生命保険業界ニュース

2751~2760件(全2833件)


ニュース一覧

日本生命が法人顧客向けに福利厚生ガイドブックを無償提供 【2009/10/26】

NO.000188

 日本生命では、法人顧客向けガイドブック「これからの福利厚生のあり方について」を発行、10月26日から営業担当者を通じて全国約1万の法人に随時無償提供していく。
 このガイドブックは同社のグループ会社であるニッセイ基礎研究所が監修しており、福利厚生制度の再構築に向けた検討を進めるうえで、経営者や人事・労務担当者まで、幅広く関心が寄せられるテーマを体系的に網羅した冊子となっている。

第一生命、4都市のお客さま窓口の営業時間を拡大 【2009/10/23】

NO.000189

 第一生命は、札幌、名古屋、大阪、福岡の各「お客さま窓口」の現在の営業時間(平日9時~17時)を、11月2日から平日9時~19時、土曜日10時~17時に拡大する。
 共働き世帯の増加による昼間在宅率の低下や個人情報保護法の施行等による職場募集制限など、最近では顧客との接点は以前にも増して持ちづらくなっている。また、顧客自身が都合の良いときに相談したいというニーズも高まりつつある。同社ではすでに、平成19年3月から平日夜間や週末に営業時間を拡大した窓口として来店型店舗「生涯設計パーク」を出店しているが、そこでの顧客の声も踏まえ、今回、お客さま窓口の営業時間を拡大することとした。これにより、生涯設計パーク3店舗(東京・千葉・埼玉)と合わせて、営業時間拡大窓口は7か所となる。

ソニー生命、優良体・非喫煙者割引特則を発売 【2009/10/23】

NO.000190

 ソニー生命は、11月2日から多様化する顧客のニーズに的確に対応するための商品ラインアップの拡充として、新商品「優良体・非喫煙者割引特則」を発売する。健康状態が同社所定の基準を満たす顧客については、より割安な保険料で加入できるようになる。また、顧客利便性の観点から、被保険者の告知書扱の引受限度額をこれまでの最大1,500万円から最大3,000万円まで拡大する。
 優良体・非喫煙者割引特則は、被保険者の健康状態その他が同社の定める基準に適合するときに付加することができ、喫煙歴および健康状態によって「非喫煙者優良体保険料率」「非喫煙者標準体保険料率」「喫煙者
優良体保険料率」のいずれかの料率が適用される。この特則を付加できる保険種類は、家族収入保険、生活保障特則付家族収入保険、家族収入特約、生活保障特則付家族収入。
 同社は、1999年11月に喫煙習慣などで保険料を区分する「喫煙リスク区分型」商品の取り扱いを開始し、一般の料率に比べ低廉な保険料で加入できることから、一定の支持を得てきた。しかし、顧客の低価格志向がさらに高まってきたことから、今回、家族収入保険等の「一般の保険料率」「非喫煙者保険料率」にそれぞれ優良体料率区分を追加し、「優良体・非喫煙者割引特則」として発売することにしたもの。なお、現行の家族収入保険(喫煙リスク区分型)と家族収入特約(喫煙リスク区分型)は優良体・非喫煙者割引特則の取り扱い開始に伴い販売停止となる。

生保文化センター、小冊子「ねんきんガイド」を改訂 【2009/10/22】

NO.000191

 生命保険文化センターは、小冊子「ねんきんガイド 見てわかる年金AtoZ」(B5判、カラー72ページ)を改訂した。この小冊子は、公的年金の基礎知識と個人年金保険・変額個人年金保険の基本的な仕組みについて、図表やイラストを活用しわかりやすく解説。平成2年度の初版発行以来、累計で205万部頒布されている。
 今回の主な改訂ポイントは、公的年金制度についての最新情報のほか、「ねんきん定期便」の見方について図表でわかりやすく解説を行い、制度の概要を説明している。転職などをする人が増えていく中、転職をした場合の公的年金受給についての説明や、照会が多く寄せられる障害年金の説明も新設している。また、「変額個人年金保険」について大幅に情報追加を行った。

太陽生命、那須塩原市「太陽生命の森林」で第8回育林活動を実施 【2009/10/21】

NO.000192

 太陽生命は、10月24日に那須塩原市の「太陽生命の森林」で8回目となる育林活動を実施する。同社では環境貢献活動の一環として、2006年3月に同市に「太陽生命の森林」を設置し、年2回育林活動を実施している。今回も同社従業員を中心とした森林ボランティアが間伐作業や林道整備、植樹等の育林活動を行うとともに、間伐材を有効活用していく予定。
 なお、2007年11月には滋賀県高島市朽木に「太陽生命くつきの森林」を設置し、近畿圏での育林活動も継続的に実施しており、今年9月、約650人以上が参加して育林活動を行った。

東京海上日動あんしん生命、先進医療や抗がん剤治療の特約付加した医療・がん保険を発売 【2009/10/19】

NO.000176

 東京海上日動あんしん生命は、10月20日から医療保険・がん保険の新商品として「あんしん医療アドバンスパック60(医療保険 入院初期給付特則・先進医療特約・抗がん剤治療特約付加)」「がん治療支援保険がんアドバンスパック(がん治療支援保険 がん先進医療特約・抗がん剤治療特約付加)」「メディカルライト(医療保険 入院初期給付特則・手術不担保特則付加)」を発売する。
 同社では、医療関係者・消費者に調査を行い、データ分析を実施した結果、患者にとって、先進医療と抗がん剤治療の経済的負担がとくに大きいことが判明。そこで今回、先進医療と抗がん剤治療を重点保障する医療保険「あんしん医療アドバンスパック60」、がん治療支援保険(がん保険)に、がん先進医療と抗がん剤治療の保障を加えバージョンアップさせた「がん治療支援保険がんアドバンスパック」を開発した。抗がん剤治療特約は、公的医療保険の対象となる抗がん剤治療を受けた場合、月数に応じて月額10万円または5万円を保障する(通算60か月限度)。
 また、シンプルでわかりやすい医療保障へのニーズに対応して、手術保障を対象外とし、手ごろな保険料で高額な日額の入院保障を実現する医療保険「メディカルライト」を開発した。

東京海上日動あんしん生命、テレビ新CM「あきらめたくない」編を放映 【2009/10/19】

NO.000193

 東京海上日動あんしん生命は、11月13日からテレビ新CM「あきらめたくない」編を全国で放映する。企業キャラクター「あんしんセエメエ」によるシリーズ第6弾で、今回のCMでは10月20日に発売する新商品「あんしん医療アドバンスパック60」について、最新の医療事情に照らすと現状の保険では十分保障されない可能性がある「先進医療」や「抗がん剤治療」を保障することなどをアピールする。

エイアイジー・スター生命、NPO法人「green bird」へ100万円を寄付 【2009/10/14】

NO.000178

 エイアイジー・スター生命は、環境保護活動への取り組みの一環として、環境保護を啓発しているNPO法人「green bird」へ100万円の寄付などの活動支援を行う。「キレイな街は、人の心もキレイにする」というコンセプトのもと、全国各地のほか海外でも環境美化活動を行いながら環境保護を啓発しているgreen birdの理念、活動内容に共感し、支援を行うこととし、寄付金と街頭美化活動へ同社社員の参画を決めた。
 同社では、環境に対する行動指針の1つとして役職員に対し環境保護への意識向上を図り、環境保護活動への参加を推進することを定めており、この指針に基づき全社的な環境保護活動への取り組みをさらに加速させていくこととしている。

損保ジャパンDIY生命、来店型の保険アドバイスデスク開設 【2009/10/14】

NO.000177

 損保ジャパンDIY生命は、10月19日から同社商品「1年組み立て保険」の説明や契約に関する相談に応じる来店型の「DIY生命 保険アドバイスデスク」を開設する。
 同社は、インターネットやコールセンターを活用した生命保険のダイレクト販売を展開しているが、加入を検討する顧客から「大事な条件を見落としてないか」「自分で考えている内容で間違いはないだろうか」などの不安を対面で相談しながら確認し解消したいという要望があり、今回、対面窓口である同デスクを社内に開設することにしたもの。
 利用は予約制で、同社コールセンターで受け付ける。また、実際の相談は同社会議室を利用し、パソコンなどを使いながら社員が対応する。なお、商品の説明や契約に関する相談以外の業務(新規加入の契約手続き等)は行わない。
◆保険アドバイスデスクの概要
○所在地:東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル12階
○窓口開設時間:平日10時~17時(土日・祝日・年末年始などは休業)
○電話番号(予約受付):0120-3704-75(9時~21時、日・祝日を除く、土曜日は17時まで)

ソニー生命がスペシャルオリンピックス日本へ賛助金贈呈 【2009/10/09】

NO.000179

 ソニー生命は、10月6日に「スペシャルオリンピックス日本」の有森裕子理事長を本社へ招いて賛助金の贈呈式を行った。同社では、知的発達障害のある人たちの自立と社会参加をサポートし、多様性を認め合う優しい社会の形成に寄与していきたいという思いのもと、スペシャルオリンピックス日本を支援している。今年度は500万円の賛助金を贈呈した。
 また、昨年3月に開催された「2008年スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・山形」では、延べ約700人の社員がボランティアスタッフとして大会を支援し、来年11月に開催される「2010年スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪」へのボランティアとしての参加も計画している。
資料請求をする


提供元:新日本保険新聞社