平準保険料方式

へいじゅんほけんりょうほうしき
 保険料を拠出する年金制度では、年金を受けるためには一定期間の保険料納付が必要になります。そのため、制度発足当初は受給者があらわれず、時間の経過とともに受給者が増えることになります。これにあわせ、年金給付費も増大していきます。

この給付費に必要な保険料を算定する場合、時間の経過と無関係にほぼ一定の拠出水準でまかなうように設定することを平準保険料方式といいます。わが国の年金制度は、平準保険料方式ではなく段階的に保険料を引き上げていく段階保険料方式を採用しています。