国庫負担

こっこふたん
 年金給付に対し国が負担している分です。昭和61(1986)年に基礎年金制度が創設されてからは、基礎年金の3分の1などに対して国庫負担が行われてきました。平成16(2004)年年金制度改正でこの負担割合が見直され、基礎年金の3分の1から2分の1に引き上げられることになりました。平成16年度から引上げに着手し、平成21(2009)年度までに完全に引き上げる予定です。