生命保険業界ニュース

31~40件(全31件)
1 2 4 Next →


2012年09月

ソニー生命調べ、初めて人間ドックを受けたのは30代が最多 【2012/09/03】

NO.002517

 ソニー生命は、人間ドックを受診したことのある男女300人にアンケートを実施し、その結果をまとめた。それによると、初めて人間ドックを受診した年齢は、30歳~34歳が15.3%、35歳~39歳が27.0%と、30代が42.3%を占めた。人間ドックを受診したきっかけでは、「会社からの紹介」が61.0%だった。受けてよかったことは、「安心して生活できるようになった」が55.0%とトップで、「生活習慣を見直すようになった」という回答も41.7%あった。また、人間ドックを受けるのは、「年に1回」が53.0%となっている。
 今回の調査では、人間ドック経験者をピックアップするための予備調査(スクリーニング)も行ったが、全体の67.2%がまだ人間ドックを受診したことがなかった。理由は「費用が高い」が63.9%、「自分の年齢ではまだ必要がない」が26.7%、「時間がない」が24.5%だった。
資料請求をする
1 2 4 Next →


提供元:新日本保険新聞社