上皮内新生物

じょうひないしんせいぶつ
 ごく早期のがんを示します。粘膜上部の層である上皮の内側にがんがとどまっている状態で、一般に浸潤することもなく、移転の可能性もないため、切除すれば治ります。この上皮内新生物が支払対象になるかならないかは確認が必要です。