生命保険業界ニュース

671~680件(全2859件)
1 2 64 65 66 68 70 71 72 285 286


ニュース一覧

三井生命、中期経営計画を策定 【2015/03/27】

NO.004717

 三井生命は、平成27年度からの3か年を計画期間とする中期経営計画を策定した。同社では、24年度から26年度までの3か年を計画期間とする中期経営計画に基づき、「『お客さま本位』の経営を推進し、すべてのステークホルダーに、安心を提供できる生命保険会社を目指す」という経営方針のもと、(1)お客さまへの最高品質サービスの実現、(2)安定的な財務体質の実現、(3)信頼される会社経営の実現の3つの柱に取り組んだ結果、新契約の伸展、事業費の圧縮、財務体質の改善等について一定の成果を収めることができた。
 今回、27年度から29年度までの3か年を計画期間とした新中期経営計画を策定し、(1)営業職員によるサービス体制の拡充・強化、(2)強みとなる分野づくり、(3)業務の効率化と固定費削減によるコスト効率の改善を3つの柱とし、持続的な企業価値の向上に取り組んでいくとしている。
◆中期経営計画の概要
▽基本的な考え方
 国内生命保険市場については、この数年間緩やかに拡大しており、その加入経路については営業職員を通じたものが最も多く、かつ安定的に推移している。将来的にも、生命保険の特徴である長期にわたる契約期間とライフステージに応じたメンテナンスの必要性から、顧客への定期訪問サービスを特徴とする営業職員からの加入ニーズは安定的に推移することが予想され、引き続き生保市場の主要な加入経路として位置づけられると考えている。
 こうした環境認識を踏まえ、新中期経営計画においても引き続き、同社メインチャネルである営業職員を通じた対面コンサルティングサービスを事業の中心に据え、営業職員の育成および商品・サービスの向上を通じて顧客を増やすとともに、同社が持つ優良な事業基盤には経営資源を投入し、強み分野として市場を上回る成長を実現する。あわせて、コスト効率の改善にも継続して取り組むことで、安定的かつ持続的な利益成長を図り、すべてのステークホルダーからの信頼を高めていく。
▽取り組みの方向性
(1)営業職員によるサービス体制の拡充・強化
 顧客と直接対面する営業職員・サービスパートナーの採用・育成を軸に、タブレット型情報端末「ミレット」の機能拡張や、新商品・サービスの開発を通じ、対面コンサルティングサービスの向上を実現する。また、対面サービスだけでなくコールセンターやマイページ等の非対面サービスの拡充を通じ、顧客の利便性を向上する。顧客が親しみやすく、利用しやすい店舗を目指し、営業拠点のリニューアル等のインフラ改善を進める。
(2)強みとなる分野づくり
 同社の親密先企業やその関係会社、全国各地の中小事業所への営業体制を強化し、サービスレベルの改善を進める。この分野を、同社の成長をリードする強み分野とし、事業所基盤を通じた取引のさらなる拡大を目指す。同社が伝統的に優良基盤を持つ地域や都心部を中心に経営資源を投入し、地域単位で市場を上回る成長を果たすとともに、このような地域を順次拡大していく。
(3)業務の効率化と固定費削減によるコスト効率の改善
 コスト競争力を高めるとともに、将来の成長に向けた戦略的な投資余力を創出するために、コスト効率の改善を進める。全社的な業務の効率化・物件費の削減を継続することで、安定的かつ持続的な成長ができるコスト構造を目指す。
▽経営目標
○契約業績:保有年換算保険料(定額保険)の反転
○利益水準:株主配当復配可能な利益水準の確保

富国生命、「生活障害保障特約」と個人年金保険「みらいプラス」を発売 【2015/03/27】

NO.004716

 富国生命は、4月1日から、主力商品である「未来のとびら」(特約組立型総合保険)に付加する新たな特約として、公的な身体障害者手帳の制度にリンクしたわかりやすい基準にもとづいて身体障害のリスクに対する保障を提供する「生活障害保障特約(2015)」を発売する。また同時に、現行商品よりも貯蓄性を高め、多様な資産形成ニーズに対応することを可能にした平準払の個人年金保険「みらいプラス」(災害死亡給付金付個人年金保険)を発売する。
▽「生活障害保障特約」のポイント
○被保険者が1級~3級の身体障害者手帳を交付された場合に保険金を支払う。保険金の支払事由を公的な身体障害者手帳の制度にリンクさせることで給付内容のわかりやすさを向上させた。
○同社がこれまで販売していた同種の商品に比べて保険料の水準を引き下げた。
▽個人年金保険「みらいプラス」のポイント
○同社の現行商品に比べて払込保険料に対する受取年金額の割合(返戻率)を向上させた。
○加入年齢や年金開始年齢の幅を広げることで、老後の生活資金準備のほかにも、教育資金の準備や住宅資金の積立てといった様々な資産形成ニーズに幅広く対応することを可能にした。
○健康状態の告知は不要で、職業告知のみの簡便な手続きで加入することができる。

メットライフ生命、収入保障保険MYDEARESTを発売 【2015/03/26】

NO.004718

 メットライフ生命は、4月2日から、収入保障保険MYDEAREST(マイディアレスト)[正式名称:収入保障保険(月払給付・無解約返戻金型)]を発売する。収入保障保険は、被保険者に万一のことがあった場合に、契約時に定めた保険期間の満了まで毎月決まった金額の給付金を支払う。新商品では、非喫煙保険料率を導入し、悪性新生物・心疾患・脳血管疾患といった三大疾病や災害保障などの生前給付保障を充実させることによって、家計にやさしい保険料で収入が途絶えるリスクへの備えとして幅広い保障を確保したいという顧客のニーズに対応する。
◆主な特徴
▽非喫煙保険料率・喫煙保険料率を導入
 過去2年以内の喫煙状況により、保険料率が異なる。非喫煙保険料率が適用された場合、喫煙保険料率よりも割安な保険料で契約できる。
▽三大疾病保障・災害保障などの生前給付保障が充実
 三大疾病(悪性新生物・心疾患・脳血管疾患)で所定の状態に該当したときに三大疾病月払給付金を支払う(支払期間は確定保証期間にかかわらず2年間)コースや、不慮の事故により所定の身体障害状態に該当したときなどに障害月払給付金を支払う(支払期間は保険期間満了まで)コースを用意。
▽保険料の払込が免除される取り扱いがある
 不慮の事故により所定の身体障害状態に該当した場合、その後の保険料の払込が免除される(全コース共通)。三大疾病月払給付金が支払われた場合にも、その後の保険料の払込が免除される(三大疾病保障付コース、保障充実コースの場合)。

チューリッヒ生命、終身ガン治療保険で保険料短期払の取り扱い開始 【2015/03/25】

NO.004724

 チューリッヒ生命は、4月1日申し込み分から「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」の2商品の保険料払込期間について、保険料全期払に加え、新たに保険料短期払の取り扱いを開始する。
 全期払は、保障が続く全保険期間にわたって保険料を払い込む方式。一方、短期払は、1回あたりの保険料は全期払に比べて高くなるが、保険期間の途中で保険料の払い込みを終えることができる。これまで、同社では、両商品の保険料払込期間について、全期払のみを取り扱ってきたが、今回、新たに55歳、60歳、65歳、70歳払済からも選択できるようにした。保険料払込期間の選択肢を拡大することで、定年退職前に保険料払込の終了も可能になる。

朝日生命、がん治療をトータルでサポートする「がん保険」など発売 【2015/03/25】

NO.004723

 朝日生命は、4月2日からがんと診断されたときから入院・手術・通院にいたるまで、がんの治療をトータルでサポートすることが可能な「がん保険(返戻金なし型)(2015)」と「がん治療給付特約(返戻金なし型)」「がん診断給付特約(返戻金なし型)」「女性がん診断給付特約(返戻金なし型)」を発売する。また、以前から取り扱っている「個人年金保険(かがやき)」よりも、年金受け取り時の戻り率を向上させた「個人年金保険(2015)」を発売する。
▽「がん保険(返戻金なし型)(2015)」と「給付特約」の特長
○3大治療を一体的に保障、安心の月額給付
 がんの3大治療(手術・放射線治療・抗がん剤治療)を受けた場合、通院治療を含めて、治療を受けた月ごとに給付金を支払う。高額療養費制度の自己負担分をカバーでき、安心して治療に専念できる。
○長引く治療も安心、最長120か月保障
 最近のがんの治療実態を踏まえ、3大治療を受けた場合の給付金の支払限度を最長120か月とした。抗がん剤治療や放射線治療などでの長引く通院治療に対応できる。
○診断された場合の一時金は何度でも、再発・転移も安心
 上皮内がんを含めて保障し、がんと診断確定されたときにまとまった一時金を支払う。健康保険適用外の差額ベッド代や当面の生活資金等に充当することができる。なお、複数回支払いのため、再発・転移の場合も安心。
 さらに女性には、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんと診断されたとき、まとまった一時金を支払う。
▽「個人年金保険(2015)」の特長
○魅力的な戻り率の実現
 保険料払込期間満了後、一定期間すえ置いた後、年金を支払う「短期払」の導入や、保険料率の見直し等によって、年金受取り時の戻り率を向上させた。
○投薬中や持病のある人も加入可能
 健康状態に関する告知や医師の診査をなくし、健康状態に不安のある人でも加入できるようになった。

ライフネット生命、経産省主催「おもてなし経営企業」に選出 【2015/03/25】

NO.004722

 ライフネット生命は、経済産業省が主催する「平成26年度おもてなし経営企業選」において、おもてなし経営を実践し、サービスの高付加価値化や差別化を実現する企業として選出された。「納得いくまで」説明するコンタクトセンターや、顧客の声を拾い改善につなげる体制などが評価されたもの。
 経産省では、社員の意欲と能力を最大限に引き出し、地域・社会との関わりを大切にしながら、顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供する経営を「おもてなし経営」と称し、地域のサービス事業者が目指すビジネスモデルの1つとして推奨し表彰している。

メットライフ生命、女性にやさしい企業を目指し新プロジェクト 【2015/03/25】

NO.004721

 メットライフ生命では、女性にやさしい企業を目指して、女性を応援する新プロジェクト「Lucy’s(ルーシーズ)」を2月に発足、商品やサービス開発など様々な面で女性視点を取り入れていくことにした。また、2013年に発足した社員による組織「JWBN(Japan Women’s Business Network)」は、ダイバーシティ推進のため、これまでの東京・長崎から組織拡大し、3月に近畿圏にも活動範囲を広げる。
▽Lucy’s(ルーシーズ)
 女性社員と女性営業職員が部門の垣根を越えて結成した、社員によるプロジェクト。女性ならではの視点で、顧客に選ばれる商品やサービスを開発していく。
 女性の顧客がいつも元気に美しく、自身の人生を楽しめるように、「もっと」をかなえられるように、女性視点を取り入れたマーケティングの施策を考えていく。プロジェクトをリードするグループは、日々顧客に接している営業最前線の女性営業職員、営業部門社員、商品開発部門、マーケティンググループの女性社員約30人で構成。女性の視点で考え、意見を出し、形にしていく社内のアドバイザリーとして活動していくことを目的としている。
▽JWBN
 ダイバーシティ推進のための社員組織で、女性の活用をテーマとするフォーラムやミーティングを社内外に向けて行い、女性が自ら変わる意識付けやネットワーキングを中心に、様々な活動を行っている。

AIG富士生命、保有契約件数100万件を突破 【2015/03/25】

NO.004720

 AIG富士生命は、3月に保有契約件数が100万件を突破した。同社は、1996年8月に富士生命として設立し、代理店チャネルを中心に販売していたが、12年11月からインターネット申込サービス「富士生命ダイレクト(現AIG富士生命ダイレクト)」を開始。13年4月には現在のAIG富士生命へ社名を変更した。
 設立当初に販売を開始した終身保険、定期保険、養老保険に加えて、逓増定期保険、低解約返戻金型終身保険、医療保険、がん保険などの商品を拡充、10年10月に発売した無解約返戻金型がん療養保険(10)「がんベスト・ゴールド」が多くの顧客から支持を得て、12年8月に保有契約件数50万件を突破。その後、2年8か月で100万件となった。

日本生命、大阪府松原市に大型物流施設を建設 【2015/03/25】

NO.004719

 日本生命は3月25日、住江織物が大阪府松原市で所有する土地を借地し、大型物流施設を開発することで合意したと発表した。
 この土地は、阪和自動車道の松原インターチェンジから900メートルに位置し、近接する松原ジャンクションを通じて複数の高速道路へのアクセスが容易となっており、関西エリアを幅広くカバーすることができる利便性の高さが特徴。また、平成28年度には現在建設中の阪神高速6号大和川線の開通によって阪神高速湾岸線とも結ばれる予定となっており、大阪湾岸部へのアクセスが飛躍的に改善する。同物件は、4階建、延床面積約5万3000平方メートルの規模を有し、物流施設の供給が不足する大阪内陸エリアにおいて、競争力の高い大規模施設となる。
 なお、日本生命は不動産投資領域において、大規模物流施設への投資を推進しているが、大規模物流施設に開発段階から参加するのは初めてとなる。拡大を続ける企業の物流ニーズに対応する最新鋭の物流施設として、竣工後も同社が安定的な賃貸事業を運営し、住江織物とより強固な関係を築いていく。同社では、27年度から始まる新3か年経営計画で成長・新規領域への投融資を強化することを目指しており、物流施設投資もこの成長・新規領域の1つと位置付けている。
▽施設概要
○所在地…大阪府松原市大堀
○敷地面積…2万6558平方メートル(8034坪)
○延床面積…1期建物:1万8311平方メートル(5539坪)、2期建物:3万4833平方メートル(1万537坪)
○構造規模…柱:鉄筋コンクリート造 梁:鉄骨造 地上4階建
○竣工予定…1期建物:平成28年8月、2期建物:平成30年7月

第一生命、「健康経営銘柄」と「なでしこ銘柄」に選定 【2015/03/25】

NO.004725

 第一生命は、3月18日に女性活躍推進に優れた上場企業として経済産業省および東京証券取引所の2014年度「なでしこ銘柄」に選定された。また、3月25日には「健康経営」に優れた上場企業として、経産省および東証の「健康経営銘柄」に選定された。金融業界で健康経営銘柄となでしこ銘柄ともに選定された企業は、同社を含め2社。
 同社では、企業の社会的な責任の観点から健康増進を重要な経営課題と位置づけ、健康に対する経営理念を明確にしつつ組織体制を整備してきた。健康経営銘柄の選定においては、経営から各職場まで一貫して健康増進に取り組んできたことが評価されたもの。
 また、同社ではグローバル競争時代に相応しい人財価値の向上、特に女性活躍推進に取り組んできた。なでしこ銘柄の選定においては、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」推進の主な取り組みである「女性の活躍推進」と「ワーク・ライフ・バランスの推進」が評価されたとしている。
資料請求をする
1 2 64 65 66 68 70 71 72 285 286


提供元:新日本保険新聞社