生命保険業界ニュース

621~630件(全2833件)
1 2 59 60 61 63 65 66 67 283 284


ニュース一覧

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、医療保険(2014)の申込件数が30万件突破 【2015/04/14】

NO.004758

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、昨年5月に発売した「医療保険(2014)」(終身タイプのペットネーム「新・健康のお守り」)の申込件数が約11か月半で30万件を突破した。この商品は、累計120万件を販売した「医療保険(08)」(終身タイプのペットネーム「健康のお守り」)を約6年ぶりに全面リニューアルしたもので、顧客のニーズに応じてカスタマイズできる多彩なオプション保障を備えている。
 とくに、手術保障は公的医療保険に連動させることで、約1000種類の手術に対応するとともに、「手術I型」の場合、手術の内容によって4種類(40・20・10・5倍)の給付倍率を設定。また、三大疾病による入院を無制限に保障する三大疾病支払日数無制限特則など、これまで以上の充実保障が可能になったことが多くの顧客に支持された。
 さらに、「新・健康のお守り」への加入を、健康上の理由等で断った場合にも、できるだけ同様の保障内容を提供できるよう、告知項目を限定して引受基準を緩和した商品「払込期間中無解約返戻金限定告知医療保険」(ペットネーム「新・健康のお守り ハート」)を4月2日に発売し、医療保険のラインナップを強化している。

かんぽ生命、全日本学生音楽コンクールに特別協賛 【2015/04/14】

NO.004757

 かんぽ生命は、毎日新聞社が主催する「第69回全日本学生音楽コンクール」に特別協賛する。同コンクールは、音楽を楽しむ心を培うとともに演奏技術の向上を促し、公正な審査によって世界を舞台に活躍する若い才能を発掘して音楽文化の発展に寄与するという趣旨のもと実施されている。今年で69回を数える権威ある音楽コンクールで、広く日本全国や海外から参加を募る。
 かんぽ生命は、音楽文化の発展と、夢に向かって挑戦する学生を応援したいという思いから、同コンクールの趣旨に共感し、今回特別協賛することにした。

ライフネット生命、契約時の必要書類をスマホで撮影しウェブサイトから提出可能に 【2015/04/13】

NO.004734

 ライフネット生命は、契約時の必要書類を、契約者のスマートフォンやデジカメで撮影し、ウェブサイト上のマイページから提出できる環境を整えた。これによって、一部の契約者は契約成立までの期間が短縮されることが見込まれる。
 これまでは、運転免許証などの本人確認書類のコピーや申し込みに際しての確認書は郵送での提出となっていたため、コンビニエンスストアなどでの書類コピーやポスト投函の必要があった。一方、スマホが広く普及し、カメラ機能の画像解像度も進化してきたことで、今回、同社では本人確認書類や申し込みに際しての確認書を、スマホなどで撮影し、そのままウェブサイト上のマイページから画像をアップロードして提出できるようにした。コピーや書類返送の手間が省け、簡単に契約手続きが完了できる。
 なお、口座振替払いの場合は、口座振替依頼書だけは、同社から送付する返信用封筒で郵送する必要がある。

明治安田生命、保険金のすえ置利率等を引き下げ 【2015/04/10】

NO.004735

 明治安田生命は4月10日、最近の運用環境、市中金利動向等を踏まえ、7月1日を実施時期として、保険金のすえ置利率等を引き下げると発表した。
▽改定後の利率
○保険金のすえ置利率:0.04%(現行0.15%)
※すえ置期間が1年未満の場合は0.01%(同0.05%)。保険金のすえ置利率については、1か月未満の引き出しは無利息。
○祝金のすえ置利率:0.04%(同0.15%)
○社員配当金の積立利率:0.04%(同0.15%)

アクサダイレクト生命、東京ヴェルディと石川ミリオンスターズのスポンサーに 【2015/04/09】

NO.004736

 アクサダイレクト生命は、各地域のスポーツ団体の支援を開始する。同社では、このほどJリーグ所属の「東京ヴェルディ」と、BCリーグ所属の「石川ミリオンスターズ」のスポンサーになることを決定した。
 東京ヴェルディは、1969年に日本初のプロを目指すクラブチームとして誕生したプロサッカークラブで、現在はJリーグの2部に所属。一方、石川ミリオンスターズは、群馬県、新潟県、長野県、富山県、石川県、福井県、埼玉県、福島県の8県の県民球団によるプロ野球独立リーグであるBCリーグの石川県のプロ野球チームである。

明治安田生命、2016年度新卒採用計画800人超を採用 【2015/04/09】

NO.004737

 明治安田生命は、2016年度の総合職(全国型)、総合職(地域型)、法人総合営業職(地域型)の新卒採用計画として、合計809人の採用を行う。16年度新卒採用では、同社が推進する対面のアフターフォローの基盤となる顧客サービス体制のさらなる強化に向け、将来的な支社管理職等への登用を視野に「総合職(地域型)career V-支社コース」を新設。さらに、「法人総合営業職(地域型)」は、都市部マーケットにおける競争力強化に向け、従来の首都圏、名古屋、近畿圏、札幌、福岡、熊本に加えて、新たに仙台と広島で募集を開始する。

ジブラルタ生命、輝く女性を応援する情報サイト「コロツエ」を開設 【2015/04/08】

NO.004738

 ジブラルタ生命は、輝く女性を応援する取り組みの1つとして4月8日、女性に向けた人生の「もしも」に備えるための情報サイト「コロツエ」を開設した。
 このWEBサイトは、同社の女性社員や女性顧客の意見を取り入れながら制作した。女性にとって身近で役に立つ情報、読みやすく面白い情報などを紹介する。「親しみやすさ」や「温かみ」を感じてもらえるよう、WEBサイトのテーマカラーに暖色を採用し、WEBサイトデザインやコンテンツにも女性の感性を取り入れた。
 主なコンテントは、「コロツエ診断~あなたに必要なのはどんな支え?~」「ママたちのランキング(子どもの習いごと、自分の家事労働など)」「営業ウーマンに聞く、自分マネジメントのコツ」「パパのマル秘愛情日記~僕がウチの子にしていること~」などで、WEBサイトを見た女性ユーザーが思わず「そうそう!」「あるある!」と共感するようなコンテンツを意識し、身近でくすっとなるようなエピソードなども紹介。なお、サイト名は、女性ユーザーの「転ばぬ先の杖」でありたいと願い、「コロツエ」と名付けた。

太陽生命、苦情対応国際規格ISO10002への適合性に関する第三者意見書を取得 【2015/04/07】

NO.004739

 太陽生命は、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」に関する「第三者意見書」を3月27日付で取得した。この評価書で、ISO10002に準拠した同社「苦情対応マネジメントシステム」が順調に機能しているとの評価を受けたことで、ISO10002への適合性を維持していることを宣言した。
 同社はISO10002に関して平成20年3月に導入の宣言を行い、「お客様の声」を起点としたPDCAサイクルを継続して実行することで、効果的効率的な維持・改善を図るなど「お客様満足度向上」に向けた取り組みを積極的に展開。今回の第三者意見書の取得は、昨年に引き続き2回目で、とくに「情報の収集・分析等」「所属員への規格の浸透度合い」「経営トップの苦情対応に対する強いコミットメント」「ベストシニアサービス(BSS)」の各取り組み・改善策に関して、PDCAサイクルを実施することによって、スパイラルアップが図られた結果である旨の評価を受けた。
 さらに、ベストシニアサービスについて、業界に先駆けてテレビ電話機能を活用した契約内容の意向確認や簡便な手続きの提供などの様々な新しい取り組みによって、顧客満足を目指しており、苦情マネジメントシステムが機能した結果であると大きく評価された。

ソニー生命、本社オフィスを移転 【2015/04/03】

NO.004700

 ソニー生命は、2016年7月末をメドに、本社機能を東京都千代田区の大手町フィナンシャルシティグランキューブに移転する。今回の移転では、事業活動の継続性強化の観点から、大災害発生時により短期間で、平時の業務水準に回復させるためのインフラ強化を図る目的がある。あわせて、現在、東京都港区と中野区に分散している本社機能を集約することで、部門間での連携強化・業務の効率化に加え、社員のコミュニケーションの活性化を図る。

三井住友海上あいおい生命、新テレビCM「金の斧銀の斧篇」を放映 【2015/04/02】

NO.004701

 三井住友海上あいおい生命は、4月4日から新テレビCM「金の斧銀の斧篇」を全国で放映する。新CMは、2013年12月発売の「&LIFE新医療保険A(エース)」の第2弾CMとなる。新テレビCMでは、同社のプロモーションキャラクターである桐谷美玲さんと「あらいぐまラスカル」に加え、今回は人気お笑いコンビ、バイきんぐの小峠英二さんも登場し、寓話を模したストーリーの中にもユーモア溢れる内容となっている。
資料請求をする
1 2 59 60 61 63 65 66 67 283 284


提供元:新日本保険新聞社