エリサ法

ERISA
 アメリカにおいて1974年に制定された企業年金制度の設計や運営を統一的に規定する法律。Employee Retirement Income Security Act(従業員退職所得保障法)の頭文字をとってERISA(エリサ法)と呼ばれています。

制度に加入している従業員の受給権を保護することを最大の目的としており、
(1)加入員や行政サイドに対する情報開示
(2)制度への加入資格や受給権付与の最低基準
(3)年金資産の最低積立基準の設定
(4)制度の管理・運営者の受託者責任
(5)制度終了保険
などが規定されています。