個人年金保険料控除

こじんねんきんほけんりょうこうじょ

個人年金保険の場合、「個人年金保険料税制適格特約」を付加することにより、一般の生命保険料控除とは別枠で下記の保険料控除を受けることができます。
この特約を付加するには、次の条件を満たす必要があります:

  1. 年金受取人が契約者または配偶者のいずれか
  2. 年金受取人は被保険者と同一人
  3. 保険料払込期間が10年以上(=一時払いは不可)
  4. 年金の種類が確定年金か有期年金である時は、年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で年金受取期間が10年以上

※終身年金、10年保証期間付終身年金の場合、年金開始日における被保険者の年齢は問わない

  年間支払保険料 控除される金額
所得税 〜25,000円以下 全額
25,000円超〜50,000円以下 支払保険料×1/2+12,500円
50,000円超〜100,000円以下 支払保険料×1/4+25,000円
100,000円超〜 一律 50,000円
住民税 〜15,000円以下 全額
15,000円超〜40,000円以下 支払保険料×1/2+7,500円
40,000円超〜70,000円以下 支払保険料×1/4+17,500円
70,000円超〜 一律 35,000円

なお、変額年金保険はこの特約を付加することができませんので、「一般の生命保険料控除」の対象となります。