社会

しゃかい
 国民年金の第1号被保険者が、(1)所得が低いとき、(2)本人またはその世帯の人が生活保護の生活扶助以外の扶助を受けているとき、(3)保険料の納付が著しく困難なとき、などに、社会保険事務所長に申請して認定を受ければ、保険料の納付が免除されます。これを申請免除といいます。

申請免除には全額免除と半額免除があり、全額免除を受けた期間の基礎年金額は、国庫負担分だけになり、本来の基礎年金額の3分の1で計算されます。半額免除を受けた期間の基礎年金額は、本来の基礎年金額の3分の2で計算されます。