確定拠出型年金

かくていきょしゅつがたねんきん
 拠出した掛金額とその運用収益との合計額を基に給付額が決定される年金制度です。確定給付型と対比され、掛金建て制度ともいいます。企業が追加拠出をする必要はありませんが、加入者にとっては運用のリスクを負い、給付額が定まらないため老後の生活設計を立てにくい面があります。しかし、途中で転職しても、自分の年金原資を転職先に移管して、通算した年金を受け取ること(ポータビリティ)が可能です。わが国では、確定拠出年金がこれにあたります。なお、アメリカでは401(k)と呼ばれる確定拠出型年金が普及しています。