保険を語ろう!

なかなか直に聞くことができない、生命保険に入っていて“よかった”、入っていないで“後悔した”というインズウェブ利用者の声を公表しております。
“いつか入ればいい”、“私には関係ない”と考えているあなたへ。同世代の方が、こんな形で生命保険が役立っていると語ってくれています。
21~30件(全35件)


種類 コメント 並べ替える 投稿日並べ替える
病気・ケガの保険

その時は入っていれば…と思った。

NO.012003

傷害保険にも生命保険にも加入していなくて、5年ほど前に入院したことがあったが、
個室に入った為多額の費用を要した。

その時は入っていれば・・・と思った。

・既婚(子供なし)・無職)

泣き 2015/02/20
女性向けの保険

多少苦しくとも保険だけは入っておくべきだと

NO.011987

早産になりそうで2か月も入院した娘に入院保険金と通院保険金が入り、
差額ベッド代を払うことが出来た。入院費もその中で払えてとても助かった。

多少苦しくとも保険だけは入っておくべきだと考えている。

・既婚(子供あり)・会社員)

笑顔 2015/02/12
病気・ケガの保険

専業主婦の妻も医療保険に加入しておいてよかった。

NO.011973

不慮のケガで専業主婦の妻が入院。

入院費以外にも家族の外食が多くなったり、ベビーシッターを頼んだり、
病院への交通費がかかったり、思いがけないところで日々の出費がかさみ、
入院費日額1万円の支給がとても助かった。

専業主婦の妻も医療保険に加入しておいてよかった。



・既婚(子供あり)・自営業)

笑顔 2015/02/06
病気・ケガの保険

医療費が生活費を圧迫するのではと心配していましたが…。

NO.011961

ある日突然肩が上がらなくなり病院へ。検査の結果、肩腱板が切れているとのこと。
そして入院・手術。3ヶ月の入院でした。

ようやく退院して一安心と思いきや、今度は妻が凍った道で転び足の靭帯を断裂、
6か月の通院となりました。

医療費が生活費を圧迫するのでは・・・と心配していましたが、
幸い両方とも保険でカバーできて助かりました。

これからさらに年齢を重ねると、医療費はますます増えると思われます。
幸い、私の保険は払い済み後は終身保障になるタイプでしたので、大変助かっています。

・既婚(子供なし)・無職)

笑顔 2015/01/30
病気・ケガの保険

知人に誘われて加入していた保険が大変役に立った。

NO.011959

東日本大震災の数日前に突如入院、そして手術を受けた経験があります。

その際の治療費個室代などの支払いには、約30年ほど以前に知人に誘われて
加入していた保険が大変役に立ったことを時折思い出します。

イヤハヤ、助かりました。

・既婚(子供あり)・無職)

笑顔 2015/01/27
病気・ケガの保険

知人の勧めで傷害の通院保険に加入。

NO.011902

60歳を過ぎて故郷に帰り、昔の感覚で農作業に励んだところ、体が付いていかずに
整骨院に通う怪我をしてしまったが、怪我の前に知人の勧めで傷害の通院保険に加入済みでした。

今までの保険は特約付きのがん保険と、安い掛け捨ての入院傷害保険に加入していたが、
傷害入院保険がダブっている為、入院傷害保険を解約して、傷害通院保険に加入した。

傷害通院保険から保険をもらう事ができ、しっかり治療に専念できた。

・既婚(子供あり)・無職)

笑顔 2015/01/07
病気・ケガの保険

医療費の支払いに苦労しました。

NO.011842

61歳の時心筋梗塞になり、保険に入っていなかったため医療費の支払いに苦労しました。

・独身・無職)

泣き 2014/12/10
病気・ケガの保険

その後の生活も一変しました。

NO.011719

身体的には絶対的な自信があり、タバコも日に40-60本、終日深酒していました。
生命保険は切り替え時に高額になるためやめていましたが、県民共済等に興味を持ち、
検討中でした。

そんな矢先、59歳の誕生日に胸が苦しくなり、心筋梗塞でカテーテル手術・入院のハメに。
医療費用も100万以上と高額になり、その後の生活も一変しました。

・既婚(子供あり)・自営業)

泣き 2014/10/16
病気・ケガの保険

悪路のため転倒し足首骨折…。

NO.011718

今年4月バス旅行で竹田城へ。悪路のため転倒し足首骨折した際、保険加入が有ればと思った。

・既婚(子供あり)・主婦)

泣き 2014/10/16
病気・ケガの保険

入社した頃に入った保険ではほとんど補填されず…。

NO.011717

50歳の時、通勤の途中で左肩に痛みを思い総合病院に相談しにいきましたが、
待合室で急性心筋梗塞を発病しそのまま入院。

その後、7回のステント挿入手術で付録の人生を頂き現在に至っています。
当時、入社した頃に入った保険でほとんど補填されず、入院費、手術費、治療費、
現在も薬、検査、治療費と多額の費用を払っていて保険に入っていればとおもいました。

・既婚(子供あり)・自営業)

普通 2014/10/14
資料請求をする

上記内容はインズウェブ利用者のアンケート結果を掲載しており、当社が特定の商品を推奨するものではございません。