定額部分

ていがくぶぶん
 60歳から64歳まで受ける特別支給の老齢厚生年金は定額部分と報酬比例部分からなっています。定額部分は、「定額単価×加入月数」で計算されます。報酬比例部分が在職中の給料に比例しているのに対し、定額部分は所得再分配の機能を有しています。65歳以降の老齢厚生年金は報酬比例部分となり、定額部分は老齢基礎年金に移行されます。

定額単価は生年月日によって逓減され、昭和21(1946)年4月2日以降生まれの人から一律になります。定額部分の額の計算は、480月(40年)(昭和21(1946)年4月2日以降生まれの人)分で頭打ちになります。

また、定額部分の支給開始年齢は、平成13(2001)年度から、3年に1歳ずつ引き上げられています(平成13年度〜平成15(2003)年度は61歳、平成16(2004)年度〜平成18(2006)年度は62歳、平成19(2007)年度〜平成21(2009)年度は63歳、平成22(2010)年度〜平成24(2012)年度は64歳)。これにより、平成25(2013)年度以降、定額部分は廃止されます。