生命保険業界ニュース

41~50件(全49件)
1 2 3 5 Next →


2017年07月

生命保険協会、「保育士養成給付型奨学金制度」を新設 【2017/07/05】

NO.006662

生命保険協会では、平成29年度から、保育士の養成を支援する目的で、「保育士養成給付型奨学金制度」を新設した。
この活動は、保育の専門職として活躍を期待される保育士を目指す学生に対して奨学金の支給を行うもの。
今般、その第1回の奨学生として67名を採用し、一人当たり年間24万円(月額2万円)、総額1,608万円の給付型奨学金(原則、返済義務無し)を支給することを決定した。
国家的課題である待機児童問題の解消に向け、政府の成長戦略等でも保育人材の確保に総合的に取り組む中、当会では、本奨学金制度を通じて、保育の受け皿拡大・整備に伴い必要となる、保育人材の輩出に貢献していく。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が本社内に革新的なトレーニングセンターを開設 【2017/07/04】

NO.006621

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、本社ビル内に「ひまわりトレーニングセンター」を開設し、お客さま本位の業務運営定着に向け、社員の育成体制を強化する。
同社は、中期経営計画において、生命保険のその先、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を進めている。昨年9月には、健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を立ち上げ、「健康を軸にした新たなサービス」と「そのサービスが一体となった商品」を「新たな価値を提供する募集人」がお客さまへ届ける、三位一体のビジネスモデルの構築を目指している。
この三位一体のビジネスモデルの実現には、最適な保険提案に加え、健康な生活をサポートする専門性の高い募集人「HL※アドバイザー」の輩出が必要不可欠となる。
そこで、お客さま本位の業務運営をより一層推進し、「HLアドバイザー」を輩出する社員を育成するため、「ひまわりトレーニングセンター」を開設した。
「ひまわりトレーニングセンター」の特徴としては、最先端のICTを活用した設備を導入し、社員のレベルに合わせ複数の研修が同時に開催できる会議室や、モニターを完備した実践的なロールプレイングが可能なプライベートブースを設置している。
また、研修効果を高める受講者専用のリフレッシュルーム(フリースペース)も配備している。
※「HL」は、「Himawari Life(ひまわり生命)」、「Health&Linkx(リンククロス:同社が運営する健康サービスブランド)」の意味。

富国生命が「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」の一部内容を更新 【2017/07/04】

NO.006622

富国生命は、7月4日に開催された第95回定時総代会の決議内容を踏まえて、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」の一部内容を更新した。
上場株式会社を対象に平成27年6月から「コーポレートガバナンス・コード」が適用された。相互会社である富国生命はこの適用対象ではないが、コーポレートガバナンスに対する考え方およびその充実に向けた取組みを示すために任意で対応することとしており、「コーポレートガバナンス基本方針」を制定し、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」と共に公表し、この基本方針に基づき、実効的かつ効率的なコーポーレートガバナンスを実現していく。
また、平成28年度決算公告(貸借対照表・損益計算書および「第95回定時総代会開催結果のお知らせ」をホームページに掲載した。

明治安田生命が高齢者等へのアフターフォローの取組み状況を発表 【2017/07/04】

NO.006623

明治安田生命は、高齢者等へのアフターフォローの取組みである「MY長寿ご契約点検制度」と「MY安心ファミリー登録制度」の実施状況およびパンフレット「『MY長寿ご契約点検制度』の取組みについて」の発行について発表した。

1.「MY長寿ご契約点検制度」2年間の取組状況
2015年4月の制度創設以降の2年間で、往復はがきや電話での応対、職員による直接訪問を重ね、約18万人の対象のお客さまに「連絡先の変更は必要ないか」「保険金請求の手続きが必要か」等の確認活動を実施した。
このうち、約17.6万人(97.0%)の契約を確認(請求確認)することができ、要望に沿い、約4,000件の各種手続きに対応した。
特に、90歳以上の約2.9万人については、職員の直接訪問等により、99.6%の契約の確認(請求確認)をすることができ、保険金・給付金の支払い、連絡先や契約の名義人の変更等の手続きに対応した。
この制度を通じ、さまざまな意見を聞き、2016年には、わかりやすい表現や文字を大きくする等のはがきの改訂を実施し、制度をより理解してもらえるよう改善を図った。

■パンフレット「『MY長寿ご契約点検制度』の取組みについて」
当制度の取組みに賛同いただき対応いただいた約18万人のお客さまへの感謝をこめて、「MY長寿ご契約点検制度」の仕組みとこの2年間の運営、お客さまから寄せられた声などをまとめたパンフレットを作成した。
このパンフレットは、ホームページに掲載するとともに、MYライフプランアドバイザー(営業職員)を通じて希望するお客さまに届け、制度の理解促進に役立てていく。

2.「MY長寿ご契約点検制度」の実施状況(2016年度)
創設2年目となる2016年度は、対象のお客さま約9万人のうち約8.8万人(97.0%)の契約の確認(請求確認)をし、約1,600件の手続きに対応した。
特に、90歳以上のお客さま約1万人については99.6%の契約の確認(請求確認)をし、保険金・給付金の支払い、連絡先や契約の名義人の変更の手続きに対応した。

3.「MY安心ファミリー登録制度」の状況
今後ますます進む超高齢社会に備え、契約者との連絡が困難となった場合の確認先として、積極的に登録を進めており、制度開始から累計約130万人(うち65歳以上は約83万人)の登録をいただいた(2017年3月末時点)。
「MY長寿ご契約点検制度」の点検業務の際にも、連絡がつかない人について、第二連絡先を通じて122人にアクセスすることができた。

SBI生命が『クリック定期! 11か月連続No.1キャンペーン』を実施 【2017/07/03】

NO.006624

BI生命は、同社保険商品の『クリック定期!』が、株式会社アドバンスクリエイトが運営する国内最大級の保険選びサイト『保険市場』の生命保険ランキング死亡保険部門(資料請求)で11か月連続1 位(2016年7月~2017年5月)を獲得したことを記念し、7月1日(土)から『クリック定期! 11か月連続No.1キャンペーン』を実施している。
キャンペーン期間中、対象商品につき ①資料請求の申込み、見積もり後の基本情報登録、契約申込みのいずれかを実施いただいたお客様の中から抽選で10名様に「夏にうれしい快適グッズ」、②新規でご契約をいただいた方にはもれなく「2017年お薦めのお米」をプレゼントする。
※キャンペーンの詳細は、期間中に同社ウェブサイトに掲載されるキャンペーンページにて確認のこと。

かんぽ生命「第56回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」の開催及び平成29年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者の決定 【2017/07/03】

NO.006625

かんぽ生命とNHKおよびNPO法人全国ラジオ体操連盟は、「第56回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」を7月30日(日)に新潟県長岡市で開催する。
「1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」は、全国で”1000万人にも及ぶ人々に一斉にラジオ体操を行っていただく”という趣旨で、1962年(昭和37年)から毎年開催しており、今年で56回目となる。ラジオ体操は、1928年(昭和3年)に当時の逓信省簡易保険局が制定してから88年の歴史をもち、永きにわたり皆さまに親しまれている。また、みんなの体操は、1999年(平成11年)に国連の国際高齢者年にちなんで、「ユニバーサルデザイン」という考え方のもと、年齢・性別・障がいの有無を問わず、すべての人々が楽しく安心してできる体操として考案されたものである。
また、ラジオ体操・みんなの体操の普及推進の一環として、毎年、ラジオ体操の普及に功績のあった団体及び個人を表彰しており、このたび、平成29年度ラジオ体操優良団体等表彰の受賞者も決定している。
なお、全国表彰の表彰式は「第56回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」に引き続き、同市内の「ホテルニューオータニ長岡」において行われる。

ソニー生命が「Web 約款」(「ご契約のしおり・約款」のWeb 版)を導入 【2017/07/03】

NO.006626

ソニー生命は、7月2日より「ご契約のしおり・約款」のWeb版(以下、「Web 約款」)の提供を開始した。
「Web 約款」とは、インターネットを利用して同社ホームページ上で閲覧できる「ご契約のしおり・約款」で、顧客の利便性の向上のため、また、環境保全へも配慮し導入されるもの。今後、申込みの際には「ご契約のしおり・約款」について、CD-ROM版・冊子版に加えて、Web版の3種類から選択できる。
■「Web 約款」の特長
・同社のホームページ上でいつでも閲覧できる。
・CD-ROM版や冊子版のように保管は不要。紛失の心配も不要。
・お好みの文字サイズに拡大して閲覧できる。

チューリッヒ生命が「終身医療保険プレミアムDX」「終身ガン治療保険プレミアム」を武蔵野銀行にて販売開始 【2017/07/03】

NO.006627

チューリッヒ生命は7月3日から、武蔵野銀行の全営業店で「終身ガン治療保険プレミアム」、ほけんプラザ・さいたま新都心で「終身医療保険プレミアムDX」、「終身ガン治療保険プレミアム」の販売を開始している。
これにより、同社の商品を取扱う銀行は合計で19行となる。

明治安田生命が「『お客さまの声』白書2017」をホームページへ掲載 【2017/07/03】

NO.006628

明治安田生命は「『お客さまの声』白書2017」を発行し、同社ホームページに掲載している。
同白書は、お客さまからのご意見・ご要望等さまざまな「お客さまの声」をご報告するとともに、「お客さまの声」に基づいた業務改善取組みを紹介することを目的に2006年度から毎年発行しているもの。
資料請求をする
1 2 3 5 Next →


提供元:新日本保険新聞社