生命保険業界ニュース

461~470件(全3804件)
1 2 43 44 45 47 49 50 51 380 381


ニュース一覧

かんぽ生命、ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示 【2017/11/17】

NO.007098

かんぽ生命は、同社の現状をより理解いただくために、ヨーロピアン・エンベディッド・ バリュー原則(以下「EEV 原則」)に従って計算した2017年9月末におけるかんぽ生命のヨー ロピアン・エンベディッド・バリュー(以下「EEV」)を開示する。

第一生命、鉄道・運輸機構が発行するグリーンボンドへ投資 【2017/11/17】

NO.007097

第一生命は、このほど独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の発行するグリーンボンドへの投資を実施した。
グリーンボンドとは、環境事業に要する資金を調達するために発行する債券で、環境省が2017年3月に策定・公表した「グリーンボンドガイドライン2017年度版1」への適合性について、初めて環境省からの確認を取得した債券である。
同債券により調達された資金は、都市鉄道利便増進事業(神奈川東部方面線)に充当され、同事業では、公共輸送の拡充を行い、バスや自動車から同路線への旅客の移転を促すことで、二酸化炭素排出量の削減が見込まれている。同社は、同債券への投資を通じて安定収益を確保するとともに、環境問題の解決に繋がる本事業を資金面からサポートし、その進捗状況等を継続的にフォローしていく。
■本債券の概要
銘柄…第109回鉄道建設・運輸施設整備支援機構債券
年限…10年
発行額…200億円
発行日…2017年11月28日

第一フロンティア生命、年金原資運用実績連動保証型変額個人年金保険(通貨指定型)「プレミアベスト」を販売開始 【2017/11/17】

NO.007096

第一フロンティア生命は、2017年11月20日より、SMBC日興証券、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じて、年金原資運用実績連動保証型変額個人年金保険(通貨指定型)「プレミアベスト」を販売開始する。

PGF生命、静岡銀行で米国ドル建終身保険(保険料円払込型)を販売開始 【2017/11/16】

NO.007100

PGF生命は、11月16日より、静岡銀行にて、新商品となる米国ドル建終身保険(保険料円払込型)「円ぴた終身US」の販売を開始した。
「円ぴた終身US」は、低金利が続く今、「外貨建ての商品にも興味はあるけど、やはり使い慣れた「円」で一定額の保険料を払い込める方がよい」という声に応えた終身保険。一定額の円による払い込みで、米国の利率を活かした高い保障を確保することができ、介護へのそなえも可能とした。

オリックス生命、ペーパーレス申込手続きを開始 【2017/11/16】

NO.007105

オリックス生命は、11月16日より、申し込み時の顧客の利便性を高めるため「ペーパーレス申込手続き〈ORB(オーブ)*1〉」を導入した。
ORBは、申し込みや告知の入力・内容確認をPCなどの情報端末画面にて行い、電子署名で申し込みを完了させることが可能となるシステム*2。申し込み手続きに、自動査定システムを組み込むことにより、顧客が情報端末に入力した告知内容の査定結果(引き受け条件)を提示する。これにより、引き受けに条件が付く場合*3でも、その場で顧客に承諾の可否を決定してもらうことが可能となり、契約成立までの時間を大幅に短縮できる。申し込み内容の確認も行えるため、従来、紙での申し込み時に発生していた記入不備などが減少することで、スムーズな申し込み手続きを実現する。また、保険料を支払うクレジットカードの有効性の確認や預金口座の振替申込手続きが、申し込み時に同時に行うことが可能になる。
これらにより、これまで申込書類を提出してから契約成立まで数日を要していたが、今後は、最短で申し込みの当日に契約成立し、翌営業日に保険証券の発送が可能となる。
*1 ORB:ORIX Life(オリックス生命) Relationship(結びつき) Builder(作るシステム)の頭文字を集約させたもの。不安を安心に変える道のりをわかりやすく、簡便にすることで、「お客さま」、「募集人の皆さま」そして「オリックス生命」の繋がりを強めたい、そんな想いを表現しました。
*2 告知書扱いの場合に限ります。
*3 傷病歴がある部位を不担保とするケースなど。

住友生命、第5回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体を決定 【2017/11/16】

NO.007104

住友生命は、全国の学童保育や放課後子ども教室等(以下、学童保育等)をより楽しく、子どもたちにとってより成長できる場所とすることを目的とする「スミセイアフタースクールプロジェクト」を実施しており、4月より公募していた第5回「スミセイアフタースクールプログラム」の実施団体を決定した(第3次締切分)。
来年度の公募開始は平成30年4月を予定している。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、Linkx会員のサービス充実に向けたパートナーシップ契約締結 【2017/11/16】

NO.007103

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、生命保険のその先、「健康応援企業」への変革を目指し、健康サービスブランド「 (リンククロス)」を展開しており、今回、新たに2社とパートナーシップ契約を締結し、Linkx会員※1向けサービスを拡充する。
パートナーシップ契約会社の提供サービスの主な内容は以下のとおり。
■株式会社ユカシカド「尿で栄養状態が分かるVitaNote」
・栄養状態がわかるパーソナル栄養検査キット
・ビタミン・ミネラル・たんぱく質など15項目の栄養素ごとの過不足量を計測
・専門機関に行かず、尿を送るだけの簡単な検査
・Linkx会員なら、栄養検査サービスVitaNote 又は VitaNote-mama1回コースが半額(1回限り)
■株式会社NOMAL「専門家とココロの相談Reme」
・専門家による悩み事の解決をサポート
・PC、スマホ、LINEからいつでも相談可能
・匿名で利用できるので安心
・Linkx会員なら月額10%割引で利用可能
同社は「お客さま本位の業務運営方針」に「お客さまにふさわしい商品・サービスの提供」を掲げており、その実現に向け、健康サービスブランド「 (リンククロス)」のビジョンを共有する企業とパートナーシップ契約を締結し、Linkx会員向けに魅力あるサービスを提供していくエコシステムの形成を目指している。健康増進やライフイベントを充実させる企業と連携していくことにより、顧客と直接つながり、コミュニケーションをしていくことで、顧客一人ひとりにふさわしい商品・サービスを提供していく。
※1 健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」より展開するアプリの会員登録を行った状態を指す。

大同生命、フランス預金供託公庫のSRI債へ投資 【2017/11/16】

NO.007102

大同生命は、このたび、フランス預金供託公庫(正式名称:Caisse des Dépôts et Consignations、以下「CDC」)が発行する米ドル建てSRI債(Socially Responsible Investment債券)へ投資した。CDCはフランスの公共政策推進のため、公益に資する長期的な投融資等を行う公的金融機関。本債券は、CDCが本邦の機関投資家向けに初めて私募形式で発行するSRI債であり、調達資金は、CDCのグループ会社を通じ、環境に配慮した公共交通システムの運営事業等に活用される。
<本債券の概要>
債 券 名: 環境配慮型公共輸送債
格 付: S&P格付:AA、Fitch 格付:AA、Moody’s 格付:Aa2
償還期間: 10年
資金使途: CDCのグループ会社が行う、天然ガス・電気等のグリーンエネルギーが動力のバスをはじめとする、環境に配慮した公共交通システムの運営事業等

T&Dフィナンシャル生命、静岡銀行にて無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅰ型)の販売を開始 【2017/11/16】

NO.007101

T&Dフィナンシャル生命は、11月16日より、静岡銀行にて、『無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅰ型)~販売名称~「家計にやさしい終身医療」』の販売を開始した。「家計にやさしい終身医療」は、タバコを吸わない方の保険料を割り引き、日帰り入院・外来手術から保障するシンプルな医療保険。短期入院、生活習慣病、先進医療等への備えとする保障も取りそろえており、現在の医療制度や医療技術の進歩に見合った、顧客にとって必要な保障を選ぶことができる。

日本生命、鳥取県と「包括的連携協定」を締結 【2017/11/15】

NO.007106

日本生命と鳥取県は、11月20日に包括的連携協定「鳥取県と日本生命保険相互会社との包括連携に関する協定」を締結する。鳥取県と同社が相互に連携し、県の健康増進(特にがん対策)の支援や子育て支援、子ども・少年の健全育成等に取組み、地域の活性化及び県民サービスの向上に努めることを目的としたもの。
同社では、中期経営計画「全ぜん・進しん-next stage-」で、「人生100年時代をリードする日本生命グループに成る」をスローガンに掲げ、「子育て支援」「高齢社会対応」「ヘルスケア」を中心に、従来の保険の域を超えた「保険+α」の価値の提供に取組んでいる。
その具体策の一つとして長寿社会をサポートする『Gran Age(グランエイジ)プロ ジェクト』を展開し、商品・サービスの提供に加え、全役職員が地域社会への貢献活動を行っている。
今般の包括的連携協定の締結を契機に、「健康増進(特にがん対策)の支援」「子育て支援、子ども・少年の健全育成」「暮らしの安全・安心」等、幅広い分野で県と協力し、鳥取県の地域活性化及び県民サービスの一層の向上に取組んでいく。
○今回の協定項目
・健康増進(特にがん対策)の支援に関すること
・子育て支援及び子ども・少年の健全育成に関すること
・暮らしの安全・安心に関すること
・障がい者・高齢者の支援に関すること
・環境保全等に関すること
・その他、地域の活性化・県民サービスの向上に関すること
資料請求をする
1 2 43 44 45 47 49 50 51 380 381


提供元:新日本保険新聞社