生命保険業界ニュース

101~110件(全3804件)
1 2 7 8 9 11 13 14 15 380 381


ニュース一覧

住友生命、ブロックチェーン技術を活用した保険管理業務に関する実証実験を実施 【2018/05/11】

NO.007712

住友生命と株式会社クラウドワークスの100%子会社であり、システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁は、ブロックチェーン技術を活用した保険管理業務に関する実証実験を5月より開始する。
なお、本実証実験には、ブロックチェーン導入による事業変革における第一人者である株式会社Scalarの深津航氏がアドバイザーとして参画し、豊富なブロックチェーン導入経験と保険業に関する幅広い知識を提供する。
1.背景
民泊やカーシェアリングなど「必要なものを購入するのではなく、必要なときに共有する」シェアリングエコノミーの利用者増加を背景とした消費行動の変化に伴い、消費者ニーズの細分化や新たなニーズの創出が進んでいる。
そこで住友生命と電縁は、今後の生命保険市場におけるお客さまの多様なニーズにタイムリーに対応すべく、より機動的な商品提供や顧客利便性の向上を可能にするインフラ構築に向け、実証実験を実施する。本実験は、国内生命保険会社として画期的な、保険管理業務におけるブロックチェーン技術を活用した仕組みを構築し、自動化オペレーションの実現可否を検証するものとなる。
2.実証実験の概要
(1)実施内容
本実証実験では、保険契約の引受や契約管理、保険金の給付等の保険管理業務をブロックチェーン上で行う仕組みを実証することで、情報セキュリティや業務効率化などを含めて、ブロックチェーン技術の保険管理業務への適用可否や導入効果を検証し、有用なシステムの開発につなげる。
なお、実験におけるオペレーションはスマートフォンでの完結を前提に行い、保険加入者の利便性向上と業務の効率化を図る。
(2)実施時期(予定)
検証オペレーション:2018年5月から約3ヶ月間
(3)期待される効果
①保険管理プロセスの自動化とオペレーションコストの削減ブロックチェーン技術の活用により、保険契約の引受から保険金支払までの一連の保険管理プロセスを自動化することによるオペレーションの迅速化と人件費や書類送付等のコスト削減
②保険加入者の利便性の向上保険契約関連手続きをスマートフォン上の最小限の操作で行うことによる顧客利便性の向上
③高いセキュリティの確保ネットワーク上の複数サーバーで同一データを分散管理するブロックチェーン技術を利用することで、すべての取引記録が透明性高く共有され、改ざん等の不正が困難となることによる保険契約情報の安全な管理
④安価なシステム構築ブロックチェーン技術により従来の中央認証やデータ管理等、ハードウェアに依存したセキュリティ構築が不要となることによる安価なシステム構築
3.今後の展開
実験結果を踏まえ、ブロックチェーン技術を活用した革新的な保険管理プロセスを整備することにより、多様なニーズに機動的に応える保険商品提供や顧客利便性の向上を可能にするインフラ構築を検討していく。

住友生命、国立研究開発法人産業技術総合研究所および立命館大学と健康増進に関わる共同研究契約を締結 【2018/05/10】

NO.007715

住友生命は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)、立命館大学と3機関それぞれが有するビッグデータと知見を活用して日本人の健康増進に関する共同研究契約を締結した。
本共同研究契約に基づき、健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を通じて得られるデータ(※)とこれまでの保険事業を通じて蓄積している保険引受や支払いに関するデータ、産総研が収集する人間特性データや生活行動データ、立命館大学が蓄積している運動や栄養などの生活習慣の見直しに対する健康関連データ等を連携する。産総研と立命館大学の健康増進分野、スポーツ科学、情報理工学および心理学等に関する専門的な知見を活用し、日本人の将来の健康状態の予測や持続的に健康増進に取り組む方法等に関する仕組みの研究を進めていく。
ひいては健康に関する新たな保険商品やサービスの開発、Vitality の加入者に対する適切な情報提供等に関して検討していく。
同社は、「お客さま」「社会」「企業・従業員」が共有価値を創造する「CSV(Creating Shared Value)」の概念に基づいて、企業による社会的価値の創出と経済利益活動を両立させる経営を目指している。今般の共同研究を通じて、お客さまの健康状態の向上ひいては健康長寿社会の実現に寄与していくとしている。
※ 「Vitality」は、健康を改善するツールや関連知識、健康増進活動を促すインセンティブ等を提供することで、保険加入者がより健康になることをサポートするウェルネスプログラム。このプログラムは、臨床研究や行動経済学に基づいており、生活習慣病の増加を抑える上で重要な「健康チェック」「予防」「運動」に着目し、保険加入者の健康増進への意欲を高める仕組みとなっている。発売以降、身体活動や健康診断、各種検診等の健康増進に関するデータを活用してプログラムの分析を行う。
「Vitality」を開発し、ウェルネス分野に強みを持つ南アフリカの金融サービス会社Discoveryは、ケンブリッジ大学やデューク大学、ランド研究所(米国系シンクタンク)等の学術機関との共同研究を通じ、持続的に健康増進に取り組む方法等を検討している。

生命保険文化センター、教師対象 夏季セミナー「くらしとリスク管理」を開催 【2018/05/09】

NO.007716

生命保険文化センターは、中学校、高等学校の教育現場で活躍の先生方に「生活設計」と「リスク管理」「社会保障制度」「保険」について知識と理解を深めるためのセミナーを、東京、大阪、名古屋で開催する。当日は「大学教授による基調講演」「授業プラン・教材紹介」「グループ別情報交換会」を行う。
■実施要領
【開催時間】:10:00~15:30(受付開始 9:20)
【対象】中学校、高等学校「家庭科」「社会科・公民科」教師、その他教科は問わない。
【参加費】無料
【開催日・開催場所】
●東京
・開催日:平成30年8月3日(金)
・会場:損保会館
東京都千代田区神田淡路町2-9
●名古屋
・開催日:平成30年8月6日(月)
・会場:名古屋国際センター
愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1
●大阪
・開催日:平成30年8月7日(火)
・会場:梅田センタービル
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12

ソニー生命、平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査 【2018/05/08】

NO.007680

ソニー生命は、3月16日~3月19日の4日間、全国の平成生まれの男女(20歳~28歳の男女)と昭和生まれの男女(52歳~59歳の男女)(※)に対し、「平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1000名(平成生まれ500名、昭和生まれ500名)の有効サンプルの集計結果を公開した。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)
※“平成生まれ”の比較対象とするため、平成生まれ世代とは年齢が離れている、平成を迎えた年に若手社会人として活躍していた男女(52歳~59歳)を“昭和生まれ”とした。
●調査結果
【人生に対する考え方】
①幸せな人生に学歴は必要?
平成生まれは「なくてもいい」、昭和生まれは「必要」が多数派に
②人生における夢・目標
平成生まれは「持っている」、昭和生まれは「持っていない」が多数派
【恋愛に対する考え方】
①恋愛に「積極的」な女性は昭和生まれより平成生まれ
②好きな人への告白
平成生まれの4人に1人が「LINEでの告白もアリ」と回答
③“デート代は男性持ち”は昔の話?
平成生まれでは「ワリカン派」が約半数に
【結婚に対する考え方】
①幸せな人生にパートナーが「必要」と考える女性は昭和生まれより平成生まれに多い傾向
②結婚すると生活は?
平成生まれは「楽しさアップ」、昭和生まれは「大変さアップ」が多数派に
【仕事に対する考え方】
①理想的な仕事とは?
給料vsやりがい 平成生まれは「給料」、昭和生まれは「やりがい」が大切
②“残業が多い=頑張っている”と考えるのは昭和生まれより平成生まれに多い傾向
③勤務先でのイベントより「プライベートを優先させたい」のは平成生まれより昭和生まれと判明
【消費・経済に対する考え方】
①メリハリ消費意欲はどちらが高い?
「使う時はパーッと使いたい」のは昭和生まれより平成生まれ
②これからの日本経済を「楽観視」しているのは昭和生まれより平成生まれ
【平成の社会的な出来事について】
印象に残る平成の出来事
平成生まれ「東日本大震災」
昭和生まれ「地下鉄サリン事件」「東日本大震災」
【子どものころの思い出について】
①嫌いだった給食メニュー
平成生まれでは3位「レーズンパン」、昭和生まれでは2位「脱脂粉乳」
②懐かしのアニメ
平成生まれは「ONE PIECE」、昭和生まれはあのスポ根アニメがトップ
③平成生まれの思い出のドラマ1位は「花より男子」、昭和生まれの1位は「太陽にほえろ!」
④思い出のバラエティ番組
平成生まれは「いいとも!」、昭和生まれは「ひょうきん族」が1位
⑤思い出の歌手
平成生まれは「嵐」が1位、昭和生まれは伝説的アイドル「山口百恵さん」が1位
⑥思い出の映画
平成生まれは「ハリー・ポッター」、昭和生まれは「スター・ウォーズ」が1位
【懐かしの生活アイテム・おもちゃ・ゲーム機】
①平成生まれと昭和生まれで使用経験率に大差
1位「黒電話」2位「二槽式洗濯機」3位「ワープロ」
②遊んだことがあるゲーム機
平成生まれは「DS」と「ゲームボーイ」、昭和生まれは「ファミコン」が1位
【昭和生まれからみた平成生まれ・平成生まれからみた昭和生まれ】
・「この人は平成生まれだな」と思う言動
1位「すごい、感動などの意味で『ヤバイ』と言う」
・「この人は昭和生まれだな」と思う言動
1位「あたり前田のクラッカー」、「アベック」「ザギン」も上位に
「ズボンのチャックを『社会の窓』」「ショックなとき『ガーン』」「親指と小指で『電話』」もランクイン
【新元号の予想】
①新元号予想
3位「安久」、2位と1位は?「羽生」が8位にランクイン
②新元号予想で使われた漢字ランキング
1位「和」2位「安」3位「平」4位「明」5位「成」

●調査概要
・調査タイトル
平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査
・調査対象
ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする、全国の20歳~28歳、52歳~59歳
・調査期間
2018年3月16日~3月19日
・調査方法
インターネット調査
・調査地域
全国
・有効回答数
1,000サンプル(有効回答から各グループ・男女が均等になるように抽出)
(内訳)
サンプル数は以下のとおり
平成生まれ(20歳~28歳)男性:250s/女性:250s
昭和生まれ(52歳~59歳)男性:250s/女性:250s
・調査協力会社
ネットエイジア株式会社

三井生命、『フラット外貨終身』の販売開始 【2018/05/07】

NO.007682

三井生命は、5月7日より、三井住友信託銀行において、無配当低解約返戻金型外貨建終身保険(予定利率毎月更改型)『フラット外貨終身』の販売を開始する。
本商品は、三井住友信託銀行が提供する高いコンサルティング力と同社が培ってきた外貨建保険の商品開発力とを合わせ、両社で共同開発した外貨建終身保険で、保険料払込期間を通じて、外貨建の保険料を円に換算するレートを固定する機能は、国内生命保険業界初*となる。
■商品の特徴■
(1)保険料は「円」で「毎回一定額」を払い込む。
・契約時に、毎回の外貨建の保険料を円に換算するレートが固定され、保険料払込期間を通じて、円で払い込む保険料(固定円建保険料)は毎回一定額となる。
(2)保障と資産形成を両立することができる。
・一生涯にわたる死亡・所定の高度障害保障を準備でき、解約返戻金は契約者の資産として活用できる。
・解約返戻金の水準を低く設定する低解約返戻金期間を設けているため、割安な保険料で保障を準備できる。
・予定利率は「毎月更改型」で、市場金利の上昇局面では保障と資産形成の上乗せが期待できる。また、市場金利の下降局面でも予定利率は最低保証されるため安心である。
(3)円建の積立保険に自動的に移行することができる。
・保険料払込期間満了後1か月経過以降、円に換算した解約返戻金額があらかじめ設定した目標額(円)に到達したときに、災害保障付円建積立保険に自動的に移行することができる。
*2018年2月同社調べ
■主な取り扱い■
<指定通貨> 米ドルまたは豪ドル
<保険料払込通貨> 円
<保険期間> 終身
<保険料払込期間> 【米ドル】5年・7年・10年・15年【豪ドル】5年・7年・10年
<保険料払込方法> 月払・半年払・年払
<契約年齢範囲> 0歳~75歳
<告知> 告知書または医師の診査
<基本保険金額> 【米ドル】2.5万米ドル~700万米ドル(注)【豪ドル】2.5万豪ドル~700万豪ドル(注)
<最低保険料> 5,000円(月払換算)
<高額割引> 基本保険金額が所定の金額以上のときに、高額割引保険料率が適用され、保険料が割り引かれる。
<付加できる主な特約>
・円換算払込特約(保険料固定特則付)※付加必須
・円換算支払特約
・目標到達時災害保障付円建積立保険移行特約
・介護前払特約
・保険料払込免除特約018(外貨建保険用)
・年金支払特約
・年金払移行特約
・リビング・ニーズ特約
(注)700万米ドルまたは700万豪ドルの限度額のほか、所定の為替レートで円に換算した金額による制限がある。

SBI生命、近畿大学と人工知能を活用したがん遺伝子パネル検査の実施可能性を問う臨床研究を開始 【2018/05/07】

NO.007685

SBI生命と近畿大学は、5月14日(月)から、近畿大学医学部附属病院で治療中のがん患者を対象にAI(コグニティブ・コンピューティング・システム)を活用したがん遺伝子パネル検査の実施可能性を問う臨床研究を開始する。本研究によってSBI生命はがん遺伝子パネル検査の費用負担軽減に繋がる新たな保険商品※1の開発が可能かどうかを調査する。
■臨床研究の概要
がん遺伝子パネル検査は、患者一人ひとりの微小ながん組織または血液から遺伝子情報を解析し、その患者に最適な治療法を診断するものである。がんの標準治療が効かなくなり使用できる薬がなくなった場合でも、効果が期待できる薬物治療を見つけられる可能性があるという、遺伝子検査技術である。近畿大学医学部ゲノム生物学教室(教授西尾和人)は、「近大クリニカルシークエンス」プロジェクトとして全国に先駆けてがん遺伝子パネル検査に取り組み、これまでに1,000件以上のがん組織サンプルの遺伝子解析を実施してきた。
本臨床研究では、「近大クリニカルシークエンス」にAI(コグニティブ・コンピューティング・システム)の技術を取り入れることで、電子化された2,000万件を超える論文情報をはじめ、がん腫瘍部分の遺伝子変異や生命のメカニズムに関するAIの膨大な知識情報を活用して、患者一人ひとりに適した抗がん剤とその標的となる遺伝子を解析する。さらに一連のプロセスにおいて、経過日数、検査費用や臨床的意義などや人工知能や保険商品※1を活用するためのノウハウを研究し、より最適ながんゲノム医療提供体制の構築につなげるソリューションの検討・開発を行う。
なお、本取組みで解析を行う遺伝子は、がんの病変部分の遺伝子で、通常の「親の体質が子に伝わる」遺伝子とは別のものである。
〇研究開始:2018年5月14日(月)
〇対象:近畿大学医学部附属病院で治療中のがん患者30名(予定)
・目標数に達し次第、患者の登録は終了。
・がん患者からの直接の問い合わせは受け付けていない。
本臨床研究への参加を希望の場合、かかりつけの医療機関の先生に相談し、近畿大学医学部附属病院の担当医師に連絡のこと。
〇実施内容:がん遺伝子パネル検査
〇目的:遺伝子パネル検査の費用負担軽減を目的とした保険商品※1の開発が可能かどうかを調査する。
※1 SBI生命は「がん遺伝子パネル検査」にかかる高額な費用を保障することができる保険商品の開発に向けた研究を開始するものである。本商品開発に向けた研究では、保険加入時の審査や保険金支払い時において、遺伝情報の収集・利用は一切しないことを前提としている。

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、「第22回ボランティア・スピリット・アワード」応募受付開始 【2018/05/07】

NO.007684

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命主催の「PRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY 第22回 ボランティア・スピリット・アワード」は、5月7日(月)から全国の中学生・高校生等を対象に、「ボランティア活動の紹介レポート」の応募受付を開始した。
ボランティア・スピリット・アワードは、青少年が積極的にボランティア活動に参加できる社会環境の醸成を目指し、米国プルデンシャル・ファイナンシャルが1995年からアメリカで実施している国際的なプログラムである。日本では1997年にスタートし、昨年(第21回)のプログラムには、全国から19,972名の中高生の活動を綴った1,229通の応募が寄せられた。
この度、応募受付を開始する第22回ボランティア・スピリット・アワードの応募要領は以下の通りである。
■ボランティア・スピリット・アワード応募要領■
<応募受付期間>
2018年5月7日(月)応募受付開始~2018年9月10日(月)応募締切
※郵送応募は9月10日当日消印有効、WEB応募は9月10日23:59まで
<応募内容>
応募者自身が取り組んでいるボランティア活動について、その内容や創意工夫したこと、地域社会との関わり、活動に参加して学んだこと・感じたことなどを応募用紙の項目に従って記入。活動分野は問わない。
<対象活動期間>
2017年4月以降に取り組んだ(取り組んでいる)活動であること。
<応募資格>
(1)応募締切時に中学校あるいは高校に在籍していること
(2)ボランティア活動をしている個人またはグループ
(3)受賞歴にかかわらず何度でも応募可能
<審査項目>
地域貢献度、発想力、企画力、実行力、リーダーシップ、学んだこと・感じたことなどの項目を別途定めるガイドラインに基づき審査し、総合的に判断する。
<主催>
プルデンシャル生命保険株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社
日本教育新聞社
<後援>
文部科学省
日本赤十字社

プルデンシャル生命、認定NPO法人「Homedoor」に社内表彰賞金1万ドルを寄付 【2018/05/07】

NO.007683

プルデンシャル生命は、認定NPO法人「Homedoor」に1万ドルを寄付した。同社では、約4,000人のライフプランナー(営業社員)の中から創業者の名を冠した「坂口陽史ゴールデン・ハート・メモリアル・アワード」の受賞者を毎年1人選定し、1万ドルの寄付先を選定する権利を贈っている。2017年度の受賞者である中村将幸氏は、認定NPO法人「Homedoor」を寄付先に選定した。
「Homedoor」理事長の川口加奈さんは、17歳のときに、ボランティア活動に取り組む青少年を称える「PRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY(以下、SOC)第11回ボランティア・スピリット・アワード(2007年度)」(主催:プルデンシャル生命ほか)に応募し、その年の米国親善大使に選ばれ、SOC全米表彰式に招待された。そして、2010年4月に、「ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造をつくる」ことをビジョンに、認定NPO法人「Homedoor」を設立した。
中村将幸自身、SOC全米表彰式に参加する学生をボランティアとして引率した経験がある。その経験から、SOCの受賞者であり、継続して社会の課題を解決するためリーダーシップを発揮している川口さんを支援したいと、寄付金の贈呈先を「Homedoor」に決めた。寄付金は、4月からスタートした、ホームレスに住居を提供するプロジェクト『アンドセンター』のために使われる予定である。
■「坂口陽史ゴールデン・ハート・メモリアル・アワード」について
プルデンシャル生命の創業者であり、米国プルデンシャル・ファイナンシャルの国際保険事業の育ての親である故・坂口陽史氏を偲んで、2002年に創設された。「業績」に加え、「契約継続率」「コンプライアンス」「社会貢献度」などが評価項目となり、営業社員の中から1名が受賞者に選出される。同賞では、受賞者の指定する慈善団体に1万ドルが寄付される。

三井生命、尼崎信用金庫にて無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)『ステイゴールド』を販売開始 【2018/05/02】

NO.007686

三井生命では、5月14日より、尼崎信用金庫において、無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)『ステイゴールド』の販売を開始する。これにより、同社の『ステイゴールド』は、合計28金融機関で取り扱いとなる。
『ステイゴールド』は、外貨建(米ドルまたは豪ドル)で、目的に応じた積み立て方法や多彩な受け取り方法が選べるなど、お客さまの多様なニーズに応える商品である。2015年12月の販売開始より、既に取り扱う金融機関やお客さまから好評を得ていることから、新たに尼崎信用金庫にて取り扱いを開始する。

三井生命、長野銀行にて無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)『ステイゴールド』を販売開始 【2018/05/02】

NO.007687

三井生命では、5月7日より、長野銀行において、無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)『ステイゴールド』の販売を開始する。これにより、同社の『ステイゴールド』は、合計27金融機関で取り扱いとなる。
『ステイゴールド』は、外貨建(米ドルまたは豪ドル)で、目的に応じた積み立て方法や多彩な受け取り方法が選べるなど、お客さまの多様なニーズに応えする商品である。2015年12月の販売開始より、既に取り扱う金融機関やお客さまから好評を得ていることから、新たに長野銀行にて取り扱いを開始する。
資料請求をする
1 2 7 8 9 11 13 14 15 380 381


提供元:新日本保険新聞社