企業年金連合会

きぎょうねんきんれんごうかい
 厚生年金基金連合会が、平成17年10月からの業務範囲等の拡大に伴い改称されるものです。具体的には、ポータビリティの拡充により、例えば、確定給付企業年金に加入していた者が転職した場合や確定給付企業年金が終了した場合に、当該年金原資を引き受けるなどの業務が追加されることになります。

従来の厚生年金基金に加えて、確定給付企業年金、確定拠出年金を実施する企業も新たに会員資格を有することとなります。