個人年金保険料控除

こじんねんきんほけんりょうこうじょ
 その年の1月1日から12月31日までに個人年金保険に払い込んだ保険料の一定額がその年の所得控除の対象となり、所得税と住民税の負担が軽減される税法上の優遇制度。
2008年10月現在、所得税は最高で 50,000円、住民税は最高で 35,000円 の控除が受けられる。