、日立)と、がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始する。
具体的には、両社で、日立が有する尿中代謝物によるがんの識別技術*1の活用方法、およびがんの早期発見・早期治療を促進する新しい保険商品・サービスの創出に向けた検討を行うことで、より健康で豊かな社会への貢献をめざす。
現在、がんは日本における死因の第1位*2で、生涯のうちに約2人に1人が罹患する*3と推計されている。早期発見での治療ほど治癒する可能性が高いことから、厚生労働省の「がん対策推進基本計画*4」の施策では、積極的ながん検診の受診が促されています。一方、日本のがん検診の受診率は約30%から50%*5と欧米諸国と比較すると低い状況にあり、内閣府の調査*6によると、その理由として、「受ける時間がない」「検査に伴う苦痛に不安がある」といった声があげられている。
今回、両社は、日本最大のがん保険契約件数を有するアフラックのがんに関する豊富なデータや知見と、日立が研究を進める尿中代謝物によるがん患者の識別技術や日立独自のサービスデザイン手法である「NEXPERIENCE(ネクスペリエンス)」、アナリティクス技術などの先端ITを組み合わせて、がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始する。
●具体的な取り組み項目
・尿中代謝物によるがんの識別技術の向上に向けた検討
・がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けたがんの識別技術の活用方法を検討
・新しい保険商品・サービスの創出に向けた検討
*1 日立製作所 2016年6月14日ニュースリリース「尿中代謝物の網羅的解析により、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体の識別に成功」
本研究は国立研究法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療分野研究成果展開事業、産学連携医療イノベーション創出プログラムの支援によって実施されたもの。
*2 厚生労働省 「平成28年(2016年)人口動態統計の年間推計 (2016年12月)」
*3 国立がん研究センター「最新がん統計(2016年8月)」
*4 厚生労働省(2012年6月)
*5 厚生労働省 「平成28年 国民生活基礎調査」 性別およびがんの種別ごとにみたがん検診の受診状況のこと。
*6 内閣府「がん対策に関する世論調査(平成28年11月)」

PGF生命が「還暦人」に関する調査結果を発表 【2017/07/25】

NO.006698

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命)は4月28日~5月10日の13日間、今年還暦を迎える1957年生まれの男女(以下、還暦人「かんれきびと」と呼称)を対象に、「2017年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」をインターネットリサーチで実施(2,000名の有効サンプル)し、その集計結果を公開した。
還暦の実感については、「還暦を迎えるという実感がわかない」に「あてはまる」(「非常に」と「やや」の合計)が74.5%となり、4人中3人は還暦を迎える実感がわかないようだ。
肉体年齢について自身は何歳相当だと実感しているかを聞くと、「50~54歳相当」(34.8%)に多くの回答が集まり、平均年齢は53.8歳となった。同様に、精神年齢については 、「50~54歳相当」(31.8%)に次いで、「40~44歳相当」(17.3%)に回答が集まり、平均年齢は46.4歳となった。
実年齢(参考:回答時の実年齢は平均59.3歳)を基準に考えると、肉体年齢は実年齢マイナス5.5歳、精神年齢はマイナス12.9歳となる。実年齢よりも若々しい気持ちでいる還暦人が多いことが伺える。
何歳からが高齢者だと思うかを聞くと、「70~74歳から」が52.6%と、半数以上の回答が集まり、平均年齢は70.4歳。60代はまだ高齢者ではないという感覚を持っている人が多いようだ。

T&Dフィナンシャル生命が大光銀行で外国為替連動型終身保険の販売を開始 【2017/07/25】

NO.006700

T&Dフィナンシャル生命は8月1日から大光銀行(本店:新潟県長岡市)で、『生涯プレミアムワールド4』(無配当外国為替連動型終身保険〈積立利率更改・通貨選択IV型〉)の販売を開始する。
この保険は、海外の金利と為替を活用して「自身でつかうお金」と「家族にのこすお金」を準備できる一時払終身保険。8月1日時点での販売金融機関は合計34金融機関となる。

日本生命が国際金融公社のソーシャルボンドに1億米ドルを投資 【2017/07/25】

NO.006699

日本生命は、国際金融公社(正式名称:International Finance Corporation。以下「IFC」)が私募形式で発行するソーシャルボンドに1億米ドル(約114億円)投資した。この債券はIFCとして機関投資家向けに私募形式で発行する初めてのソーシャルボンドとなる。
この債券による調達資金は、発展途上国において小規模農家からの購入、低所得世帯への公共サービス提供、低所得層が支払い可能な医療サービス、教育または住宅の提供等を行う企業への資金供与に加えて、新興市場において女性が経営する企業に融資する金融機関を支援するために使用される。

住友生命が保険デザインを子会社化 【2017/07/24】

NO.006701

住友生命は、このほど株式会社保険デザインの株式を取得し、子会社化した。 保険デザインは、株式会社ACNのグループ会社として、関西エリアに保険ショップを20店舗展開 している。同社はこれまで「お客さまの人生を守ること」が仕事の原点であるとの認識のもと、お客さまの声を商品・サービスの開発や業務の改善に活かす取組みを続けてきた。 近年、少子化・高齢化が進む中で、お客さまニーズが多様化しており、保険の見直し相談時に保険ショップに訪れる人が増加。同社は今回の取組みを通じて、お客さまの幅広いニーズ、要望に応えることができるよう努めていく。

アクサ生命が「アクサメディカルアシスタンスサービス」を拡充 【2017/07/21】

NO.006702

 アクサ生命は「アクサメディカルアシスタンスサービス」 に『Doctors Me(ドクターズミー)』※1と『介護・リハビリサポートサービス』※2を2017年9月に追加導入して、サービスの拡充を実施する。今回のサービスの拡充によって、健康時(発病前)・発病時・発病後(疾病の治療後)など、お客さまの健康状態に応じて付 加価値の高いサービスをお届けすることが可能となり、これまで継続してきた包括的な医療保障の強化をさらに進めていく。
※1「Doctors Me(ドクターズミー)」は、株式会社サイバー・バズが提供。
※2「介護・リハビリサポートサービス」は、ティーペック株式会社が提供。

第一生命がトルコ共和国における病院整備運営事業に投資 【2017/07/21】

NO.006704

 第一生命は、トルコ共和国における病院整備運営事業プロジェクトに 100億円の融資を行うことを決定した。同件は、当社初となる海外プロジェクトファイナンスでのプライマリー案件(新規に組成されたプロジェクト)に参画するものであり、高い収益性を期待出来ることに加え、新興国における医療設備拡充への貢献という社会的意義の大きい取組みとなる。
 同件は、トルコ共和国イスタンブール市に新たに建設される大型病院施設(約 2,700 床)の PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:官民連携)事業に対するファイナンス案件で、トルコ共和国は、国民一人当たりの病床数が不足する中、PPP による国立病院の整備を推進しており、同件はその計画の中でも最大規模のプロジェクトとなるもの。
 なお、本プロジェクトの日本側スポンサーとして双日株式会社が参画しており、日本のインフラ輸出拡大への寄与が期待さる。また、資金調達面では、株式会社国際協力銀行(以下 JBIC)による直接融資に加えて、民間金融機関融資について、株式会社日本貿易保険(以下 NEXI)による融資保険、又は JBIC によるポリティカル・リスク(※1)保証が提供されているなど、我が国の官民が連携して取り組む案件となっている。今回、同社は民間金融機関による融資部分への参画を通じて、本プロジェクトに貢献していく。

第一生命が「第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会」へ特別協賛 【2017/07/21】

NO.006703

 第一生命は、7月28日から開催される「第35回第一生命 全国小学生テニス選手権大会(公益財団法人日本テニス協会主催)」に特別協賛する。
 同大会は、1983年に創設され、毎年、各都道府県の地区大会で上位成績を収めた選手が出場し、小学生日本一を決定する大会。これまでに世界を舞台に活躍されているスタープレーヤーを多く輩出しており、錦織圭選手をはじめ昨年開催されたリオデジャネイロ五輪の日本代表選手の多くが本大会出身者である。
 第35回を迎える今年の大会には、全国の地区予選(総参加者約 4,500名)を勝ち抜いた96名の選手が出場、大会前日に開催される開会式・歓迎レセプションには、自身も第25回大会に出場し優勝を収めた西岡良仁選手を、大会最終日には第4・5回大会に出場の杉山愛さんを迎えて、選手への激励を行っていただく予定である。

大同生命、第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」 に特別協賛 【2017/07/20】

NO.006705

大同生命は、本年10月28日(土)~30日(月)に愛媛県で開催される第17回全国障害者スポーツ大会 「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」に特別協賛する。
同社は創業90周年(平成4年)を機に、同大会の前身である全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)の第1回東京大会から、四半世紀にわたって特別協賛を継続している。また、これまでに、のべ1万人を超える役職員等がボランティアとして大会に参加するなど、全社を挙げて「障がい者スポーツの支援」に取り組んできた。
20日、午後1時30分より、愛媛県庁(松山市)にて特別協賛金の贈呈式を行った。大会の開催期間中は、当社の四国支社松山営業部をはじめ、多くの役職員等がボランティアとして参加し、大会の盛り上げに協力していく。
<協賛・協力内容>
○大会への特別協賛金として1億円を贈呈。
○当社およびグループ会社・提携団体の役職員等、のべ約300名(予定)が大会の盛り上げに協力。
・愛媛県総合運動公園陸上競技場「ニンジニアスタジアム」(松山市)に設置する「大同生命ブース」の運営ボランティアとして、全国から集まった選手や応援サポートの皆さんと、ゲームやイベントを通じて交流できる「ふれあいの場」を提供。
・式典の観覧や競技の観戦を通じて、選手の皆さんを応援。

ライフネット生命が第1四半期の保険金等の支払状況を発表 【2017/07/18】

NO.006674

ライフネット生命は、2017年度第1四半期(2017年4月~6月)の保険金等の支払状況を発表した。
支払った保険金等は、保険金20件、給付金1,445件の合計1,465件となった。また、支払いのできない事由(支払不可事由)に該当すると判断した件数は、保険金0件、給付金61件の合計61件だった。
同社は、生命保険会社の最も重要な社会的責務である保険金等の支払いを「正確に、遅滞なく」実行することを目指すとともに、保険金等の支払いに必要な書類の会社到着から原則「5営業日以内」に指定口座に保険金等を支払っている。第1四半期の平均支払所要日数(営業日)は、2.62日だった。
なお、2017年4月に、実際に給付金を請求した契約者のインタビューを掲載するコンテンツ「給付金ご請求者さまのホンネ」に、新たにインタビューを追加し、ウェブサイトで紹介している。
資料請求をする
1 2 67 68 69 71 73 74 75 380 381


提供元:新日本保険新聞社