生命保険業界ニュース

631~640件(全3254件)
1 2 60 61 62 64 66 67 68 325 326


ニュース一覧

大同生命、新契約手続きの医務査定自動化を実現 【2016/05/23】

NO.005649

 大同生命は、タブレット型営業支援端末「エース・ウィズ」のペーパーレス申込手続きに「医務査定自動化システム」を導入する。告知から医務査定までの各工程を紙ではなくデータでやり取り(自動化)することで、申込手続きにかかる時間を短縮できる。
 このシステムは、日本IBM社のソフトウェア・技術により実現した「非定型OCR」を使用して、健診表のイメージから数値データを自動生成する機能を導入。これは生保業界初の取り組み。また、「自動引受査定エンジン」は、ミュンヘン再保険グループのミューニックリー・オートメーション・ソリューションズ社の査定エンジンを活用し、ミュンヘン再保険会社日本支店(生命再保険)の支援を受けて開発した。
◆医務査定自動化システムの概要
▽対話型告知機能(ドリルダウン方式)の導入
 顧客の健康状態や病歴の内容に応じて自動的に質問項目が設定される「対話型の告知画面(ドリルダウン方式)」を導入。これにより、告知の入力が容易になるとともに、契約引受の判断に必要な告知を正確に漏れなく受領することができるため、顧客の告知手続きにかかる負担(再告知・手戻り等)が軽減される。告知にかかる時間を約3割短縮。
▽ハンディスキャナの導入
 引受査定開始までの時間を1日以上短縮。
▽非定型OCRの導入
 エース・ウィズにハンディスキャナを接続し、手続き時に顧客の前で健診表を読み取る。これにより健診表を現物で預からず、イメージデータで受領するため、紛失による個人情報漏えいを防止するとともに、引受査定開始までの時間がスピードアップする。また、本社に送信された健診表イメージデータは、今回導入する「非定型OCR」という技術で自動的に検査項目ごとの数値をデータ化し、データベースに登録されるため、本社業務の効率化、引受の迅速化を実現。
▽査定エンジンの導入
 エース・ウィズで取得したドリルダウン方式の告知データから、引受可否・契約条件等を自動的に査定する「査定エンジン」を導入。これにより、本社での新契約業務を自動化することで、引受決定までにかかる時間を短縮。また、来年4月からは、告知手続き完了後、顧客にその場で引受可否や追加書類を案内可能となる。

メットライフ生命、契約者向け新サービス「乳がん検診コンシェルジュ」の提供開始 【2016/05/23】

NO.005670

 メットライフ生命は、5月23日から契約者向けの新サービスとして「乳がん検診コンシェルジュ」を開始した。これは、昨年に開始した女性顧客に特化したサービス「MetLife Club BeGin ビジン」による乳がん検診施設の紹介から専用コールセンターによる相談受付・予約代行まで総合的に提供する新サービス。
 乳がん検診施設の紹介だけでなく、自身の乳房の個性にあった検診方法や、専用コールセンターでサポートする取り組みは生保業界初。開始当初は都内15施設からスタートし、順次全国拡大していく予定である。

第一生命、持株会社体制移行に伴いグループロゴを決定 【2016/05/20】

NO.005650

 第一生命では、10月の持株会社体制移行に伴い、第一生命グループのグループロゴを決定した。複数のデザイン案の中から、国内外グループ会社の役職員による投票を行い、最も支持を集めたものを選んだ。
 グループロゴは、古代西洋の「盾」のフォルムに「地球」を表すデザインを加えることで、「グローバルに展開する国内外の第一生命グループ会社が一丸となって、お客さまを災厄からお守りする」という意思を表現。加えて、地球の緯線においてゆるやかな右肩上がりのカーブを表すことで、「お客さまの明るく輝かしい未来と、お客さまの『一生涯のパートナー』であり続けるために成長していく第一生命グループ」を表している。
 このロゴは、グループ各社のホームページやパンフレット等を中心に順次使用していく。また、サウンドロゴ(ロゴに音声・アクションを加えたもの)を各種テレビCMの冒頭に組み込み放映する予定。

マニュライフ生命、社会貢献もできるウォーキングアプリの提供開始 【2016/05/19】

NO.005651

 マニュライフ生命は5月19日、心身の健康(ウェルネス)促進をテーマとした新たな社会貢献活動の取り組み「Manulife Wellness Lab(マニュライフ ウェルネス ラボ)」をスタートし、その最初のプログラムとして、健康増進のためのウォーキングを促す無料アプリ「Manulife WALK(マニュライフ ウォーク)」の提供を開始した。
 「マニュライフ ウォーク」は、健康増進にもつながる「歩く」をもっと楽しくするアプリ。ユーザーが歩数を記録したり、散歩コースを設定したり、またそれらをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有することができるなど、歩くことを楽しみ、習慣化するための工夫をこらした機能が搭載されている。
 また、アプリには歩くだけで靴を寄付できる機能があり、気軽に社会貢献活動に参加できる仕組みとなっている。寄付を希望するユーザーの歩数が同社の設定する目標に達すると、カンボジアの子どもたちへ靴が寄贈される。2016年はカンボジアの子どもたちのために2000足を用意しており、17年以降も継続していく。
 なお、「マニュライフ ウェルネス ラボ」は、同社が取り組む、心身の健康(ウェルネス)促進をテーマにした新たな社会貢献活動の名称。初年度の取り組みとしては、ウォーキングアプリのほかに、WEBサイトを開設し、正しい歩き方などウォーキング関連のコンテンツを含む、心身の健康に関する様々な情報を発信していく。

アクサダイレクト生命、日本ボッチャ協会の公式パートナーに 【2016/05/19】

NO.005652

 アクサダイレクト生命は、一般社団法人日本ボッチャ協会(大阪府羽曳野市、奥田邦晴代表理事)とシルバーパートナー協賛契約を締結した。
 ボッチャという競技は、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技で、障がいによりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できるという点が最大の特徴。ヨーロッパで生まれ、もともとは重度の脳性麻痺や四肢に機能障がいがある人のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目となっている。
 今後、アクサダイレクト生命では、ボッチャの魅力を解説したWebサイトの開設や、社員向けのボッチャ体験教室の実施、主な国内大会への応援などのサポート活動を予定している。

大同生命、契約者配当金積立利率等を改定 【2016/05/18】

NO.005653

 大同生命は5月18日、現在の運用環境や市中金利動向等を踏まえ、契約者配当金積立利率等を引き下げると発表した。実施時期は6月1日。改定内容は次のとおり。
▽改定後の利率
○契約者配当金積立利率:0.05%(現行0.1%)
○保険金据置利率…据置期間1年以上:0.01%(同0.05%)、据置期間1年未満:0%(同0.03%)
○給付金据置利率:0.01%(同0.05%)
○前納積立利率:0.07%(同0.25%)
▽前納割引利率:0.07%(同0.25%)

太陽生命、「ひまわり認知症治療保険」「認知症治療保険」が5万件達成 【2016/05/18】

NO.005654

 太陽生命は5月18日、今年3月から販売している「ひまわり認知症治療保険」「認知症治療保険」の合計販売件数が、16日時点で5万件に達したと発表した。

マニュライフ生命、税理士法人紹介など相続サポートサービスを全国で導入 【2016/05/17】

NO.005636

 マニュライフ生命は、税制改正により高まっている相続に関する情報提供や、助言のニーズに応えるため、契約者などを対象に、プランライト・アドバイザー(自社営業職員)チャネルにおいて「相続サポートサービス」の全国展開を4月1日から開始した。
 同社の契約者や保険加入を検討中の人を対象に、被相続人や相続人が希望する内容に応じて、同社が提携する税理士法人等と連携し、相続全体に関するコーディネートを行う。具体的には、相続に関する事前対策や相続税の申告の要否など、どのような手続きが必要かなどを整理し、顧客の悩みや問題解決のサポートを行う。
 相続コーディネートの結果、必要に応じて税理士法人は、相続に関する各種手続きや遺産分割協議書の作成、相続税申告をサポートする。同社から紹介することにより、税理士の初回相談は無料となるほか、その後のサービス利用に対する費用に対し同社からの紹介割引が適用される。また、相談内容によっては、同社の職員が相続対策のポイントや賢い相続のための保険活用などの相談に対応する。
 このサービスの導入にあたり、同社の全国の営業拠点において、新たに相続に関する知識を備えた「相続サポート・プランライト・アドバイザー」を配置。プランライト・アドバイザーもコーディネートを行うが、相続サポート・プランライト・アドバイザーは、相続関連のトレーニングを受けており、より詳しい相談や税理士法人等とのコーディネートを行うことが可能。
 これまで首都圏ではプランライト・アドバイザーを介して同様のサービスを提供してきたが、4月から全国展開することになった。

日本生命、アジアクレジットファンドへ投資 【2016/05/16】

NO.005634

 日本生命は5月16日、シュローダー・インベストメント・マネジメント(シンガポール)Ltd(Schroder IM社)が運用するアジアクレジットファンドに対して、9300万米ドル(約100億円)の投資を実施することにしたと発表した。
 Schroder IM社は、世界有数の資産運用会社であり、債券投資領域においてもグローバルに豊富な経験と実績を有するシュローダーplc(Schroders社)傘下にある。日本生命は、これまでもSchroders社との投資合弁会社をロンドン、シンガポールに設立するなど、友好的な関係を築いてきた。
 Schroder IM社の運用する同ファンドは、成長著しいアジア社債マーケットにおいて適格社債を中心とした投資を行うもので、投資案件評価にあたっては投資収益やリスクだけでなく、環境・社会・ガバナンス(ESG)の視点にも考慮したものとなっている。
 日本生命は、これまでもクレジット投資の分野において、ESG投資で先行する欧州を中心に、パリ市が初めて発行したグリーンボンドや英国ロンドン交通局が発行する環境配慮型債券への投資等を通じ、ESG領域への投資に積極的に取り組んできた。アジア地域におけるクレジットファンドでESGの視点に考慮したものは希少であり、同社にとっても初めての投資となる。

第一生命、すえ置金等の利率を引き下げ 【2016/05/16】

NO.005635

 第一生命は5月16日、現在の運用環境、市中金利動向等の状況を踏まえ、7月1日から、すえ置金等の利率を引き下げると発表した。改定内容は次のとおり。
▽改定後の利率
○すえ置金の利率:年0.01%(現行0.3%)
○年金積立金の利率:年0.01%(同0.3%)
○契約者配当金積立利率:年0.01%(同0.3%)
資料請求をする
1 2 60 61 62 64 66 67 68 325 326


提供元:新日本保険新聞社