生命保険業界ニュース

2351~2360件(全2867件)


ニュース一覧

三井住友海上きらめき生命、新契約事務プロセス改革を開始 【2010/12/28】

NO.001028

 三井住友海上きらめき生命は、顧客サービス向上の取り組みとして、保険証券をより早く届け、同時に事務品質の向上を図るため、販売支援システム「きらめきNaviオンライン」と事務処理システム「イメージワークフロー」を基盤とする「新契約事務プロセス改革」を2010年11月から本格的に開始した。8月からの試行では証券作成日数を1.5日短縮(9月前年同月比)しており、今回の本格稼働によって「より早く・より正確に・より効率的に」証券を届けることができるようになる。
 きらめきNaviオンラインは、顧客に申込内容を改めて確認してもらう上で署名してもらえるよう、確認箇所や記入順をわかりやすく表示した申込書を作成。また、加入限度額のチェック機能、申込内容の変更点をオンライン入力してデータを確定させる機能、必要な添付書類のチェックができる送り状の作成機能などを新設し、不備発生を未然に防止する。証券作成時など事務処理の節目に、代理店へ専用システムによるEメールで進捗状況も案内する。
 一方、イメージワークフローは、全国各地の営業拠点で申込書・添付書類をスキャナ入力し、本社にデータを送信。本社では申込書の到着を待たずに事務処理を開始することによって、証券作成日数を短縮する。さらに、申込書受付から証券作成までの事務処理の進捗状況を代理店・営業拠点が照会できるオンラインを新設し、より迅速・丁寧な顧客対応を実現する。
 同社では今後、販売支援システムについて申込書と連動した保険設計書作成機能を新設し、契約手続きのシステムを一元化するとともに、画像データによる事務処理システムについて「申込→査定→引受→証券発送」などのさらに詳細な進捗状況をリアルタイムで照会できるようオンラインシステムの機能強化を図る。

かんぽ生命、「健康づくり」をテーマにしたシンポジウムを開催 【2010/12/27】

NO.001030

 かんぽ生命は、「健康づくり」をテーマにしたシンポジウム「かんぽ生命健康づくりシンポジウム2011~すてきな未来への第一歩~」を2011年2月5日に静岡県浜松市のアクトシティ浜松、2月26日に東京都千代田区の九段会館で開催する。いずれも参加費は無料。
 同社は、旧逓信省の時代に制定された「ラジオ体操」の推進を継承し、健康づくりに積極的に取り組んでいる。このシンポジウムも、毎回、健康づくりをテーマに著名なスポーツ選手や各界の著名人を招き、健康の大切さを訴求している。4回目となる今回のシンポジウムでは、「すてきな未来への第一歩」と題し、スキーノルディック複合・五輪金メダリストの荻原健司さんによる基調講演をはじめ、キャスターで元バドミントン選手の陣内貴美子さん、プロスポーツトレーナーの松井薫さんによる健康をキーワードにしたパネルディスカッションを行う。

三井住友海上メットライフ、01年4月から三井住友海上プライマリー生命 【2010/12/27】

NO.001020

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは12月27日、2011年4月1日付で三井住友海上メットライフ生命を完全子会社とする予定だが、それに合わせて「三井住友海上プライマリー生命保険株式会社」に商号を変更すると発表した。

マニュライフ生命、法人向けに無配当歳満了定期保険を販売 【2010/12/27】

NO.001019

 マニュライフ生命は、主に法人顧客を対象とした商品として、2011年1月4日から無配当歳満了定期保険「Prosperity 98歳満了定期保険」をプランライト・アドバイザー(PA、自社営業職員)、MGA(大型・独立代理店型の販売組織)の両販売チャネルを通じて販売する。同社は、06年8月に「Prosperity 逓増定期保険」、08年11月に「Prosperity 新逓増定期保険」の販売を開始し、経営者の事業保障ニーズに応えてきたが、今回、事業保障から事業資金対策まで幅広いニーズに対応できる商品として開発した。主な特長としては、(1)長期にわたる大型保障の確保、(2)資産としての解約返戻金の活用、(3)非喫煙者には標準保険料率より割安なノンスモーカー料率が適用される、(4)保障を継続できる払済終身保険への変更制度などとなっている。

損保ジャパンひまわり生命、医療保険発売後28か月で50万件を突破 【2010/12/27】

NO.001029

 損保ジャパンひまわり生命では12月27日、2008年8月に発売した医療保険(08)(終身タイプのペットネーム「健康のお守り」)の販売件数が、11月末で50万件に達したと発表した。同商品は、低廉な保険料に加え、先進医療の技術料を保障する「先進医療特約」、七大生活習慣病による入院の場合は支払限度日数を延長する「七大生活習慣病追加給付特則」などのオプション保障などが顧客から好評を得ている。とくに先進医療特約は9割超の契約で加入している。
 発売以降、月1万件としていた当初計画の2倍近い好調な販売が続いた結果、発売後28か月で50万件を突破。また、同社では、11月2日に生命保険業界初となる「がん外来治療給付金」を組み込んだ新しいがん保険「勇気のお守り」を発売。これに合わせ、医療保険(08)でも同様にがん治療による通院を保障する「がん外来治療給付特約」を新設した。これによって一層の販売増加を見込んでいる。

損保ジャパンDIY生命、2010年度顧客満足度調査を実施 【2010/12/27】

NO.001031

 損保ジャパンDIY生命は、顧客満足度の向上のため、郵送・インターネットによるアンケート方式で調査を行っているが、2010年度も全契約者を対象に満足度調査を実施(アンケート発送数:40,911人、有効回収数:1,452件)、このほどその調査結果を公表した。それによると、保険加入に関する総合的な満足度は「期待どおり」との回答が77.3%と最も多く、「期待を上回る」が7.6%、「期待を大きく上回る」が1.4%で、「期待どおり」以上の回答が86.3%となった。
 過去1年間に電話・メールで連絡をしたことがあると回答した顧客に対応(言葉遣い・説明の正確さ・対応の速さなど)について聞いたところ、「期待どおり」との回答が63.9%、次いで「期待を上回る」が20.8%、「期待を大きく上回る」が6.0%と続き、「期待どおり」以上を選択した回答が90.7%となった。
 また、今後ライフステージの変化があった場合に見直しを検討してみようと思うかを聞いたところ、7割強が「検討したい」と答えており、多くがライフステージの変化に合わせた保険の見直し意向を持っているという結果となった。

朝日生命、医療・がん保障を同時に準備できる3大疾病一時金付生活習慣病保険を発売 【2010/12/22】

NO.001010

 朝日生命は、2011年1月から無配当3大疾病一時金付生活習慣病保険(返戻金なし型)“医療”と“がん”「ダブルのそなえ」の販売を開始する。医療保険とがん保険の機能をあわせ持ちながら長期入院や高額医療費への備えも同時に準備できる。提携金融機関や保険ショップでの取り扱いを予定している。
 この商品は、医療保険、がん保険の2つに加入しなくても、1つの保険で医療保障とがん保障を合理的に準備でき、入院日数に応じた給付ではなく、1回の入院につき一時金(入院準備費用給付金)を受け取ることができる。顧客のニーズによって、退院を待たずに請求もできる。また、がんだけでなく、医療費が高額となる心疾患、脳血管疾患を100万円の一時金で手厚く保障する。

アイエヌジー生命、ミャンマー難民キャンプでの図書館活動を支援 【2010/12/22】

NO.001022

 アイエヌジー生命は、子どもの教育向上をテーマに世界中で展開するINGグループの社会貢献プログラム「ING Chances for Children」(CfC)に沿って、日本の大手NGOである社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)と協働し、アジア諸国の子ども向けに教育支援活動を実践しているが、2007年から4年連続でSVA主催の「絵本を届ける運動」に参画していることから、11年においてはSVAが実施するミャンマー(ビルマ)難民キャンプにおける図書館活動を支援する。
 具体的には、タイにあるミャンマー少数民族の難民キャンプでの図書館再建を支援し、図書館開所時期に社員ボランティアを派遣する。支援対象は、図書館の再建だけでなく、現地の言葉での童話絵本や紙芝居の出版などの事業に加え、図書館の継続的な運営のための支援などを含む。
 なお、同社が07年から毎年参加している絵本を届ける運動は、日本で出版されている絵本に現地語の翻訳シールを貼り付け、子どもの図書がほとんど出版されていないカンボジア、ラオス、ミャンマー難民キャンプ、アフガニスタンの子どもたちに翻訳付き絵本を届けるプロジェクトで、社内でボランティアを呼びかけたところ、全体の8割近い社員が絵本作成ボランティアに参加。同社の絵本作成冊数は、07年から今年11月末時点までの過去4回分をあわせると4,000冊を超える。

アイリック、保険クリニックイメージキャラクターのCF放映 【2010/12/22】

NO.001021

 アイリックコーポレーションが全国133店舗(11月末現在)で展開する来店型保険ショップ「保険クリニック」は、12月25日から関西テレビ発フジテレビ系列28局他3局で保険クリニックイメージキャラクター「IQ(いっきゅう)くん」のCFを放映する。今回のCFは、保険クリニックを広く知ってもらうため、イメージキャラクター「IQくん」をメインに、親しみやすいイメージを持ってもらう内容となっている。

明治安田生命、小田和正さんの全国ツアーに特別協賛 【2010/12/21】

NO.001009

 明治安田生命は、2011年3~9月に開催される小田和正さんの約3年ぶりとなる、5大ドーム8公演を含む全国26か所53公演の全国ツアー「Kazumasa Oda Tour 2011」(合計70万人動員予定)に特別協賛する。
資料請求をする


提供元:新日本保険新聞社