生命保険業界ニュース

291~300件(全3031件)
1 2 26 27 28 30 32 33 34 303 304


ニュース一覧

メットライフ生命、新営業支援システムで申し込み手続きをペーパーレス化 【2016/09/27】

NO.005953

 メットライフ生命は、申し込み手続きをペーパーレス化する新営業支援システム「MetLife e-Mirai(メットライフ イーミライ)」の提供を開始した。「ペーパーレスによる簡単で正確な手続きの実現」「申し込み手続きの自動化・標準化による透明性の向上」「契約成立までの期間の早期化」などが特長。
 同システムは、顧客に寄り添い、話し合いながら、顧客の「いい未来」のための保険プランを一緒に設計するためのデジタルツールである。従来、紙で行っていた申し込み手続きについてタブレット端末などを利用し、システム上で完了させることが可能になる。顧客に直接閲覧してもらう画面は読みやすく、わかりやすいデザインとした。また、様々なシミュレーションの結果をその場で顧客に確認してもらえるため、納得のいく保険選びがより身近になる。
 契約手続きの簡素化により複数書類への署名が1回の電子署名で済み、タブレット端末でクレジットカード払いも完結できるなど、顧客の利便性を飛躍的に向上させた。健康状態について告知してもらう際などにおいて、必要な項目が入力されていなければ処理を進められず、正確で漏れのない申し込みや告知が実現できる。これらにより、申し込み手続きの時間が短縮され、また契約の成立と保険証券到着が早期化される。実際の期間は顧客の状況により変動するが、標準的な申し込み手続きは約15分で完了し、契約の成立は5営業日以内と大幅に短縮される。

かんぽ生命、資産運用部門の機能強化図る 【2016/09/27】

NO.005954

 かんぽ生命は、資産運用部門の機能強化を図り、10月1日付で組織改正を実施する。具体的には、運用手法の多様化による運用収益の向上を図るため、資産運用部門をオルタナティブ等の新たな資産の運用を専門的に担当する「運用開発部」と、主として伝統的資産の運用を担当する「市場運用部」に機能再編し、資産特性に応じた態勢構築を行うことで資産運用部門の機能強化を図る。

日本生命、営業職員使用の携帯端末に新システム「まごころナビ」を導入 【2016/09/26】

NO.005923

 日本生命は9月26日、約5万人の営業職員が使用する携帯端末「REVO」に、新システム「まごころナビ」を導入した。加入後、結婚や就職など顧客のライフイベントに伴って必要となる手続きについて、同システムを活用することで大きく利便性を高めることができる。
 「まごころナビ」では、ライフイベントごとに必要と考えられる手続きを一覧で表示し、顧客に現在の契約内容を確認してもらいながら、それぞれの手続きについて漏れなく案内する。また、とくに利用実績の多い20種類の手続き(2015年度実績:約470万件)について説明を充実させ、よりわかりやすくスムーズな案内が可能となる。
 さらに、従来、書面でのみ対応していた「受取人の変更」「指定代理請求人の変更」「契約者・被保険者の改姓」「送金口座(取引口座)の変更」の4つの手続き(同約92万件)について、ペーパーレスを実現。「まごころナビ」の画面に沿って必要な項目を入力してもらうことで、これまで約1週間要していた手続きが最短で翌日に完了する。
 なお、同社では「まごころナビ」(ライフイベントが発生した顧客に必要な手続きを漏れなく案内する仕組み)について特許出願中である。

東京海上日動と東京海上日動あんしん生命、超保険「まとめて割引」を拡充 【2016/09/26】

NO.005924

 東京海上日動と東京海上日動あんしん生命は、両社が共同開発し、販売する生損保一体型保険「超保険」について、10月からまとめて割引を拡充し、損保の割引対象種目・割引率を拡大するとともに、業界初となる「生保まとめて割引」を導入する。
 超保険は、2002年6月発売の東京海上グループの生損保一体型戦略商品。補償(保障)をまとめて契約することによって、(1)補償(保障)のモレ・ダブリの解消、(2)家族単位での保険契約全体の一元管理、(3)保険料負担額の軽減(まとめて割引)が可能となる。「まとめて割引」について、長期火災や生保への割引導入の要望が数多く寄せられていたこともあり、今回改定することにした。
◆改定概要
(1)超保険・損保および超保険・長期火災のまとめて割引
 超保険・損保の始期(更新)時点で、一定の金額以上の補償を3種類契約する場合、超保険・損保の割引率を2%から3%に拡大する。また、超保険・長期火災の始期(更新)時点で、所定の条件を満たす超保険・損保契約が締結されている場合、超保険・長期火災の保険料を1%割り引く。
(2)超保険・生保のまとめて割引
 業界初となる「生保まとめて割引(正式名称:初年度保険料の割引に関する特約)」を導入し、超保険・生保契約の申し込み時点で、所定の条件を満たす超保険・損保契約が締結されている場合、生保契約の初年度の保険料を2%割り引く。すでに超保険・損保契約を契約している顧客が、新たに超保険・生保契約を契約する場合、本人だけではなく家族の生保契約についても割引が適用される。

朝日生命、個人保険の予定利率引き下げ 【2016/09/23】

NO.005925

 朝日生命は9月23日、現在の市中金利の動向等を踏まえ、個人保険の予定利率を引き下げると発表した。具体的には、毎年配当タイプの「新こども保険」について現行の1.00%から0.25%に、5年ごと利差配当タイプの「普通終身保険(低解約返戻金型)」「引受基準緩和型終身保険(低解約返戻金型)」「7大疾病終身保険(低解約返戻金型)」について1.15%から0.30%にそれぞれ改定する。契約日が10月3日以降の契約から適用される。

第一生命ベトナムがCSR財団を設立 【2016/09/23】

NO.005927

 第一生命の100%出資子会社である第一生命ベトナムは、CSR財団「For A Better Life Fund」を設立し、9月20日にハノイ市で記念式典を開催した。
 第一生命ベトナムでは、健康、環境、教育、地域コミュニティー支援等の観点からCSR活動を実施しており、これらの支援を中長期的な観点で実施することで、ベトナム社会へのさらなる貢献を実現するため、同財団を設立した。同財団には第一生命から100億ベトナムドン(約4600万円)の寄付金を拠出している。
 2007年に開業した第一生命ベトナムは、同国生保市場の著しい発展を上回るスピードで成長しており、市場シェア(年間保険料等収入ベース)は開業当初の4.4%(07年)から9.3%(15年)にまで拡大している。

大同生命、コンタクトセンター・アワード2016で最優秀ストラテジー部門賞を受賞 【2016/09/23】

NO.005926

 大同生命は、コールセンター運営における優れた取り組みと成果を表彰する「コンタクトセンター・アワード2016」(主催:株式会社リックテレコム・コールセンタージャパン編集部、共催:イー・パートナーズ有限会社)において最優秀ストラテジー部門賞を受賞した。同社のコミュニケーター育成や高度なシステム運用など、コールセンターにおけるこれまでの取り組みと成果が経営に貢献する戦略的施策として高く評価された。

住友生命、金融機関向け一時払終身保険「ふるはーとJロードプラス」を発売 【2016/09/20】

NO.005928

 住友生命は、10月1日から死亡保障機能と資産形成機能をバランスよく備えた一時払終身保険「ふるはーとJロードプラス」[正式名称:5年ごと利差配当付終身保険(一時払い)]を提携金融機関で発売する(販売名称は取扱金融機関により異なる場合がある)。
 同社では、一生涯の保障とキャッシュバリューの魅力を備えた商品として、2013年10月から全国の提携金融機関で「ふるはーとWステップ」「ふるはーとSアドバンス」等を販売しているが、今回、低金利環境下においても顧客のニーズに対応できる商品として、新商品の販売を開始することしにした。なお、「ふるはーとWステップ」(営業職員を通じた販売名称は「ロングジャーニー」)については9月末で販売休止、「ふるはーとSアドバンス」については12月末で販売休止となる。
▽「ふるはーとJロードプラス」のポイント
○第1保険期間(契約後5年または10年)の死亡給付金額を一時払保険料相当額に抑えて、第2保険期間(第1保険期間満了日の翌日以後終身)の死亡保険金額を大きくし、キャッシュバリューの魅力も高めている。
○解約返戻金額は、第1保険期間中は一時払保険料相当額、第2保険期間中は死亡保険金額を上限に増え続けるので様々な資金ニーズに活用できる。
○解約返戻金額・死亡保険金額等は円建で契約時に確定する。
○職業のみの告知で申し込みできる。
○契約年齢範囲は15歳~90歳(金利情勢によっては、取り扱いできない年齢がある)。

ソニー生命、JICA発行の社会貢献債へ投資 【2016/09/20】

NO.005929

 ソニー生命は、資産運用を通じた社会貢献への取り組みとして、9月に独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する債券「JICA債」へ44億円の投資を実施した。社会貢献債(ソーシャルボンド)への投資は同社初となる。
 JICA債は、日本市場において初となるソーシャルボンドの特性に従う債券。同社がJICA債に投資した資金は、開発途上国の交通インフラ整備や、災害による脆弱層の支援を行う円借款等の資金として、開発途上地域の経済・社会の開発、国際経済社会の健全な発展のために使用される。

朝日生命、女性のための保険「やさしさプラス」を発売 【2016/09/16】

NO.005930

 朝日生命は、女性のライフコースが多様化する中で、様々な生活上の価値観・志向を持った女性1人ひとりを応援したいという気持ちを込めて、「女性の『私らしく輝いて生きる』を応援する」をコンセプトとした取り組みを始める。
 具体的には、保険王プラスのユニット型の保障を引き継ぐ女性のための保険「やさしさプラス」や、女性特定部位に対する手術を重点的に保障する新特約「マイメディーナ」を発売するとともに、「やさしさプラス」加入者向けの健康相談サービスも開始する。また、多くの女性に輝いて生きてもらいたいとの願いから、様々な支援活動を通じて広く社会に貢献していく。
◆女性のための保険「やさしさプラス」
 保険王プラスのユニット型の保障を引き継ぐ女性専用の保険として「やさしさプラス」が誕生。顧客のライフステージの変化にあわせて、必要な部分だけを見直すことのできるユニット型の保障は、ライフステージの変化が多く、その影響も大きい女性にはぴったりの保険。今後は、男性向けに「保険王プラス」、女性向けに「やさしさプラス」を案内する。
◆女性特定部位に対する手術を重点的に保障する特約「マイメディーナ」
 乳房・子宮・卵巣などに対する手術で最高30万円を受け取れる、無配当女性手術重点保障特約(返戻金なし型)特約「マイメディーナ」を発売する。
▽主な特長
○女性特有の手術を重点的に保障する
 乳がんや子宮がんはもちろん、子宮筋腫や子宮内膜症など、女性が不安に思う疾病に対する手術を幅広く重点的に保障する。
※対象部位は「乳房(乳頭・乳輪を含む)・子宮・卵巣・卵管・甲状腺・上皮小体(副甲状腺)」となる。
○一律の給付金額で最高30万円の保障
 手術の内容にかかわらず給付金額は一律で、良性腫瘍による子宮や卵巣の一部摘出の場合でも、最高30万円のまとまった給付金を受け取れる。給付金は、手術あとや副作用などの、手術で低下したQOL(Quality of life)を向上させるための費用に活用することもできる。
○お祝金タイプもある
 II型の場合、女性手術給付金の支払いがなかったときは、5年ごとに女性応援給付金を支払う。
資料請求をする
1 2 26 27 28 30 32 33 34 303 304


提供元:新日本保険新聞社