保険を語ろう!

なかなか直に聞くことができない、生命保険に入っていて“よかった”、入っていないで“後悔した”というインズウェブ利用者の声を公表しております。
“いつか入ればいい”、“私には関係ない”と考えているあなたへ。同世代の方が、こんな形で生命保険が役立っていると語ってくれています。
1~6件(全6件)


種類 コメント 並べ替える 投稿日並べ替える
がん保険

手術費・入院費で仕事ができない期間の補填ができ、大変助かりました。

NO.013172

10年前に初期の大腸がんを患い、腹腔鏡手術にて切除、
5年後に同じく大腸に初期のがんが見つかり内視鏡で切除。
自営のため収入減になるところ、手術費・入院費で仕事ができない期間の補填ができ、大変助かりました。
また、リビングニーズの適用もあり、一括で大きな金額を手にすることができ、
その後の生活にも関しても、暫くは体を無理せずに体調管理ができました。

・既婚(子供あり)・自営業)

笑顔 2017/07/12
がん保険

年齢ごとの保険の見直しは必要だったと痛感しました。

NO.013086

自治体の検診で乳がんと診断され治療をうけました。
がんと聞きショックでしたが.がん保険と医療保険を掛けていたので
金銭的には心配することはありませんでした。
幸い初期の乳がんでしたので外科手術のみで放射線や抗がん剤治療もせずにすみました。
只、年齢ごとの保険の見直しは必要だったと痛感しました。

・既婚(子供あり)・主婦)

笑顔 2017/02/09
がん保険

あらためて保険に入っていて良かった、と実感しました。

NO.013046

58歳の時に「食道がん」を宣告され、食道全摘、のべ51日間入院、
保険会社から手術代、入院保険として248万円支給されました。
その時は、あらためて保険に入っていて良かった、と実感しました。

・既婚(子供あり)・無職)

笑顔 2017/01/09
病気・ケガの保険

バレーボール大会の練習中に…。

NO.013028

30代の頃、町内のバレーボール大会の練習中にアキレス腱断裂。
幸い入院保険入っていたので助かりました。

・既婚(子供あり)・無職)

笑顔 2016/12/16
病気・ケガの保険

私は医療保険が不要と思っていましたが、それから考えが変わりました。

NO.012985

妻が10年前に手術した際の医療保険で家計が助かりました。
入院をした最初は病気がいつ治るかわからない不安が一杯ありました。
それによって病院に治療費がどれくらいの請求金額が来るかがわからない。
もしも病気が長引くと妻の仕事ができなくなるのではないかと不安になるなど多くの不安が生まれました。
そこで医療保険から給付金が支払われたので、全額医療費を補うことができなかったとしても精神的には大変楽になりました。

今までは私の家族は体が元々お蔭様で丈夫なので保険にはお世話にならないと思い込んでいました。
今後日本全体で40兆円とか言われる医療費の件で余計不安になってきました。
私は医療保険が不要と思っていましたが、それから考えが変わりました。
私が考える医療保険が必要なことが理解できたので子どもにも大人になれば医療保険は加入しておくようにと言っております。
病気やケガで満足に働けなくなると収入が減る、またはストップしてしまう恐れがあります。
この不足分を少しでも補うために医療保険に加入していた方が良いと子供に言っております。

・既婚(子供あり)・会社員)

笑顔 2016/10/31
病気・ケガの保険

海外旅行で…。

NO.012826

海外旅行で腸チフスになり、強制隔離で入院した。
日額1万円の入院保険に入っていたのでしっかり給付を受けて、
費用は殆どかからなかった。入っていて良かった。

・既婚(子供なし)・アルバイト)

笑顔 2016/06/09
資料請求をする

上記内容はインズウェブ利用者のアンケート結果を掲載しており、当社が特定の商品を推奨するものではございません。