スライド調整率

すらいどちょうせいりつ
 公的年金全体の被保険者数の減少率(3年平均)に平均余命の伸びを勘案した一定率(0.3%)を加えた率のことです。マクロ経済スライドによる給付水準の調整は、財政の均衡が図られるまでの間、年金の改定率を抑制することにより行いますが、スライド調整率はこの年金改定率の抑制の際に用いられます。マクロ経済スライド発動中の年金改定率は、基本的には新規裁定者の場合は賃金上昇率からスライド調整率を減じたもの、既裁定者の場合は物価上昇率からスライド調整率を減じたものとなります。