生命保険業界ニュース

491~500件(全3804件)
1 2 46 47 48 50 52 53 54 380 381


ニュース一覧

太陽生命、HDI-Japan主催の「問い合わせ窓口格付け」で最高評価の『三つ星』を獲得 【2017/11/08】

NO.007079

太陽生命は、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する2017年度生命保険業界「問い合わせ窓口格付け」において、同社お客様サービスセンターが最高評価の「三つ星」を獲得した。
同社では、平成26年度より、「シニアのお客様に最もやさしい生命保険会社になる」ことを目指して「ベストシニアサービス(BSS)」をスタートし、シニアのお客様の利便性向上に向け、サービス・商品・制度・帳票・ホスピタリティ等あらゆる面を「シニアのお客様視点」で見直し、改革・改善に取り組んでいる。
その一環として、お客様サービスセンターにおいても、より一層お客様に満足してもらえるよう、お客様応対力の向上に取り組んでいる。
今回の「三つ星」獲得は、お客様視点を重視した同社の以下のような取組みが評価されたもの。
・「電話はすぐにつながり、とても丁寧な対応で、声のトーンや説明の仕方もとても分かりやすく、もっと色々と聞いてみたいと感じた」。
・「保険の専門用語が分からなくても、質問の組み立てを誘導する対応もあり、寄り添いが感じられかつ丁寧でとてもよい」。

ネオファースト生命が2017年度第2四半期の苦情件数および対応状況を公表 【2017/11/07】

NO.007038

ネオファースト生命は、2017年度第2四半期(2017年7月~9月)にお客さまから寄せられた苦情の件数、内容および対応状況を公表した。
対象となる苦情の定義は、お客さまからの同社への申し出事項のうち、同社の業務全般に起因して不満の意を表明したもの、および業務上の法令違反行為をいう。同社に直接申し出のあったもの、および、代理店、国民生活センター、消費生活センター、生命保険協会・監督官庁等を経由して当社に連絡が入ったものを含む。

2017年度第2四半期(2017年7月~9月)の状況は次のとおり(〈 〉内は前年度 同期)。
・新契約関係(新規の加入)
申込書の記入方法や保険証券の送付時期について
76件(47%)〈26件(31%)〉
・収納関係(保険料の支払)
保険料が指定口座から引き落とされていない
9件(11%)〈23件(14%)〉
・保全関係(契約内容の変更等の手続き)
契約が自動的に更新されている、書類の記入方法がわからない
12件(7%)〈14件(16%)〉
・保険金関係(保険金・給付金等の支払)
保険金の支払い時期について、保険金・給付金の支払いケースについて
16件(10%)〈14件(16%)〉
・その他
保険料控除について
35件(22%)〈22件(26%)〉
・合計
162件(100%)〈85件(100%)〉

SBI生命がFIT2017(金融国際情報技術展)にてセミナーを開催 【2017/11/07】

NO.007042

SBI生命は、株式会社ミックと共同で、10月27日にニッキン主催のFIT2017(金融国際情報技術展)において「SBI生命の帳票領域のフィデューシャリー・デューティーを意識した取組み」と題するセミナーを開催した。
金融機関向け帳票ソリューションを展開するミックが提供する「Open!PrintXML」を活用した同社の「顧客中心主義に基づく業務運営」の定着に向けた取組みについて、2017年6月から販売を開始した団体信用保険の帳票分野での事例を交えながら紹介した。
お客様に「わかりやすい」帳票を使ってもらうため、ユニバーサルデザインに配慮しつつ、必要とする記入欄・商品欄等を「Open!PrintXML」により部品化しデータ管理することで、可変レイアウトによる帳票作成を可能とした。これにより、帳票生成に伴う管理効率が大きく向上し、システム開発期間の大幅短縮とコスト削減につながった。
セミナーでは、同社の執行役員兼IT部長の池山徹氏とミック代表取締役の細川謙三氏がスピーカーとなり、実例のデモンストレーションを交えて紹介した。

大同生命、札幌ビル建築計画の概要が決定 【2017/11/07】

NO.007041

大同生命が札幌市中央区北三条西3丁目において進めている大同生命札幌ビル建築計画の概要がまとまった。 平成30年春に新築工事を着手し、平成32年(2020年)春に竣工予定。
この計画は、「札幌大同生命ビル」および隣地ビルと一体で建替を行うもの。計画地は、札幌市中心部の主要道路である「札幌駅前通」と「北三条通」が交差する「北三条交差点」に位置し、金融機関や大手企業のオフィスが集積する業務機能の中心地区であるとともに、商業機能の集積エリアでもある。
建替により、建物全体の耐震性、防災性、機能性の向上、省エネルギー化等を推進。また、「にぎわいの創出」や「札幌駅前通地下歩行空間への接続」などの地区計画に適合する建築計画とすることで、札幌市が進める都心まちづくり計画への貢献を図るとともに、市民が利用できる施設の整備を通じて、更なる地域活性化の一端を担っていく。
【計画概要等】
所在地:札幌市中央区北三条西3丁目1-1ほか
主要用途:事務所、店舗
敷地面積:約2,020㎡(約611坪)
延床面積:約24,000㎡(約7,260坪)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
階数:地上14階、地下1階
交通:JR「札幌」駅徒歩5分、地下鉄南北線「さっぽろ」駅徒歩2分(「札幌駅前通地下歩行空間」に直結)
※計画概要は、変更となる可能性がある。

三井住友海上あいおい生命が2017年度HDI格付けベンチマークで3部門で三つ星を獲得 【2017/11/07】

NO.007040

三井住友海上あいおい生命は、HDI-Japanが主催する2017年度HDI格付けベンチマークにおいて、「問合せ窓口(電話)」「モニタリング」
「Webサポート」の3部門で最高評価の三つ星を獲得した。
この格付けは、HDIの定める国際基準に基づいて、審査員が顧客視点で電話対応とオフィシャルホームページを評価し、それぞれについて「
三つ星」から「星なし」の4段階で格付けするもの。
なお、同社の三つ星獲得は、「問合せ窓口(電話)」部門で2年連続、「モニタリング」「Webサポート」部門では3年連続となる。

メディケア生命が「イマドキ男女の結婚観に関する調査2017」結果を発表 【2017/11/07】

NO.007039

メディケア生命は、「イマドキ男女の結婚観に関する調査2017」をインターネットリサーチにより9月29日~10月2日の4日間に実施し、全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚の男女1,000名の有効サンプルを集計した(調査協力:ネットエイジア株式会社)。
主な調査結果は次のとおり。
・イマドキ男女は何歳までに結婚したい?
平均は32.1歳
・イマドキ女性が結婚相手に望む年収、平均額は
546.6万円
・こんなプロポーズは嫌!
三大ダメダメプロポーズは「酔っ払って」「LINEやメールで」「フラッシュモブ」
・許せない結婚後の変化
「金遣いが荒い」「浮気・不倫」「乱暴」「ギャンブル」「子育てに無関心」
・理想のパートナーのイメージに合う芸能人
1位は「新垣結衣さん」と「高橋一生さん」

日本生命、インド初となる資産運用会社を上場 【2017/11/06】

NO.007043

日本生命の関連法人である資産運用会社リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社は11月6日、インドのナショナル証券取引所およぼボンベイ証券取引所へ株式上場を行った。これにより同社はインドにおける初の上場資産運用会社となった。なお、日本生命では2012年8月の資本参加以来、取締役(非常勤)および駐在員を派遣し、投資商品の相互供給や運用委託等、グループシナジーを生かした企業価値向上に努めてきた。

第一生命、待機児童対策・保育所等助成事業の助成先を決定 【2017/11/06】

NO.007045

第一生命が出捐した一般財団法人第一生命財団は、この度、第5回(2017年度)「待機児童対策・保育所等助成事業」の助成施設を決定した。 応募対象は、待機児童数が100人以上いる都道府県において、2016年4月~2017年4月末日までに開園した保育園および認定こども園で、2017年5~7月の募集期間中に236件の応募があった。厳正なる選考の結果、44件、助成総額2998 万円(申請額)の助成を決定した。

第一生命、島根県と包括連携協定を締結 【2017/11/06】

NO.007044

第一生命は11月6日、島根県と健康増進及び地域の一層の活性化と県民サービスの向上を目的として包括連携協定を締結した。同社では、ネオファースト生命、第一生命経済研究所等と協力しながら、全国47都道府県と結ぶ連携協定を通じて地域の課題解決に取り組んでいる。島根県においては、2013年7月から、「がん検診啓発協力事業所」登録を行い、がん検診受診率向上に向けた取組みを行うとともに、子育て応援活動などを通じて、県民の皆さまの健康増進と、子育てが安心できる暮らしの実現に向けた協働に取り組んできた。 今般、8分野にわたる包括連携協定を締結することで、県民の皆さまの「健康」と「安心」を支えるための連携・協働を更に深化させ、双方共通の思いである「地域の一層の活性化」と「県民サービスの向上」を目指していく。

PGF生命、滋賀銀行で米国ドル建終身保険(保険料円払込型)を販売開始 【2017/11/02】

NO.007046

PGF生命は、11月2日から滋賀銀行において、米国ドル建終身保険(保険料円払込型)「円ぴた終身US」の販売をしている。この商品は、低金利が続く今、「外貨建ての商品にも興味はあるけど、やはり使い慣 れた「円」で一定額の保険料を払い込める方がよい」というニーズに応えた、新しいタイプの終身保険である。一定額の円による払い込みで、米国の利率を活かした高い保障を確保することができ、介護へのそなえも可能である。
資料請求をする
1 2 46 47 48 50 52 53 54 380 381


提供元:新日本保険新聞社