生命保険業界ニュース

31~40件(全3259件)


ニュース一覧

マニュライフ生命が『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに4金融機関で発売 【2017/10/02】

NO.006896

マニュライフ生命は、無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)『こだわり個人年金(外貨建)』を、武蔵野銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行の4金融機関を通じて発売している。
高齢化が進み定年退職の年齢が変化するなど、ライフスタイルが多様化するなか、リタイアメント後を見すえた経済的準備としての年金保険商品への需要がますます高まっているが、同商品は、公的年金、退職年金や退職一時金に加え、自身で将来に備えたいお客さまの資産形成ニーズに的確に応えるために開発された平準払の外貨建年金保険である。2015年7月に発売した同商品は、同社の金融機関チャネルにおいては、上記を含め現在34の提携先で販売されている。

マニュライフ生命、外貨建終身保険『こだわり外貨終身』を 営業職員チャネルで発売 【2017/09/29】

NO.006902

マニュライフ生命は、無配当外貨建終身保険(積立利率変動型)『こだわり外貨終身』を、10月1日にプランライト・アドバイザー(自社営業職員)を通じて販売している。
高齢化や定年退職年齢の変化に伴ってライフスタイルが多様化するなか、万が一への備えを確保しながら、将来 に向けて資金を準備できる終身保険商品へのニーズが高まっているが、『こだわり外貨終身』は、こうしたニーズに 応える終身保険である。円に比べて高い金利水準で推移している外貨で運用するため、充実した保障と資産形成効果が期待でき、特約の付加によって、特定疾病に備えることもできる。

オリックス生命 「セレクト勤務制度」「女性経営リーダー育成施策」の導入 【2017/09/29】

NO.006910

オリックス生命は、働き方改革の一環として新たに「セレクト勤務制度」「女性経営リーダー育成 施策」を2017年11月より開始する。
同社は、保有契約件数が11期連続で2桁の伸び率を達成し、社員数は直近 3年間で約2倍となるなど急速に業容を拡大しているが、今後も成長を続けていくためには、 より一層の働き方の多様化を促進する必要があると考えている。 「セレクト勤務制度」は、育児や介護を理由にフルタイムでの勤務や週5日の勤務が難 しい社員を対象に、週20時間以上の勤務時間、かつ週3日以上の勤務日数を条件として、①勤務日数②曜日③勤務時間④始業・終業時刻を自由に選択できる制度である。これにより、週休4日とすることも可能となる。
また、女性社員の上級管理職・経営層への登用拡大を目指す施策として「女性経営リー ダー育成施策(オリックス生命 Women’s Leadership Program)」<「経営基礎研修(MBA体験)」「メンタリング・プログラム(課題解決訓練)」>を導入する。9か月間にわたる 外部講師による研修などを通して、主体的なキャリアの構築や経営的視座を養うことを目指すとしている。

オリックス生命、宮崎牛プレゼントキャンペーンを実施 【2017/09/29】

NO.006909

オリックス生命、2017年10月1日より『オリックス生命 宮崎牛プレゼントキャンペーン』を実施している。
同キャンペーン期間中に、オリックス生命が通信販売で取り扱っている全10商品のうち、いずれかの資料を請求した方の中から抽選で100名様に「宮崎牛すきやき用モモ肉 240g」をプレゼントする。
・キャンペーン期間:2017年10月1日(日)~2017年11月30日(木)
・資料請求方法:電話・ハガキ・FAX・ウェブサイトによる資料請求
・応募方法:資料請求時に自動的にエントリーされるため応募手続きは不要

住友生命が『プレミアム“カラダ”フライデー RUN』 に特別協賛 【2017/09/29】

NO.006908

住友生命は、『スミセイ バイタリティ アクション Presents プレミ アム“カラダ”フライデーRUN』(主催:プレミアムフライデー推進協議会)に特別協賛する。 住友生命は健康増進型保険「Vitality」というお客さまがより健康になることをサポートするウェルネスプログラムを組み込んだ保険商品を2018年に発売する予定であるが、本年度より創業110周年の感謝の気持ちを込めて、健康増進をテーマにした新たな社会貢献事業「スミセイバイタリティアクション」を実施し、「Vitality」事業、健康経営の3つの柱で、お客さま、社会、職員とともに共有価値を創造する「CSVプロジェクト」に取り組んでいる。「月末の金曜日は、早めに仕事を終えて豊か・幸せに過ごす」という官民連携アクション「プレミアムフライデー」。住友生命は、2017年11月より新たに始まる、月に一度”カラダ”のメンテナンスを考える「プレミアム“カラダ”フライデー」に趣旨賛同し、第1回目となる11月24日(金)の皇居ランイベント『スミセイ バイタリティ アクション Presents プレミアム“カ ラダ”フライデー RUN』に特別協賛する。

ソニーライフ・エイゴン生命、変額個人年金保険を 静岡県労働金庫で販売 【2017/09/29】

NO.006907

ソニーライフ・エイゴン生命は、静岡県労働金庫を通じて、2017年10月2日より変額個人年金保険「ウイニングロードⅤ」を販売している。
■特徴と内容
①契約の最短1年後から、被保険者の一生涯にわたって、毎年年金を受け取れる。※申込時に指定した据置期間を、1~35年の所定の範囲内で見直し可能。
※積立金額がゼロになった場合でも、被保険者の一生涯にわたって年金を受け取れる。
②一時払保険料相当額が最低保証される。(被保険者が死亡した場合、死亡一時金または死亡給付金を受け取れる)
③年金額をふやす3つの機能がある。
ロールアップ機能:据置期間中、運用実績に関わらず、基本年金算出基準額は毎年、基本給付金額(一時払保険料)の 0.1%ずつ増加する。(最長35年間)
ステップアップ機能:据置期間中、毎年の契約応当日前日の積立金額がロールアップした基本年金算出基準額を上回るとき、その積立金額が基本年金算出基準額となる場合がある。
加算年金:年金支払期間中、毎年の年金支払日前日の積立金額が所定の金額を上回る場合は、その上回った額 を加算年金額として、その年の基本年金額に上乗せして支払う。
④特別勘定は、価格変動のリスクを一定に保つため資産配分比率を毎営業日見直す仕組みを備え、大切な資産を安定的にふやすことを目指す。

第一フロンティア生命、野村證券を通じて、積立利率変動型終身保険を販売 【2017/09/29】

NO.006906

第一フロンティア生命は、2017年10月2日より、野村證券を通じて、積立利率変動型終身保険(17)(通貨指定型)「第一フロンティア終身保険(円建/外貨建・無告知型)」を販売している。

第一フロンティア生命、5金融機関において、積立利率変動型終身保険を販売 【2017/09/29】

NO.006905

第一フロンティア生命は、2017年10月2日より、秋田銀行、京葉銀行、東和銀行、西日本シティ銀行、百五銀行を通じて、積立利率変動型終身保険(17)(通貨指定型)「プレミアプレゼント」を販売している。

大同生命、中堅・中小企業等に経営支援を行うファンドへ投資 【2017/09/29】

NO.006904

大同生命は、このたびライジング・ジャ パン・エクイティ株式会社が設立した「ライジング・ジャパン・エクイティ 第二号投資事業有限責任組合への投資を決定した。
同ファンドは、国内の中堅・中小企業に対する成長資金の供給と各種経営資源の提供を通じて、事業承継・事業拡大・海外展開等によりさらなる成長を目指す企業に対し、幅広い経営支援を行う。 また、本ファンドは、独立行政法人中小企業基盤整備機構 (理事長 高田坦史、以下「中小機構」) が中小企業の成長を支援するために投資するファンドのひとつである。なお、当社は中小機構の各地域本部と業務提携を行っており、中小企業の経営支援に協力して取り組んでいる。

太陽生命、「100歳時代年金」テレビCMを全国で放映開始 【2017/09/29】

NO.006903

太陽生命は、平成29年10月より発売する新商品「100歳時代年金」をご紹介するテレビCMを10月2日(月)より全国で放映している。
①「100歳時代年金/100歳以上人口グラフ」篇
本格的な超高齢社会「人生100歳時代」の到来が見込まれる中、太陽生命は「人生100歳時代」に備える保険「100歳時代年金」を発売します。本CMでは「100歳以上人口グラフ」をモチーフにして、長生きできる方がどんどん増えていることを印象的に見せることで、視聴された方々が「人生100歳時代」の到来を身近に感じられる内容としている。
②「100歳時代年金/人間50年×2」篇
幸こう若わか舞まいの演目の一つ『敦あつ盛もり』の一節「人間五十年」を好んだといわれる織田信長。 「人生100歳時代」 とは、当時の倍も生きることを意味している。 「人生100歳時代」を迎えるインパクトを『敦盛』を演じる信長を通じて表現している。
資料請求をする


提供元:新日本保険新聞社