生命保険業界ニュース

91~100件(全3259件)
1 2 6 7 8 10 12 13 14 325 326


ニュース一覧

大同生命が寄付による大学でのオープン講座開催 【2017/09/04】

NO.006810

大同生命は、中小企業経営者向けに、経営・ビジネスに関連する知識・スキルの習得の場を提供するため、創業100周年を迎えた平成14年より「寄付による大学でのオープン講座」を継続実施しており、今年度も全国各地の大学で開催している。
このうち、明治から大正にかけて活躍した実業家「広岡浅子」が創立に関わった「日本女子大学」において、3年連続で講座を開催する。なお、女子教育に心血を注いだ「広岡浅子」は、命の重さに想いを馳せ、同社を創業した人物でもある。同講座は、ともに浅子の想いを受け継ぐ同大学と当社の協力により、開催するものであり、より多くの方に、近代日本を颯爽と駆け抜けた浅子の生涯を身近に感じ、明日への活力につなげていただくことを目的としている。
■講座の概要
テーマ…近代日本における美術品の流出と集積
(大坂の豪商「加島屋」の経営危機と美術品コレクション)
対象…中小企業経営者・後継者、一般社会人・学生の方
講師…鈴木邦夫氏(埼玉大学名誉教授)
日時…11月18日(土) 13:30~16:00
場所…日本女子大学 目白キャンパス 桜楓館4階ホール
住所…東京都文京区目白台2-8-1(JR山手線「目白駅」から徒歩約15分/バス約5分)
定員…200名(申込順)
受講料…無料
申込方法…パンフレット※に搭載されている「受講申込書」に必要事項を記入のうえ、日本女子大学生涯学習センター(目白)宛にFAXまたは郵送のこと。(定員に到達次第、受付締切)

プルデンシャル生命がKiyo Sakaguchi奨学金の募集を開始 【2017/09/01】

NO.006811

プルデンシャル生命は、「Kiyo Sakaguchi奨学金」の募集を開始する。
同社の創業者である坂口陽史氏は、18歳の時に奨学金を受けアメリカに留学し苦学を続けた結果、保険数理の専門家である米国アクチュアリー試験に日本人第一号として合格。その後、1970年代に日本進出を検討していた米国プルデンシャルにスカウトされ、プルデンシャルの日本法人を設立した。若くして一人でアメリカに渡った同氏は、努力とチャレンジ精神をもって、自らの道を切り開いた。
同氏は、2002年惜しくも58歳で急逝したが、同社は故・坂口陽史氏の遺志を受け継ぎ、数学専攻で米国留学を希望しながらも、経済的理由により実現が困難な方を応援したいと考え2004年に「Kiyo Sakaguchi奨学金」を創設した。この奨学金が、数学のフィールドで未来を拓く、次世代を担う人材に夢と希望を与えることを期待している。

アクサダイレクト生命が「保険 is LOVE! キャンペーン第3弾」を実施 【2017/09/01】

NO.006815

アクサダイレクト生命は「保険 is LOVE!キャンペーン第3弾」を9月1日(金)~11月30日(木)の期間で開催する。
このキャンペーンは、生命保険と家族の愛をテーマにしたもので、阿草(アクサ)家のひとびとの物語を通じて、生命保険の選びかたのポイントを楽しく解説しており、今年4月に第1弾を、8月に第2弾を開催した。キャンペーンページ内の物語をご覧になっていただき、資料請求、保険料の見積もり結果をマイページに保存、もしくは加入申込みを行った方には、家族みんなの美味しい食事を応援する、バルミューダの炊飯器や、トースターなどを抽選でプレゼントする。

AIG富士生命からFWD富士生命に社名変更 【2017/09/01】

NO.006814

FWD富士生命は、2017年4月にFWDグループ(以下、FWD)の100%子会社になったことを受け、2017年9月1日に、関係当局からの認可のもとに商号(社名)を「FWD富士生命保険株式会社」(以下:FWD富士生命)に変更した。
1996年8月に事業を開始して以来、常にお客さまの目線で考え、お客さまのニーズを起点としたアイデアをもとに独自性豊かな商品・サービスを開発し、提供することに取り組んできたが、今後はFWD富士生命として、20年以上にわたり日本で蓄積してきた富士生命のノウハウと、アジアで急成長を遂げるFWDならではの先進的なテクノロジーや新たな発想を融合させていくとしている。

FWD富士生命、オリックス・バファローズにヘルメット広告 【2017/09/01】

NO.006813

FWD富士生命は、9月1日よりプロ野球のオリックス・バファローズのヘルメット広告のスポンサーとして同チームのヘルメットにロゴマークを掲出する。
これにより、9月1日に行われるオリックス・バファローズのホームゲームを皮切りに、FWD富士生命のロゴの掲出が開始される。FWD富士生命は「人々が抱く“保険”に対する感じ方・考え方を刷新すること。」というビジョンのもとに、お客様が今を思いっきり楽しむためのエネルギーとなる保険の提供を目指していく。グラウンドで生き生きと躍動するオリックス・バファローズのヘルメット広告スポンサーとなることは、同社のブランドコンセプトである「生きることを讃えよう」の実現にもつながるものと考えている。

富国生命が個人型確定拠出年金向けプラン運用商品ラインアップの拡充および健康相談サービスの提供開始 【2017/09/01】

NO.006812

富国生命は、個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)向けプラン「フコク個人型プラン」について、9月1日より、運用商品ラインアップの拡充および加入者向け健康相談サービスの提供を開始した。
■運用商品ラインアップの拡充
「フコク個人型プラン」は、お客さまのさまざまな運用ニーズに対して幅広く対応するため、信託報酬が低く、長期での分散投資に適した商品を8商品追加し、バラエティ豊かな21商品のラインアップとなる。
■フコク生命あんしん健康相談ダイヤルのサービスの無料提供開始
「フコク個人型プラン」では、ご加入の皆さまへのより一層のサービス向上を図るため、「フコク生命あんしん健康相談ダイヤル」(以下「本サービス」)の提供を開始する。同サービスでは「健康・医療相談」等の電話相談サービスに加え、「メンタルヘルス対面カウンセリングサービス」等の幅広いサービスを無料で利用できる。
「フコク個人型プラン」の運用商品その他詳細につきましては、同社ホームページを参照のこと。

明治安田生命、2017マイハピネス フォトコンテストを開催 【2017/08/31】

NO.006816

明治安田生命では、「明治安田生命 2017 マイハピネス フォトコンテスト」の作品を募集する。本コンテストのテーマは「あなたがいる しあわせ。」で、家族や友人、恋人などとの身近にある“しあわせな瞬間(とき)”を写し出した作品を募集。本コンテストの内容・応募方法等は、マイハピネス フォトコンテスト公式ホームページ、募集広告等を通じて案内する。
本コンテストは、今年で19回目の開催!累計応募総数は105万点を突破。応募作品の一部は、小田和正さんの楽曲をBGMにした当社企業イメージCMで使用される(2018年放映予定)。

チューリッヒ生命、モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017に協賛 【2017/08/31】

NO.006819

チューリッヒ生命は、11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)に、「恵比寿ザ・ガーデンホール」で開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017(MJFJ2017)」に協賛する。
MJFJ2017はスイスで約50年の伝統を誇り、世界3大ジャズフェスティバルに数えられる「モントルー・ジャズ・フェスティバル※」の日本版となる。同社はスイスに本店を構えるチューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッドの日本支店として、スイス文化の日本での発信・普及を支援することで日本での文化活動を支援いく。
※モントルー・ジャズ・フェスティバル
スイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年にはじまった音楽の祭典。毎年7月の上旬から中旬にかけて行われるこのイベントには、例年25万人を超えるファンが足を運び、ジャズ、ロック、ブルース、レゲエ、ソウルなど、さまざまなスタイルの音楽を世界の一流アーティストたちが上演。現在では欧州最大規模のライブ・イベントとして、世界中の音楽ファンから注目を集めている。
■モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017
・開催日:11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
・場所:恵比寿ザ・ガーデンホール(〒153-0062 東京都目黒区三田 1-13-2)
・主催:モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017実行委員会
・企画制作:VISUALNOTES
・お問い合わせ:ディスクガレージ カスタマーセンター TEL : 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

ネオファースト生命、西日本シティ銀行にて終身医療保険(引受基準緩和型)を販売開始 【2017/08/31】

NO.006818

ネオファースト生命は、9月1日より、西日本シティ銀行にて、「ネオdeいりょう健康プロモート(無解約返戻金型終身医療保険(引受基準緩和型))」を販売開始している。これは健康状態に不安をかかえていても入りやすい医療保険。

ネオファースト生命、千葉銀行にて7大生活習慣病入院一時給付保険「からだプラス」を販売開始 【2017/08/31】

NO.006817

ネオファースト生命は、9月1日より、千葉銀行にて、「からだプラス(無解約返戻金型7大生活習慣病入院一時給付保険)」を販売開始している。これは7 大生活習慣病に備えられ、健康年齢が若くなるほど更新後の保険料が安くなる保険。
資料請求をする
1 2 6 7 8 10 12 13 14 325 326


提供元:新日本保険新聞社