指定代理人請求

していだいりにんせいきゅう
 被保険者本人が保険金を請求できない「特別な事情」があるときに、あらかじめ指定された代理人が保険金を受け取れる制度のことを示します。
例)
・被保険者の余命もしくは病名(ガンなど)を知らされていないので、請求できないとき。
・被保険者が、心神喪失の状況にあるため、請求できないとき。